激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 チャベス大統領がついに死去
2013年03月06日 (水) | 編集 |

リビアの故カダフィー大佐と同様、よくも悪くも強烈なインパクトを放っていた
ベネズエラのウゴ・チャベス大統領が、癌のために死去した。
わが家に出没するタヌキにもチャベスという名をつけたのに、残念だわ。






Photo: RIA Novosti
ロシアのプーチン大統領は、「傑出したリーダーであり指導者、ロシアの近しい友」と
自ら呼んだ、盟友のチャベス大統領の逝去に哀悼の意を表した。



    The Voice of Russia 3月6日 

        ベネズエラのチャベス大統領死去

 3月5日、ベネズエラ時間で16時25分にウゴ・チャベス大統領が死去した。チャベス氏は2011年から、ガンとの闘病生活を送っていた。
 チャベス氏は、1999年2月からベネズエラ大統領の座にあり(現在4期目)、2011年6月に悪性腫瘍を切除する最初の手術を受けた。しかし数か月後の医療検査の際に、新たな腫瘍が見つかった。
 昨年10月、チャベス氏は大統領選挙に勝利したが、同年12月、三度目のがん手術を受けるため再びキューバに向かうことを余儀なくされた。手術後、彼は2か月以上ハバナの病院で過ごし、2週間前に祖国に戻って首都カラカスの軍病院で療養していたが、そこで亡くなった。


   マドゥロ副大統領が大統領代行

 ベネズエラTV各局は皆、大統領の死去を伝えるなかで、国民に対し結束と平穏の維持を呼びかけているが、エリアス・ハウ外相によれば「国内の状況は完全に正常」だという。
 大統領の死去に関連して、ベネズエラ国内には、7日間の服喪が発表された。なお葬儀は、8日に執り行われる。
 ひと月以内に新たな大統領選挙が実施されるまでの期間、ニコラス・マドゥロ副大統領が、大統領代行を務める。




世界有数の豊かな石油資源を背景に、貧しい人びとの圧倒的な支持を受け
中南米において次々と「反米同盟」諸国を組織していったカリスマ、チャベス。
彼亡きあと、ベネズエラは、そして周辺国はどう動いていくのだろうか。
チャベスと親しく手厚い援助を受けてきたボリビア、エクアドル、そしてキューバは?
反米をかかげ独自路線で国を豊かにしていこうと立ち上がった指導者たちは、
ことごとく潰される運命をたどっていくのだろうか?


過去にチャベス氏についていくつか書いたことがある。

  がんばれ、チャベス! 国連でブッシュ批判相次ぐ 06年9月24日
    http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20060924.html

  ロシア・ベネズエラ会談とベネズエラ・コロンビアの和解 08年7月23日
     http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20080723.html





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
南米ベネズエラのウゴ・チャベス大統領(58)が5日午後(日本時間6日未明)、死去した。同日、ニコラス・マドゥロ副大統領が発表した。ラテンアメリカの反米左翼陣営のリーダ ...
2013/03/08(金) 18:37:45 | 虎哲徒然日記