激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 日本国憲法の起草に携わったベアテ・シロタ・ゴードンさんが死去
2013年01月06日 (日) | 編集 |

年末年始の繁忙期がようやく終わった\(^ω^)/
長く困難な日々をよく乗り切ったと、たまには自分を褒めてもいいか。
これでやっと、周囲を見回す心の余裕も少しはできそうだ。

さてお正月からずっと気にかかっていたのが、日本国憲法の起草に
携わったベアテ・シロタ・ゴードンさんの死去のニュースだった。
おりしも安倍第2次改憲内閣の始動と入れ違いの死去に、大きな不安を
感じざるを得ない。



 共同通信 1月1日
   http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013010101001215.html

     ベアテ・ゴードンさん死去 日本国憲法の男女平等条項起草


【ニューヨーク共同】第2次大戦後、連合国軍総司令部(GHQ)民政局のスタッフとして日本国憲法の起草作業に携わり、男女平等に関する条項を書き上げた米国人女性ベアテ・シロタ・ゴードンさんが昨年12月30日、膵臓がんのためニューヨークの自宅で死去した。
89歳だった。娘のニコルさんが31日、共同通信に明らかにした。追悼式は後日行われる。

 ニコルさんは「母は生前、憲法の平和、男女同権の条項を守る必要性を訴えていた。改正に総じて反対だったが、この二つ(の変更や削除)を特に懸念していた」と語った。供物で弔意を示したい場合は護憲団体「九条の会」に寄付してほしいという。




日本国憲法についてはこれまで何度も記してきたし、ゴードンさん自身にも
以下のように触れたことがある。
2006年はちょうど安倍第1次内閣が始まった時期でもあって、現在と重なり合う。
また日本国憲法は決して押し付け憲法ではないことも明記してある。
06年当時よりもさらに危険な状況になってきた今こそ、改めて憲法について
各自が熟考しなくてはならない。


   日本国憲法は59歳になりました  06年5月3日  
     http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20060503.html

   憲法9条とパリ不戦条約  06年9月25日 
     http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20060925.html

   今こそ作ろう「私擬(しぎ)憲法」  07年5月3日 
     http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20070503.html      





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『志位委員長「衆院選、責任を痛感」』 共産党の志位和夫委員長は4日、党本部で開いた旗びらき(仕事始め)であいさつし、先の衆院選で公示前の9議席から1議席減らしたことにつ
2013/01/07(月) 11:03:24 | 逝きし世の面影