激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「まるひの貝汁」で新鮮地魚料理を堪能
2012年12月19日 (水) | 編集 |

大掃除終了。経師屋さんに全室の障子の張替えをしてもらった。
夕方から小田原のデパートにあるLoFtと本屋に行き、帰りがけに前から
気になっていた135号線沿いのドライブインに寄った。
表に大きく「まるひの貝汁」と書いた旗が立っていて、いつも「なんじゃ、それ」
と思っていたお店だ。位置的には、JR東海道線の根府川駅と真鶴駅の中間あたり。





こんなかんじ。右が135号線道路。
ガードレールの下には相模湾の海が広がっている。
デジカメを持ってこなかったので、スマホで写した。





怪しい店名のわりに、中は広くてきちんとした和食処だった。
1階が農園直売所、2階が地魚料理「まるひの貝汁」。
防寒用に膝にかける毛布も用意されている。






メニューの表紙。
フラッシュなしで写したので、大ブレになってしまった(^^;
でも、いかにも怪しいかんじでしょ?






店名は?だけど、地元のちゃんとした和食処が経営しているようで
新鮮な地魚メニューがいっぱい。
私が頼んだのは「カサゴから揚げ定食」1900円。
定食を頼むと「かに汁」か「貝汁」500円がついてくる。
かに汁の方をオーダー。
昔、海釣りに行ってカサゴばかりごっそり釣って後始末に
苦労した思い出がある。下ごしらえで手が傷だらけになったのだ。
味は抜群だが、やはりたくさんの骨が…(ーー;)






こちらは「活スペシャル刺身定食」2500円。
で、気になる「貝汁」の中味はアサリだった(^o^)
盛りはキンメやサザエ、イカなど新鮮でプリプリの刺身ばかり。
量も質も一級品だ。貝汁の量も半端じゃない。
この上は「活ウルトラ刺身定食」。
どんなすごいのが出てくるのだろう(*^^*)
お土産に、1階直売所の「ひろそう農園」のオレンジをもらった。
どうもごちそうさまでした。
営業時間…11時~20時 金曜定休




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。