激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 政権が変わろうと、「脱原発」は後退させない
2012年12月22日 (土) | 編集 |

衆院選の最大の争点だった「脱原発」「反消費税」の訴えは、自民党と
自民党応援団の米国・官僚・財界・マスコミ総がかりのメディアスクラムに
よって焦点ぼかしをされ、リベラル派は分断されたまま敗北という結果に至った。
しかし自らの意思で脱原発へと立ち上がった市民の力は、誰も削ぐことはできない。
そしてこの大きな民意を実現させるためにも、信頼に足る政治家や学者、
ジャーナリストたちとこれからも共闘していくことが必要だ。





東京新聞 12月22日より
 毎週金曜日の夜、政府に原発廃止を求める「官邸前デモ」が二十一日、
衆院選後に初めて行われた。民主党に圧勝した自民党の安倍晋三総裁は
この日、早くも原発の新設に前向きな姿勢を表明。
デモの参加者からは
「ここで負けるわけにはいかない」と、新政権になっても訴え続ける
決意が聞かれた。 (中山高志)






このコラムも東京新聞より。
民間の知恵と力を結集してがんばろう!





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【画像】安倍晴明の霊(怨霊カルト政治時代の英霊?)を祀る「晴明神社の風景」2012.12.1 <注>林住期 ・・・五木寛之『林住期』(幻冬舎)より採録。古代インドでは人生を「学生期」
2012/12/23(日) 17:28:21 | toxandoriaの日記、アートと社会
    (財務省発表の日本の税収総額の推移) 日本国の税収は経済規模の推移と完全に同調しており最大のピークはバブル経済絶頂期の1990年1991年である。 二番目のピーク...
2012/12/24(月) 11:06:44 | 逝きし世の面影