激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 寒波で凍えるロシアとフランスの廃炉事情
2012年12月18日 (火) | 編集 |

今日と明日は大掃除。
屋上や屋根に堆積した長年の落ち葉を下に落としたら、露天風呂が台風被害の跡の
ようにすごいことになってしまった  明日従業員さんたちに拾うのを手伝ってもらおう。
去年のノートを紛失したので、2日間の掃除の手順と勤務シフト表を新しく作る。
次回すぐにわかるよう、ちゃんと記録しておかなければ。
毎朝ミーティングして、手順と注意点を徹底しても、無視して勝手に動き余計な手間が
かかったり、同じミスを繰り返す者が必ず出るから嫌になってしまう。
3歩歩けば忘れてしまう、あんたの頭はニワトリ並みか…とイヤミの一つも言いたくなる。


ま、それはさておき、衆院選で自民党が大勝したおかげで地上波のニュースを見るのが
ますます嫌になった。悪夢よ再びってかんじで、悪臭漂う古い連中の顔が映るたびに
うんざりした気分になる。健康にも悪い。
ということで、もっぱらワールドニュースを見ることにしている。
それによると、な、なんとシベリアのオイミャコン(地球で一番寒い村)の気温がマイナス
55度に下がったそうだ。ひえ~っ{{{{(+ω+)}}}}
でモスクワが-20度。住人によると、過去には-25度(03年)や-26度(09年)に
なったことがあるので、-20度というのはこの時期では珍しくないが、こんなに長い期間
続くのは50年ぶりだそうだ。予報ではあと10日はこの寒さが続き、日本でもクリスマス
頃にはまたこの寒波がやってくるという。
寒いのは日本だけじゃない。ヨーロッパも米国も凍えている。
日本周辺の狭い範囲での天気予報を見ていても、なぜ寒波が襲来するのか理由がわからず
不安になる。まったく現代の方が情報鎖国だね。


フランスのテレビは原発廃炉についてのニュースをやっていた。
なんという原発か忘れたが、いわゆる地下原発の廃炉を現在実行中だという。
1997年か99年(これも忘れた^^;)に廃炉が決定し、解体作業が始まったのが2007年。
放射能が除去されるのは2022年頃だって。これほど廃炉には長い年月と莫大な費用が
かかるわけで、原発など作るもんじゃないというのが、まともな国の判断なのだ。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック