激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 女性や若者の声を聴いて支援する政治家を選ぼう
2012年12月09日 (日) | 編集 |

今回も東京新聞の紙面より。
政治は何より、弱者のためのものであってほしい。
弱い者、恵まれない者に誠実に向き合い、彼らの声なき声を聞き届けてほしい。



女性





本文より
【厚生労働省によると2010年の母子家庭の平均年収は各種手当を含めても約290万円。子どものいる全家庭の平均(約660万円)の半分以下にとどまる。非正規雇用の割合は5割を超える。】
【国立社会保障・人口問題研究所の阿部彩部長が厚労省のデータを分析した結果、10年時点で20~64歳の一人暮らし女性の3人に1人が、標準的世帯収入の半分に満たなかった。】
練馬区のアパートで一人暮らしをする無職の女性(33)は、【政治に無関心だったが、今回は、すべての政党や都知事選候補者の公約や考えに目を通した。「暮らしをよくしたい」】











若者




リード文より
【各政党は衆院選で、きちんと雇用対策を語って――。若者の労働相談に取り組むNPO法人POSSEが8日、「ブラック企業をなくす政治家はだれか?」と題した討論会を開いた。若者の3人に1人は不安定な非正規の仕事に就き、正社員になっても簡単に使い捨てられる「ブラック企業」も問題に。それでも政治が目を向けない状況に「まずは若い政治家を選ぼう」との声が出た。】

本文より
【投票の判断基準について会場から問われると、(人材コンサルタントの)常見さんは「ブラック企業をなくす政治家がいるのかというそもそもの疑問があるが、迷ったら、若者と女性に投票を」。(POSSE代表の)今野さんは「当然、長時間労働規制を訴えている人だ」と答えた。】








スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
選挙公約いろいろ
http://blogs.yahoo.co.jp/sabetsu5555/31302736.html

衆議院総選挙、フェミニズム排除出来る政党の出現が不可欠
http://blog.goo.ne.jp/grk39587/e/9897adc66882b6d5eedc34e704449cd4
2012/12/16(日) 10:47:39 | URL | アニャプー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック