激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 首相もズッコケ、党もズッコケの民主党
2012年11月26日 (月) | 編集 |

ニュースを見て思わず吹き出した、この姿。
落ち目の党首に、落ち目の民主党。
なぜこんな無様な姿になってしまったのか、よーく反省してもらいたい。





写真:時事通信



   時事通信 11月26日
     http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012112600308 

      野田首相、あわや転落=街宣車はしごから

 野田佳彦首相は26日午前、衆院選応援のため訪れた愛知県安城市で、街頭宣伝車のはしごを登ろうとしたところ、体勢を崩し、転げ落ちそうになった。SP(警護官)が体を支え、首相にけがはなかった。直後にマイクを握り、「アクシデントがあったが、民主党はずっこけない。必ずよじ登る」と聴衆に訴えた。 
 首相は演説で、河村たかし名古屋市長らの新党結成の動きを念頭に、「愛知県も含めて第三極、第四極の動きもあるが、どういう方向に向かっているか分からない」と批判。また、自民党などの外交姿勢に関して「他国を挑発する言葉を連発するのは危うい」と強調した。
 この後、首相は同県半田市でも演説し、自民党の安倍晋三総裁が日銀に国債購入を求めていることについて「邪道だ」と厳しく批判した。




また、同じ民主党のエダマメこと枝野氏の過剰警備の写真もネットで話題に。
その元になった以下の野写真が、「二階堂ドットコム」にあった。
最近ではなく、原発事故の際「ただちに健康に影響はない」とはったりをかました
後の、2011年4月21日に掲載されたものだ。
しかしながら、枝野という人物についてよくわかる一枚でもある。
この四角の中は、彼にとって「ただちに身の危険はない」範囲なのだろう。





写真:二階堂ドットコム
http://www.nikaidou.com/archives/12774





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック