激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 小沢氏無罪判決の核心を報じた東京新聞社説
2012年11月13日 (火) | 編集 |

いつものことだが、小沢氏の無罪判決が出ても、相変わらず「政治とカネ」
「説明責任」を繰り返す反小沢の政治家連中と大手新聞・テレビをよそに
東京新聞の社説は群を抜いて素晴らしかった(これが従来のメディアのはずだが)
ので、長いが以下に転載する。



   東京新聞 社説 11月13日
     http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012111302000114.html

         小沢代表無罪 検察の“闇”を調べよ

「国民の生活が第一」代表の小沢一郎被告は、二審も「無罪」だった。問題は検察が市民の強制起訴を意図的に導いた疑いが晴れぬことだ。生ぬるい内部検証では足りず、国会が徹底調査すべきだ。

 そもそも、なぜ小沢氏は強制起訴されたのか。一審に続いて、二審も無罪判決が出た今、あらためて市民による検察審査会の判断に立ち戻ってみる必要がある。

 資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、小沢氏を政治資金規正法違反に問うことの是非について、東京地検は二〇一〇年二月に不起訴とした。検察審は同年四月に「起訴相当」と議決し、再捜査を迫られた検察は、また不起訴の判断をした。

 問題はこのときだ。再捜査の過程で、小沢氏の元秘書石川知裕衆院議員を再聴取したが、作成された捜査報告書はでたらめだった。「(石川議員が)検事から『うそをついたら選挙民を裏切ることになる』と言われたのが効いた」など、架空の内容が書かれていた。

 石川議員がICレコーダーで録音していたため、一問一答形式の文書が明白な虚偽であると判明したわけだ。さらに当時の特捜部幹部が小沢氏の供述の不自然性などについて、捜査報告書をつくり、検察審に提出した。「小沢の共謀を推認する積極証拠となりうる」などとも記されていた。

 本来は不起訴にした説明をする検察が、市民を強制起訴するよう誘導したと、受け止められてもやむを得ない内容だといえる。一審判決では「事実に反する捜査報告書で検察審査会の判断を誤らせることは許されない」とまで指摘されたほどだ。検察の恣意(しい)的な手法を断罪したに等しい。

 だが、今年六月に最高検がまとめた報告書では、「(検事の)記憶が混同した」「故意ではなかった」などと結論づけ、市民から告発された検事すべてを不起訴処分にした。かつ、今も報告書をホームページなどで国民に広く知らせていない。あまりに身内に甘すぎる調査結果であり、真相はなお“闇”の中にあるといえよう。

 検察審制度そのものへの冒涜(ぼうとく)に近い問題が露呈している。「記憶の混同」が許されるなら、どんな報告書もまかり通る。もし、検察のシナリオどおりに進んだとしたら、司法の汚点になるどころか、司法改革自体が台無しになる。

 検察が暴走したら、どう食い止めるのか…。根源的な問いも、この事件は投げかけている。




また同じ東京新聞のコラム「筆洗」も秀逸で、これは小沢氏とは直接関係ないが
紙面に載ったマンガも可笑しかったので、一緒に紹介する(^o^)


     東京新聞 コラム  「筆洗」 11月13日

トップは浪花節で、二位は講談。三位以下は落語、義太夫、民謡…。満州事変が起きた翌年の昭和七年、NHKのラジオ番組の人気投票だ。すでに検閲が厳しく、しばしば内容はカットされるようになっていた(永六輔著『昭和 僕の芸能私史』)▼八十年の歳月が流れ、浪花節や講談を楽しむ人は少なくなった。ラジオを隅に追いやったテレビは、情報発信の王座をインターネットに譲り渡した。世代を超えたヒット曲が生まれなくなって久しい▼文化や風俗は時代とともに変わってゆくが、一角が崩れると国を危うくする領域がある。法秩序への信頼もその一つに数えられるだろう。だが、その信頼は今、法秩序を維持する責任を負う検察組織の愚行によって大きく揺らいでいる▼政治資金規正法違反罪で強制起訴された「国民の生活が第一」の小沢一郎代表の控訴審判決で、東京高裁はきのう、一審より踏み込んだ明確な無罪判断を示した▼検察審査会に提出された捜査報告書は偽造だった。それが明らかになった時点で「勝負あり」だった。検察は認めようとしないが、今回の強制起訴は素人の審査会を欺き、有力政治家を政治的に葬り去ろうとした東京地検特捜部の「権力犯罪」だった疑いが濃厚である▼傲慢(ごうまん)な検察の世直し意識を助長してきた責任の一端は、マスメディアの側にある。猛省しなければならない。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
私は東京新聞を汚いと思う。
原発報道に関してここだけが救いだったし、唯一金を出して読みたい新聞ではあるが。
 ミッションはすでに終わったのだ。
「小沢は政治の舞台から消す」というアメリカの命令。
ここに対しては、東京新聞も他の腐れマスゴミと何ら違いはなかった。
私はその都度「東京新聞でさへこれだもの・・・」とため息をついてきた。
反省すべきというよりも、この国の混迷に手を貸してきたマスゴミの一員としてまず贖罪すべきじゃないか?
一面で小沢を大叩きして、最終面で小さくこの事件そのもののめちゃくちゃを嘆くというやり方は情けなかったです。

私は東京新聞を信頼したかったけれども、出来なかった。

今後、メディアがどう変わっていくのか?
唯一信頼したいというか、お金を出して読んでみたいと思う「東京新聞」が、どんな姿勢でいくのか?

冤罪事件に加担した日本の総メディア・・・この罪は重い。
2012/11/13(火) 18:28:09 | URL | kappa #.zfh79b6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日も裁判所のある合同庁舎、東京地裁前に行ってきました。昨日は同じ霞ヶ関の反原発デモ雨の中・今朝は小沢冤罪裁判二審判決雨の中・・・トホホ、風邪ひいちゃうよ。  下に並べ
2012/11/13(火) 18:17:40 | f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜
『前代未聞の予告解散』 勝負事では共通する原則ですが、相手の意表を突くからこちら側の勝目が増す。 普通事前の情報漏れは最大のタブーなので、今度のようにマスコミが先導すると...
2012/11/15(木) 14:07:17 | 逝きし世の面影






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。