激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 米大統領選でオバマが勝利
2012年11月07日 (水) | 編集 |



写真:CNN



東京の市谷(新宿区)のラーメン屋で遅い昼食を食べていたら、テレビの「ミヤネ屋」で
オバマ再選確実とやっていた。予想では、結果が出るには夜までっかるかもしれないと
されていたし、ミヤネ屋じゃあまり信用できないな(^^; などと思っていたら、やはり
オバマが大統領選を制したとのこと。

日本にとってはオバマ(TPP)かロムニー(戦争)かの選択になるわけで、オバマが勝って
とりあえずイランとの戦争は回避できたので、ホッと安堵した。
なぜ私が新宿にいたのかは、おいおい書くことにする


    CNN 11月7日
      http://www.cnn.co.jp/usa/35024163.html

      オバマ氏、激戦州制して再選決める 米大統領選      

 6日投開票の米大統領選は、米東部時間の同日午後11時すぎ(日本時間7日午後1時すぎ)に民主党のオバマ大統領が激戦州オハイオでの勝利を確実にし、共和党のロムニー候補を破って再選を決めた。現時点で結果が出ていない州はフロリダを残すのみとなった。

オバマ氏はオハイオ以外でも激戦となっていたニューハンプシャーやアイオワ、ウィスコンシン、コロラド、バージニアの各州を次々に制して勝利を引き寄せた。

 激しい接戦が予想されていたフロリダ州では互角の情勢が続き、7日未明にかけて集計作業を実施。開票率97%の時点で得票率はオバマ氏が50%、ロムニー氏が49%と僅差となっている。

 当選に必要とされた選挙人は270人。これまでに獲得した選挙人はオバマ氏が303人、ロムニー氏は206人。

 オバマ大統領は再選を確実にした後、シカゴで勝利宣言を行った。大統領は演説の冒頭で合衆国憲法を引用し、「完全な連合体を形成するというわれわれの務めが、今夜皆さんの力によって前進する」と宣言。「われわれは苦楽をともにするひとつの家族」「最高の米国はこの先にある」と続けて喝采を浴びた。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『先進国一の自殺比率の高さ』 年度別統計で自殺率が大きく変化した15年前の1997年とは、消費税が3%から5%に増税された時期と一致している。他国での自殺も他殺も思春期
2012/11/12(月) 14:38:07 | 逝きし世の面影