激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スコットランドが独立の可否を問う住民投票実施へ 沖縄はどうなのか?
2012年10月17日 (水) | 編集 |



写真:AFP/GettyImages
スコットランド自治政府のサモンド首相(左)とキャメロン英首相(右)



   ウォール・ストリート・ジャーナル 10月16日
     http://jp.wsj.com/World/Europe/node_530337

     スコットランド独立をめぐり住民投票実施へ-14年実施

【ロンドン】キャメロン英首相と、スコットランド自治政府のサモンド首相は15日、スコットランドの独立の是非を問う住民投票を2014年末までに実施するとの合意書に署名した。投票結果によっては300年にわたるスコットランドの英国への帰属に終止符が打たれる可能性がある。

 双方の代表はスコットランド独立をめぐるそれぞれの見方に確信を抱いているとしているが、住民投票の具体的な日取りや設問方法はまだ最終的に決まっていない。
 キャメロン首相は「スコットランドは英国の一部にとどまった方がうまくいくと強く信じているし、また、英国もスコットランドと一緒の方がいいと確信している」とし、「われわれは一緒の方がより良くなるし、一緒の方がより強くなり、一緒の方がより安全であり、一緒の方がうまくいく」と一体感を強調した。
 一方のサモンド首相は記者会見で、この日はスコットランドにとって歴史的な日になったと述べ、住民投票のプロセスを示した合意書は自治の歴史における大きな一歩だと強調した。同首相は「私はこの投票で独立派が勝利すると信じているか。答えはイエスだ。われわれは経済、社会両面でより良い将来のための明るいビジョンを提示することで勝つと信じている」と語った。
 サモンド氏が率いるスコットランド民族党(SNP)は、通貨ポンドとイングランド銀行(英中央銀行)の金融政策、英国の君主制もそのまま維持したいが、今はロンドンから指示されている経済政策ではより大きな権限を得たいと考えている。一方、3大政党は英国からの分離独立に反対している。
 この日署名された合意書によると、投票での設問は独立か否かという単一のものになる。キャメロン首相はこの単一設問方式を主張し、SNPはスコットランドは英国内にとどまるが、自治権を拡大するとの第3の選択肢も入れるべきだとしていた。しかし、投票の時期や設問、誰を有権者とするかについては、SNPが議席を支配するスコットランド議会が最終的に決めることになっている。キャメロン首相は、不透明さを回避するためにすぐに実施するよう求めていた。
 合意書では、スコットランド議会選挙と同様に、投票できるのは境界以北のスコットランド人住民だけで、以南に住むスコットランド人は除外される。議会はまた、16、17歳の住民も参加できるかどうかを決める権限を持つ。キャメロン首相の報道官は、年齢を通常の18歳から引き下げるのはこの投票だけと指摘した。
 SNPは1930年代以来、スコットランド議会がイングランドで署名されたイングランドとスコットランドの統一法を批准した1707年に始まったパートナーシップからの撤退を主張している。
 スコットランドのスタージョン副首相はBBC放送に対して、「今後数年で論点を整理し、スコットランドと英国との新たな関係を承認するようスコットランドの同胞を説得できると確信している」と述べた。
 最近の世論調査では、多くのスコットランド人は独立に熱心ではなく、独立賛成票を投じると答えているのは少数派だ。
 英国内での独立支持はここ数年揺れ動いている。英紙サンデー・タイムズの委託でYouGovが1902人を対象に10月11、12日に行った調査では、62%の人は独立すればスコットランドは暮らしぶりが悪くなると答え、良くなるとした14%を大幅に上回った。また、26%の人はスコットランドが独立すればイングランドとウェールズは良くなるとし、29%の人はその逆になると答えた。31%の人は変化はないとしている。
記者: Nicholas Winning




どの国もその内部に、民族問題を抱えている。
日本ももともと他民族国家なのだが、なぜか同一民族であることが強調されて
常に東京を中心とした均一化を求められている。

さてキャメロン首相が、よくスコットランド独立の是非を問う住民投票実施に応じたなと
ニュースを見ながら思ったが、何のことはない、英国のテレビのキャスターがキャメロン
首相が余裕の表情で応じているのは、スコットランドで独立に賛成している人は30%で
しょせん独立は無理とわかっているからだと解説したので、ふ~んと納得した。
スコットランドは時機を逸したわけだ。

一方、住民投票や国民投票がなかなか実現しない、似非民主国家のここ日本は
どうだろう? 尖閣だ竹島だと言う前に、同じ日本である沖縄の扱いはこれでよいのか?
基地を押しつけ、オスプレイを押しつけ、昨日もまた2人の米兵に女性が強姦された。
米国は日本を未だに属国扱いし、日本は沖縄を属島扱いしている。
差別される者が、さらに弱者を差別する構図だ。
差別する者(それ以前に自分が差別されているという事実を理解できていない)は、
差別される者の痛みや苦しみがわからない。
そんな差別され抑圧される沖縄こそ、日本からの独立という選択肢を視野に入れる
べきではないのか。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック