激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 野田首相がフクイチ4号機を5分間だけ初視察
2012年10月07日 (日) | 編集 |



防護服と全面マスクを着用し、東京電力福島第1原発4号機の屋上部を
視察する野田首相(手前)=7日午後1時36分、福島県大熊町(代表撮影)




今頃、何で初視察?
しかもフル装備で、たったの5分間だけ。
原発事故は収束したんじゃなかったの?
もう安全だから、原発事故で死者は1人も出ていないし、これからも出ないから
周辺の住民は速やかに戻ってねって、政府自ら言ってるんじゃなかったの?
「原発事故との闘い」に取り組む姿勢をアピールするつもりなら、もっと腰を
落ち着けて福島と向き合うべきだ。…って、こんな言葉はドジョウの胸には響かない
だろうけど。国会議員と幹部官僚は全員フクイチを視察し、実際に福島県民の声を聞け。



   共同通信 10月7日
     http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012100701001669.html

     首相、原子炉建屋内を初視察 福島原発、「廃炉へ進展」

 野田佳彦首相は7日、水素爆発を起こした東京電力福島第1原発の原子炉建屋内を初めて視察した。政権の最重要課題に掲げた「原発事故との闘い」に取り組む姿勢をアピールする狙い。視察後、記者団に「廃炉へ向け着実に進んでいると実感できた。発電所の安全維持や作業員の健康管理に配慮しながら最後の最後まで緊張感を持って対応しないといけない」と強調した。

 白い防護服と黄色のヘルメットを身に着けた首相は、4号機建屋の屋上部に仮設エレベーターで上がり、約5分間滞在。黒くよどんだ使用済み燃料プールの状況についてパネルも使って説明を受け、保管されている1533体の燃料を早期に取り出す工事の準備作業を確認した。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
恒例の金曜デモ。 全体の参加者は落ち着いてきました。減りもせず、増えもせず。初めての参加という方もいるし、毎回参加という方もいる。 みんなに共通する意識は 「すべての原発が...
2012/10/13(土) 08:33:35 | f-kafkappaの日記〜緑と青の風にのって〜