FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 野田再選で民主党は実質的に終焉を迎えた
2012年09月21日 (金) | 編集 |





民主党の代表選で、野田首相が党代表に再選された。
1回目の投票で過半数の818ポイントを獲得。
他候補は原口氏が154票、赤松氏が123票、鹿野氏が113票だった。
しかしながら党員・サポーターの投票率は33%と低く、多くの支持者が野田民主党を
批判し、とっくに見切りをつけている事実が明らかになった。


その証拠に、19日の街頭演説では野田首相に対し有権者の怒りが爆発した。
その様子を、日刊ゲンダイは以下のように報じている。
【野田首相は、自分がどれだけ国民から嫌われているか、身に染みて分かったのではないか。
19日、民主党代表選の街頭演説が東京・新宿で行われた。詰めかけた聴衆の手には「辞めろ」「ウソつき」などと書かれたプラカード。野田が登場すると、「帰れ!」「人殺し!」とヤジや罵声が飛び、最後は「辞めろ」コールの大合唱で演説がまったく聞こえないほどだった。】


首相官邸前に集まった何万何十万人の人々の声を無視して原発再稼動を行い、
マニフェストを無視して消費税増税に邁進し、本日も岩国基地でオスプレイの試験飛行を
強行した。ドジョウの目に国民の姿は映らず、耳には国民の声は届かないのだ。
ドジョウを支持した議員たちも同じである。


再選後の野田首相の言葉も、また白々しい嘘で塗り固められたものだった。
以下は読売新聞より。
【代表再選の野田首相「心から日本を愛している」
 民主党代表に再選を果たした野田首相は21日、都内のホテルで、「高揚感より責任の重さを感じる。これまで緊張感を持って職責を果たしてきた。苦しさと重みを痛切に感じた1年だった。私心は全くないと明言出来る。心から日本を愛している。今の私に笑顔はないが、笑顔の広がる国を作りたい」などと述べた。 】














そんなわけで、もうすっかり土台から腐って再生の見込みのない民主党と決別して
今度は「国民の生活が第一」のインターネットサポーターに登録したのだった。
あ~、すっきりしたっ




スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
僕は今週民主党サポーターから国民の生活が第一党員 に乗り換えでーす!\(^o^)/
2012/09/24(月) 20:09:48 | URL | 軒下蛙(@nokisitakaeru) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック