激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 チャチャのウンチ大爆発!
2012年09月08日 (土) | 編集 |




足の怪我で保護療養中の外猫チャチャ。
逃げ出す危険があるので、夜はトイレ用シートを敷いた大き目のケージに入れて
おいた。で、朝になって食事と投薬のため部屋の襖を開けてビックリ!
チャチャもケージの中もぜんぶウンチまみれで、ものすごい状態になっていた。
今までずっと我慢していて、ついに爆発・排泄したのだろう。
でパニクって、その中で暴れ回ったのだ。
あわてて窓を開けて、うちのお風呂場に取って返し、バケツにお湯を入れ
大量のタオルと新聞紙を持ってチャチャのもとへ。


しかし、あまりの汚れ具合と悪臭にどこから手をつけていいのかわからない
とりあえず全身黄色くなったチャチャをケージから出して、お湯で体を拭いた。
もう、この世の地獄だワ
ずっと依然、友人が介護している義母が自分の汚物を体や部屋中に塗りたくって
大変だという話を聞いたことがあって、ふとそのシーンが脳裏に浮かんだ。
しかしタオルで拭くだけではきれいにならないので、いったんチャチャをケージに
戻し、フタつきの発砲スチロールの箱を探して、その中にお湯を入れ、シャンプーと
バスタオルも一緒に抱えて戻った。ずっしりと重い。膝が痛い。
ようするに簡易お風呂で、その中にチャチャを入れて、なんとか全身を洗った。ふう。







というわけで、悪戦苦闘の1時間ののち、ケージの汚れも取り消毒して完了。
部屋に工事用の青いビニールシートを敷いて、新しい猫トイレとエサ入れも買ってきて
ケージから出した。しょせん外猫には、狭いカゴの鳥暮らしは無理なのだ。
クーラーを弱めにかけ、あとはご自由にどうぞってとこだ。
きれいになったチャチャはすっかりくつろいで、広い部屋でゴロゴロ横になりご機嫌だ。
少し高級な「まぐろジュレ」やらムースを食べて、さらにご満悦。
このまま飼い猫になれそうな調子のチャチャ。
しばらくのんびり療養して元気になってほしい。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック