激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 全国6割の原発・核燃料プールがあと数年で満杯、稼動不可に
2012年09月04日 (火) | 編集 |

最近のテレビ・新聞は自民党総裁選や尖閣・竹島(嫌中・嫌韓)問題の話題で
もちきりで、原発に関する報道はめっきり少なくなってしまった。
しかし福島原発事故は未だに収束せず、汚染ガレキは全国に広がり、
人体と国土の汚染と病変は今後さらに危険度を増していく。
大飯原発2基だけの再稼動で酷暑を乗り切った今(本当は再稼動すら必要なかった)、
原発マフィアたちは危機感を深めて、原発ゼロはありえない、ゼロになれば電気料金は
2倍になると一層の脅しをかけてきている。
そんな中で東京新聞は使用済み核燃料プールの残り容量を調査し、全国6割の原発が
数年後には稼動できなくなる事実を明らかにした。
どんなに再稼動を望もうと、現実はノーを突きつけているのだ。
核のゴミ捨て場を考えずに先送りしてきたツケが、今私たちの眼前に重く広がっている。



 全国の原発五十基のうち約六割の三十三基が、数年間稼働させれば使用済み核燃料プールが満杯になり、動かせなくなることが、各電力会社への取材で分かった。新たに中間貯蔵施設を造るには十年はかかり、使用済み核燃料を再処理しても、核のごみは減らず、再生される混合酸化物燃料(MOX燃料)は使う計画がない。原発の抱える深刻な問題がはっきりした。

 本紙は、原発を保有する九つの電力会社と日本原子力発電(原電)に、各原発のプールの空き容量のほか、一年(通常、原発の定期検査の間隔は十三カ月)ごとの核燃料交換の実績値を取材。そのデータから、各プールがあと何年で満杯になるかを計算した。
(以下略)








上の記事の図の拡大。

ほぼ満杯…福島第一5・6号機 柏崎刈羽6・7号機
1~3年で満杯…浜岡3・4号機、美浜1・2号機、大飯1・2号機、高浜1・2号機
六ケ所村再処理工場プールはすでに97%以上埋まり
むつ市に中間貯蔵施設が完成しても6年しかもたない。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
南フランスの風景(2012.7)・・・当記事の内容とは無関係。 Caruso(with Italian lyrics) - Lara Fabian (プロローグ1)嗚呼「原発、原発」、その根源的な虚妄の風景 ◆核廃棄「核のゴミ」の最...
2012/09/06(木) 05:20:38 | toxandoriaの日記、アートと社会
(1936年9月7日に死亡した最後のタスマニアタイガーのベンジャミン) 『日本の絶滅種』河童伝説のニホンカワウソ 8月28日環境省は、1979年(昭和54年)に高知県須崎市...
2012/09/07(金) 13:46:52 | 逝きし世の面影
2011年7月25日 福島第1原発の廃炉プロセスは、大変なコストをかけて進行中だ。しかし、廃棄した核燃料を保管すると手をあげている国は無く、安全に貯蔵できる地域ではない日本にとって...
2012/09/07(金) 22:43:06 | マスコミに載らない海外記事