激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 「即時原発ゼロ」を掲げる「緑の党」が結成された
2012年07月29日 (日) | 編集 |



写真:時事通信
脱原発を訴える地方議員や市民団体メンバーらが
28日、政治団体「緑の党」を結成した。
写真は、緑の党の結成総会後に記者会見する
中山均共同代表(左端)ら=東京都千代田区



   東京新聞 7月29日
   http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012072902000073.html  

     「即時原発ゼロ」宣言 緑の党結成

 脱原発を掲げ、国政進出を目指す日本版「緑の党」の結成総会が二十八日、都内で開かれた。党の規約、基本政策を正式決定し、来夏の参院選、次期衆院選に向けた選挙準備の方針を決めた。
 党の共同代表には須黒奈緒杉並区議、中山均新潟市議ら四人を選出した。
 須黒氏は「再生可能エネルギーで雇用を生み、即時原発ゼロを目指す」と宣言。
 中山氏は「脱原発を実現する上で信頼できる既成政党はない」と述べ、国政選挙などで脱原発を求める有権者の受け皿を目指す考えを強調した。
 緑の党は参院選で、比例代表五~七人、都市部の選挙区で三~五人、計十人以上の候補者を擁立し、複数の当選を目指す。候補者は予備選挙を行って決める方針で、早ければ十一月ごろ、一次公認候補を発表する。
 また、衆院選が年内に行われると想定。参院選に向けた準備と位置付けて「脱原発」を掲げる市民団体や地域政党と連携し、比例東京ブロックで候補者擁立を検討する。
 政策面では(1)福島第一原発事故を収束させ「原子力ムラ」を解体する(2)開かれた熟議と参加民主主義を経て脱原発を実現する(3)持続可能なエネルギー社会へシフトする-などを柱とする基本政策を決めた。
 また、消費税増税については、現時点での引き上げは否定。どうしても引き上げが必要な場合には、低所得者対策や中小企業対策を前提とする。
 緑の党は環境政策に強い影響力を持つ欧州諸国の「緑の党」をモデルとしている。二十八日の結成総会にはドイツ、オーストラリア、インドの「緑の党」の幹部も出席、連携を確認した。
 緑の党の設立準備を中心になって進めてきた、一般市民や約七十人の地方議員でつくる団体「みどりの未来」は、緑の党の結成をもって解散した。




「みどりの未来」については以前言及したが、これが「緑の党」に結実したわけだ。
私としては「国民の生活が第一」を支持しているが、「緑の党」も魅力的だ。
特に「即時原発ゼロ」という明快な主張が心地よい。
同じ目的を持つ団体や地方政党とも連携を考えているということなので、ぜひとも生活党などと
連携を図ってもらいたい。




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック