FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スイス、ドイツに続いてイタリアも脱原発に舵を切った
2011年06月14日 (火) | 編集 |




13日、原発復活の是非を問う国民投票の後、
ローマで歓喜に沸く反原発派の市民。
反対票は94%を超え、国民の圧倒的多数が脱原発を支持した。
福島第1原発事故後に国民の審判で原発反対を
選択したのは同国が初めて【AFP=時事】





■かつて枢軸国だったドイツとイタリアに追い越されてしまった日本。
経済では追い抜いたつもりでも、政治的成熟度は最低だった。
命の危機に直面しても、テレビや御用学者の話を鵜呑みにして自分の頭で
考え行動しなければ、危険から回避できないのだということを見せつけられた。
自立した人間として生きるのか、それとも隷従という安逸の中で滅びるのか
私たち日本人は、いま重大な岐路の中に立っている。


    時事通信 6月14日
      http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011061300840  

     イタリア、脱原発を選択=福島事故後で初、9割超が反対-国民投票

【ジュネーブ時事】原子力発電所を持たないイタリアで13日、過去に全廃した原発の復活の是非を問う国民投票が即日開票され、成立条件である50%超を大幅に上回る投票率に達し、復活拒否が決まった。反対票は94%を超え、国民の圧倒的多数が脱原発を支持した。
 福島第1原発事故後に国民の審判で原発反対を選択したのは同国が初めて。政府が目指す将来の原発新設計画は白紙撤回される。
 イタリアのANSA通信によると、ベルルスコーニ首相は同日、「イタリアは原発を放棄し、再生可能エネルギーに依存する判断を下すだろう」と発言。政府の計画が国民に事実上、否決されたとの認識を示した。
 イタリア内務省によると、最終的な投票率は57.0%。国民投票の成立に必要な50%超を大きく上回り、国民の関心の高さが浮き彫りになった。





■さて東日本大震災から3ヶ月が経過して、大規模余震が襲ってくるリスクも
高まっている。
日本だけではなく、世界的に大地震や火山噴火が起きていることも心配の種だ。

最近の動きをみると…

まず3月7日にハワイ島のキラウエア火山の山腹から溶岩が流出。
5月21日にはアイスランド・レイキャビクの東約200キロに位置する火山が噴火。
今月6月4日にチリ南部のプジェウエ火山が、50年ぶりに大噴火。
また昨日13日にはアフリカのエリトリアで地震が発生、ダビ火山が爆発した。
この火山が最後に爆発したのは1861年だったという。
さらにニュージーランドでも大きな余震が襲っている。

う~ん。
地球規模地殻変動期に入っているのに、まだ原発を動かそうというのは
もはや犯罪レベルだ。




スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
新しいブログ木です
新しい記事です。TBが上手く送れないので、此処に書かせて頂きます。

◆福島「原発過酷事故」なる世界最悪の環境破壊は三権(政・官・司)・財界・大労組・原子村・御用アカデミズムによる<国民騙しの左右両派に跨る日本的交尾権力形成>の象徴、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20110617
2011/06/18(土) 04:33:42 | URL | toxandoria #EsyNJXEU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
wsws.org 2011年6月11日 アメリカ軍は、今、無人飛行機によるミサイル攻撃、爆撃、特殊部隊暗殺襲撃や、地上戦と、五ヶ国で同時に戦争を推進している。イラク、アフガニスタン、パキスタン、リビア、そしてイエメンだ。 大部分は、ブッシュ政権が、アフガニスタンとイラク...
2011/06/14(火) 23:01:51 | マスコミに載らない海外記事
★六月十四日(火)朝、NHKのBizスポという番組を聞き流していたらイタリアの脱原発の解説があった。部分的には間違いがないからもっともらしく聞こえる解説であるのだが、論理が馬鹿馬鹿しく粗いから怪説というべきか。ここ十数年、NHKの解説には知が感じられな?...
2011/06/15(水) 06:30:18 | 木霊の宿る町
『隠蔽されたSPEEDIの放射能汚染物質の拡散予測図』 3ヶ月が経って段々と福島第一原発事故時の政府や東電など関係者の動きが明らかになりつつありますが、この国の上部エスタブリッシュメントの精神構造は長年の属国暮らしが祟って、根本が蝕まれ腐っています。 今度...
2011/06/15(水) 10:10:46 | 逝きし世の面影
  林雨 第六十三回 ダチョウの正当化  小野冬生   3.11から百日になろうとしています。今も進行中の福島原発の放射能漏れを含めた災害にどう対処するのか、どのくらいの時間でどの位のことができるのかについて読者の方々もおぼろげなイメージ...
2011/06/17(金) 08:31:59 | 木霊の宿る町