FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 「不安」の正体
2006年06月25日 (日) | 編集 |

■昨日書いた酒井隆史『「世間」の膨張…』の内容にも関連するのだが、作家の辺見庸も『不安の世紀から』という著書を出している。

酒井氏が文中で柄谷行人の『倫理21』の「世間」の起源は江戸時代のムラ社会にあるという部分を引用しているように、辺見氏もまた「不安の球根とマスメディアに関する断想」の章で柄谷『日本精神分析再考』から引用している。


この引用部分をさらに簡略すると、日本はもともと「国家と社会の区別が厳密に存在しない」わけで、「逆にいえば、社会に対するものとしての国家も、国家に対するものとしての社会も存在しない。」
ここのところはサッチャーの「社会は存在しない」という言葉と重なるが、ヒトラーが羨ましがった日本のファシズムは、この「国家でも社会でもない協同主義」だった。つまり日本では「あらゆる意志決定(構築)は、『いつのまにかそう成る』(生成)というかたちをとる。」のである。

この柄谷に続く辺見の文の一部を引用する(ややこしいなぁ(^^;;)

この国では、土壌や空気が制度や理念を腐食し、骨抜きにすることがしばしばである。思想や理念を語ることを、誰あろう、空気が冷笑し、土壌があざ笑うのだ。憂鬱のもとも、不安の源泉も、ここにある。(略)
われわれは敗北の因子を予め自らの暗い内面で培養しつつ生きている。敗北のみが最初から約束されている。これも憂鬱のもとであり、そこはかとない不安の苗床なのだ。



■なんだか今の梅雨時期のじめついた中に身を置いて、頭のてっぺんからキノコでも生えてくるような気分になってしまうけれど、最初から敗北してもしょうがないので、もっと前向きにブレークスルーしたいものだ。

で、引用の多かった柄谷行人の
『世界共和国へ ―資本=ネーション=国家を超えて』など。

スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
辺見氏の講演会、満杯でした。
昨夜、やっと辺見氏の講演会を聞くことができました。
2年前、お流れになった京都の講演会がやっと実現しました。

もう右手は利かないし(左手でサインされた著書が売られていましたが、数が少ないので、すぐに完売となっていました)、足元もなんだか心もとないですが、その言葉には力がありました。

憲法1条や9条の話。
ファシスト小泉(さん)のお話から、これから小泉(さん)が残していくものの中で、一人づつが声を上げていかなければならない、とおっしゃっていました。

もう十年以上前、私はミニコミを作ってたんですが、その中で「何も言わないということは、全てを受け入れていることと同じだ」って書いたことがあるのですが、辺見さんもそのことをおっしゃっていました。

私は子供はいませんが、いつか徴兵制とかしかれたときに、親を持つひとたちは、そのときになって慌てるんでしょうか?(苦笑)

辺見氏のような人には、長生きして色んな場所で発言していただきたい!と、昨夜、辺見氏の姿を見て切に願いました。
2006/06/25(日) 16:30:01 | URL | はんな #JalddpaA[ 編集]
はんなさま ブログ拝見!
はんなさま はじめまして!

フリーライターの端くれとしては、辺見庸のルポ『もの食う人びと』は、大変に衝撃的な作品でした。当時の単行本は、某書庫に「秘蔵」していますが、現在は、文庫本になっていますね。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4043417012/503-3767884-5438349?v=glance&n=465392

最近の辺見さんは、脳梗塞にガンと立て続けに「病魔」に侵されているようですが、生涯現役を貫くべく、精力的な言論活動などなさっているご様子ですね。

最近亡くなった指揮者の岩城宏之さんも、死の間際まで「生涯現役」でした。おそらく最後の指揮だったであろう、第九演奏会のドキュメンタリーをテレビで見ました。控え室にそうそうたるドクターや看護師を待機させてのコンサートでした。
http://www.asahi.com/culture/update/0613/012.html

はんなさんのブログ拝見しました。「いいな! いいな! 」
デジカの映像を見ながら、「フンフン、なるほど?!」と、ひとり密かな評論しながら、遊んでいました。

わたし、食いしんぼの酒飲み(単なる呑んべ)、実は・・・。
焼酎は最近は芋が流行だが、さやかな沖縄フリークとしては泡盛も、なかなか奥が深く捨てがたい!。日本酒、ワイン、ビールなども、うんちくはあるんですが・・・(以下、省略)。

そうですねぇ・・・硝子のわがままをひと言。
湯河原のロキ旅館(実はお猫さまが女将ではないか? とかいう、ブロガー伝説の…)に、宿泊して温泉に入って、海の幸などのお料理をいただきながら、女将が吟味したお酒の数々を飲み比べして…、夜も更け深夜になれば、飲めや歌えの「大宴会」とか、そういうのいいなあ・・・!?

こういう「妄想」をはじめ、また、フィレンツに行くんだ! とか、たまには沖縄にシュノーケリングに行く! とか、自らの欲望を予め、諦めないことが、大切なんじゃないかと思っています。


2006/06/26(月) 03:59:53 | URL | 谷口硝子 #-[ 編集]
同感の思いです
こんにちわ、toxandoriaです。

・・・日本はもともと「国家と社会の区別が厳密に存在しない」わけで、「逆にいえば、社会に対するものとしての国家も、国家に対するものとしての社会も存在しない。」 ・・・心底から、この点は同感の思いです。

また、TBが送れない状態となっていますので新しい記事のURLを記しておきます。

[暴政]「美人局国家・日本」を創った政府・日銀ぐるみのインサイダー取引
http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20060622
2006/06/26(月) 06:32:22 | URL | toxandoria #Pmk7tf7w[ 編集]
最新・関連記事の追加です。
前回と関連する記事のURLです。まだTBが上手くゆきませんので下にURLを書きます。

[暴政]「残忍な殺人事件の犯人たち」と「小泉劇場」に通ずる“人間的情感と想像力”の欠落
http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20060626
2006/06/26(月) 20:36:52 | URL | toxandoria #Pmk7tf7w[ 編集]
皆様こんばんは~っ
はんなさま
谷口さま
toxandoriaさま

そうそうたるメンバーにおいでいただき恐縮です。
さすがに辺見さんの威力はすごいですね。
私の長年の友人も、講演会の選にもれたと
残念がっていました。

私にとっても『もの食う人びと』は衝撃的な作品でした。
辺見さんが病に倒れ、「噂の真相」も休刊になった時
どんなに落胆したことでしょう。
でも今は両者とも、少しずつながら活動を再開し
それが私たちを大いに力づけています。

これからもいろいろな妄想や欲望を実現させるべく(´▽`)
力を合わせていきましょうね。
2006/06/26(月) 21:56:05 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんにちは。
●硝子さま

はじめまして。 ^0^

>はんなさんのブログ拝見しました。「いいな! いいな! 」
デジカの映像を見ながら、「フンフン、なるほど?!」と、ひとり密かな評論しながら、遊んでいました。

限りなくお酒と食べ物の話しか出てこない駄ブログを覗いてくださったそうで、ありがとうございます。
でも、たま~に人間としての想いも書いていますので、お見落としなく、おつきあいください。(笑)

>わたし、食いしんぼの酒飲み(単なる呑んべ)、実は・・・。
焼酎は最近は芋が流行だが、さやかな沖縄フリークとしては泡盛も、なかなか奥が深く捨てがたい!。

飲める人とは距離が縮まるのが早いように思います。
ところで、ロキさんは飲めるのかしらん???私はなんでも飲めます。(爆)

私も昔、沖縄にハマってました。
16,7年くらい前でしょうか?

沖縄にも行きました。
超低空飛行するアメリカ軍の戦闘機の爆音を聞き、チビチリガマにも行き、集団自決した沖縄の人たちに思いを馳せました。
いつになれば、沖縄に真の平和が訪れるのか・・・と思いつつ・・・。

>湯河原のロキ旅館(実はお猫さまが女将ではないか? とかいう、ブロガー伝説の…)に、宿泊して温泉に入って、海の幸などのお料理をいただきながら、女将が吟味したお酒の数々を飲み比べして…、夜も更け深夜になれば、飲めや歌えの「大宴会」とか、そういうのいいなあ・・・!?

ハハハ、いいですね。
私はあまり社交性が無いので、一人で行動することが多いのですが、いつか、硝子さんともロキさんとも一献傾けたいものです。

●ロキさま

>でも今は両者とも、少しずつながら活動を再開し
それが私たちを大いに力づけています。

そうですね。
「自殺を考えたこともあるが、這いつくばってでも、最期まで発言する」ってゆってはりました。

お互い、それぞれの場所で声を挙げてゆきましょう!私は限りなく微力すが・・・。





2006/06/27(火) 09:40:59 | URL | はんな #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
マスコミのことをマスゴミと書いてきた。たしかに新聞は大事なことは何も載っていないのでゴミを買っているようなものである。いろんな分野に渡っていろんなことが書いてあるので充分な情報が網羅されていると錯覚し
2006/06/26(月) 10:39:09 | BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」