FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 ペテン師首相、「辞任は嘘ピョ~ン」と高笑い
2011年06月03日 (金) | 編集 |

   

左:怒り心頭の鳩山氏。
内閣不信任案否決から一夜明け、インタビューに答える鳩山由紀夫・前首相
=3日午前、東京・千代田区(大西史朗撮影)

右:見よ、この満面の笑顔!
菅氏、改めて辞任約束を否定
笑顔で閣議に臨む菅首相=3日午前、首相官邸
写真はどちらも産経新聞より。
 




   産経新聞 6月3日
 

      怒り爆発 鳩山氏「首相はペテン師」発言詳報

 民主党の鳩山由紀夫前首相は3日午前、都内の私邸前で記者団の取材に応じ、確認書を交わしたにもかかわらず退陣時期を明言しない首相を「政治家同士の約束を守れないのならペテン師だ」と激しく批判した。発言の詳細をお伝えする。

 --2日に菅直人首相と交わした確認書の記載事項の解釈をめぐり認識に違いがあるようだ。首相は辞任の時期を原発事故の収束をめどにとしているが、どう思うか

 「お分かりのように、昨日は内閣不信任決議案が可決される勢いだった。で、首相に『このように野党の力で辞任させられるならば、ご自身の意思で辞任を表明してもらいたい』ということで、私は官邸にうかがった。そのことは首相も分かっているはずだ。で、『お辞めいただきたい』と。その時期に関して、確認書を交わしたということだ。『復興基本法の成立と、平成23年度第2次補正予算案は成立までではありません』と申し上げた。編成のめどが立つということで、お引き取りいただくと。そこに『結構だ』ということだったから、私は『それならば(2日昼の)代議士会でお話しいただき、私から(の発言)も加えて、そのことを確認を申し上げたい』と」

 「それに対して、(首相は)代議士会で一切、何もお話しせずに、『理解された』と。当然、私たち、多くの皆さんに大変、不満もあったと思う。当たり前じゃないかという気持ちもあったと思うが、これはある意味で政治家同士だから、口できちっと約束したことは守る。あたり前のことです。それができなかったら、ペテン師です。そんな詐欺師まがいのことを首相がやると、私は思っていない。今でも信じていますから。当然、(復興基本法案の成立、2次補正の早期編成のめどをつける-の)2つの確認事項が守られたら辞めていただく、辞任をするということが、少なくとも二人の間の確認だ

--2つの確認事項が行われたとき、首相が退陣しなかった場合には、改めて鳩山氏から…

 「昨日の(首相記者会見での発言は)、全くその確認事項を無視するような発言であるように私は聞こえた。見てませんけど。どうも、もっと先送りする意向だと。不信任案が出る直前には辞めると言い、否決されたら辞めないという。こんなペテン師まがいのことを一時の首相がなさってはいけない。当たり前の話です。人間としての基本にもとる行為をされようとしているのであれば、即刻、党の中の規則の中でしっかりと首相には辞めていただくように、当然のことながら導いていかなければならないと思う」

 --両院議員総会を求めて、その場でということか

 「そういうことになります」

 --今後、首相ともう一度会って確認するか

 「その必要はないでしょう」

 --一方で、昨日の役員会と常任幹事会で不信任案に賛成した2人の処分が決まったことをどうみているか

 「みんな、今の否決した多くの人たちも、今の菅体制、特に菅首相に対しては、さまざまな批判的な気持ちを持っていたわけです。それを極力抑えて、そして、私の発言でみんなが我慢をして、そして政党人だからということで多くの方が行動してくれた。中には、当然、そうであっても菅首相に対する不信感から、そのような行動に出た方がいる。あのような記者会見をされれば、どちらが正しかったんだみたいに皆さん、感じているでしょう。ならば、不信任案に賛成するべきだったと思っている方、多いんじゃないですか? だとしたら、どちらが正しい行為なんだということになる。それに対して、どうだったのか、規則を守らなかったのかみたいな話は冗談じゃないということです」

 --鳩山氏もこんなことなら不信任案に賛成しておけば良かったと思うか

 「もし、あのような、不信任案が否決されたら突然、言葉をひっくり返して、『そんなこと言った覚えはない』という話になって、そういう人間だとすれば不信任案に賛成すべきだったと思うが、やはり私は情の問題として、人間として、しっかりと約束をして、厳しい状況なんだから、それを打開するために党を割っちゃいかん、と。だから、辞めると。その時期を2つのことで確認を交わした。その交わしたことは厳然とした事実ですから! それを私はこれからも信じたいし、それを守らないのであれば、当然のことながら、それなりの処置を断固としてとっていくしかない。以上だ!」





■「馬鹿と言うと、馬鹿と言う」。すっかり有名になった詩の一節だが(^^;
「不信任案が出る直前には辞めると言い、否決されたら辞めないという」菅首相は
こだまではなくて、天邪鬼(あまのじゃく・わざと反対のことを言ったり行う小鬼)だ。

この前代未聞の嘘吐きと鉄面皮は、カダフィーを超えたね。
いや、多くの国民を未曾有の災害と原発事故に晒して平気な冷血ぶりは、もはやヒトラー
と並ぶかもしれない。

メルトダウンした原発が制御不能の怪物なら、誰も辞めさせられない菅直人という人物も
ある種の制御不能な怪物なのかもしれない。





スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
代議士会で
代議士会でウソをついて、国民の代表である代議士を騙したのですから、騙されたのは国民と同じです。
鳩山氏の言葉と齟齬があるなら、あの場で言わないと、そうでなかったということは嘘を吐いたということです。
それで延命できると感じている菅の感性が復興を阻止しているのです。
言った言わないも、原発事故と同じです。
誰でも働く気を失いますよね。
それにしても、菅と朝日新聞の思考回路は同じ、世紀末です。
テレビや新聞が伝えない民主主義。
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2011/06/post_264.html
2011/06/04(土) 10:30:13 | URL | scotti #4SSKmKVw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
★昨日は菅が鳩との約束を破ったと思ったのですが、実際は 「早期退陣」 という合意などなかったのですね。合意文書のどこにも 「早期退陣」 は見つかりせん。民主党代議士会で菅も鳩も「早期退陣」と言っていません。 菅がうそをついたのではなく鳩がうそをついてる...
2011/06/04(土) 12:22:01 | 木霊の宿る町
鳩山由起夫がいくら切れてみせても、仙谷と平野と北沢の派閥が違うだけの「だんご三兄弟」の策略はすでに決まっており、「身内だから」というだけのただの紙切れ一枚で鳩山が騙さ ...
2011/06/04(土) 17:19:53 | 岩下俊三のブログ