激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 チュニジアで始まった民衆革命がエジプトとレバノンに拡大中
2011年01月26日 (水) | 編集 |






■いやあ、びっくりした。
ついにエジプトへ来たーーーっ!
ってかんじだ(^_^;)
ふざけてる場合ではないが…。
チュニジアの民衆(市民)革命に触発されて、エジプトとレバノンでも大規模な
抗議デモが拡大している。
ヨルダンやイエメンでも抗議運動が始まっているという。
これらの中でも、特にエジプトの親米政権が転覆したら、こりゃあちょっと大ごとだ。
今後の中東の動きを注視していきたい。










  エジプト


  ロイター通信 1月26日
   http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-19201120110126

     エジプト反政府デモで3人が死亡、チュニジア政変に触発

[カイロ 25日 ロイター] エジプト各地で25日、30年にわたって独裁支配を続けるムバラク大統領(82)の退陣を求めるデモが行われ、一部で治安部隊と衝突が起き、3人が死亡した。デモには反政府デモによって政権が崩壊したチュニジアの政変に触発された数万人が参加した。
 カイロでは「ムバラク大統領は退陣せよ」とシュプレヒコールを上げたデモ隊に対し、治安部隊が催涙弾や放水砲を発射。これに対し、デモ隊はビンや石などを投げ応戦した。国営テレビはこの衝突で、治安部隊の1人が投石を頭に受け死亡したと報じた。
 また、同国北東部スエズの地元治安当局や病院関係者は、同市でゴム弾を撃たれたデモ参加者2人が死亡したことを明らかにした。
 北部アレクサンドリアでは、デモ隊が警察車両をひっくり返したり、ムバラク大統領と同大統領の次男ガマル氏の写真を破るなどして抗議活動を行った。ガマル氏は、ムバラク同大統領の後継者とみられているが、両者とも否定している。
 エジプト国民は食料価格の高騰や貧困、高い失業率、デモの強制排除といったチュニジアと同様の問題に不満を示しており、デモ隊は「チュニジア、チュニジア」と叫んでいた。







25日、ムバラク大統領の退陣を求め、カイロ中心部に集まったデモ参加者。
約1万人に上った。
チュニジアの民衆運動でベンアリ独裁政権が崩壊したのを見た参加者は
「抗議デモで政権打倒は可能」と勢いづいている。【AFP=時事通信】
ロイター通信の調べでは、参加者は2万人という。








CNNの動画。
エジプトの首都カイロなどで25日、
チュニジアのベンアリ政権崩壊に影響を受けたとみられる
反政府デモが展開された。
同国でこうした大規模なデモが行われるのは異例だ。







  レバノン


  ロイター通信 1月26日
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-19202620110126

      レバノン首相にヒズボラ系候補指名、各地で「怒り」のデモ

[ベイルート 25日 ロイター] スンニ派のサード・ハリリ首相率いる連立政権が崩壊したのを受け、親シリアのイスラム教シーア派組織ヒズボラ勢力の支持を受けた実業家のナジブ・ミカティ氏が25日、首相候補に指名された。
 これに対し、ヒズボラと対立する親欧米のスンニ派であるハリリ暫定首相の支持者らが、レバノン各地で抗議デモを実施。
北部トリポリでは「怒りの日」とするデモが行われ、約20人が負傷している。
 ヒズボラとハリリ暫定首相は、2005年に起きた首相の父ラフィク・ハリリ元首相暗殺事件を審理する国連のレバノン特別法廷をめぐり対立。シリアやイランが支援するヒズボラは暗殺事件の関与を否定し、特別法廷ボイコットを要求したが、米国やサウジアラビアが後ろ盾となっているハリリ首相が拒否していた。これに反発したヒズボラ系閣僚11人が今月12日、一斉に辞任していた。
 ミカティ氏は27日にも組閣作業に入ると語り、立場の違いを乗り越えるよう呼び掛けている。








1月25日、レバノン首相にヒズボラ系候補のミカティ氏が指名され、
各地に抗議デモが広がった。写真はトリポリで抗議する人たち。
(写真はロイター通信)







CNNの動画。
レバノンでヒズボラ系候補を首相に指名し、抗議デモが激化した。







スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
不満は押さえられない
 
 Kikiがカワイイですね。

失業、食料高騰、警察、人権など火種がいっぱいの他の国(アルジェリア、ヨルダン、モロッコなど)へ次々飛び火していく予感。
CIA工作も、もはや力およばず、アメリカが凋落していく象徴的な事態がいま起きているということでしょうか。
2011/01/27(木) 11:26:21 | URL | hal #kI/0fU9Q[ 編集]
Re: 不満は押さえられない
hal さま

こんにちは(=^・^=)
いつもありがとうございます。

>  Kikiがカワイイですね。

高いところでは、いつもこんな格好で下を見てるんですよ。
母親で外猫のチャチャとそっくりです。

> CIA工作も、もはや力およばず、アメリカが凋落していく象徴的な事態がいま起きているということでしょうか。

ネットの力で人々が真実を知って立ち上がったのでしょうね。
日本でも、まだ小さいですが、確実に人々の心に火がつき始めていると思います。

2011/01/27(木) 22:49:40 | URL | ロキ #.7BbZ8jQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
チュニジアでおこった政変の波紋は、北アフリカ・中東一帯に広がっている。 チュニジアといえば観光地として有名だが、ベンアリ前大統領の独裁政治が続いていた。このところの物 ...
2011/01/27(木) 09:41:40 | 虎哲徒然日記
Yvonne Ridley 2010年1月27日 Information Clearing House アラブ世界の眠れる巨人は、西欧によって、薬を盛られ、金品を奪われたまま、長年続いていたまどろみ状態からとうとう目覚めたのだ。 エジプトとチュニジアの警察や連中の覆面スパイの残忍性を目撃し、自ら体験し...
2011/01/29(土) 00:17:16 | マスコミに載らない海外記事