FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 タマオな生活
2006年06月10日 (土) | 編集 |
■先日母の入院で実家に帰って写した、新入りの外猫さん。



昔仔猫時代のプーチンをいじめていた
ノナカヒロムの息子
カメイシズカ改め「スズキタマオ」。
プーチンが3度目の脱走を図って帰還した時に一緒にくっついて来た。
怪我をしてガリガリにやせていたが、実家の庭に棲みついてからは体重も増えた。
最近は舌が肥えて、デリカフーズを要求するとか。





その昔、愛しのテクちんことテクタイトも実家の裏庭で生まれたので、もしかしたらヒロムもタマオも、そしてプーチンも血が繋がってるかもしれない。テクの兄弟も黒猫だったし。
タマオのシッポはテクに、体の模様は湯河原のキキに、顔はキキと外猫のフー、そしてマルに似ている。
…って、タマオは「鵺(ぬえ)」か!



ベランダの隅の「タマオ・ハウス」。
立派なムネオ・ハウスとは程遠いダンボール製だけど、タマオにとっては立派な持ち家。
空腹を抱えた「下流」野良から、「中流」外猫へと昇格した?
残るは「勝ち組」家猫への道だが、これはプーチンとの縄張り争いで、ちょっと難しいらしい。
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック