FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 世界一強大な日本の検察権力
2010年10月25日 (月) | 編集 |

■テレビ朝日の「スーパーモーニング」に途中からチャンネルを合わせたら
検察の検証についてやっていた。
なんでも、日本の検察が持っている力は先進諸国の中でも強大だそうだ。
番組の中に図が出てきたので、じーっと眺めて記憶した
私の乏しい記憶力を頼りに下記の図を作成。


■図の「日本」というのは現在の日本のことで、驚くことに「戦前の日本」――大正時代
には人権尊重の観点から、検察が作った調書をそのまま裁判で証拠に採用することは
なかったというのだ。
それが変えられたのは、昭和の戦中の東条内閣のときで、戦争という緊急時に犯罪を
犯すとはけしからん。という理由で検察力が強化され今日まで継承されているという。

現在、検察が作った調書がそのまま証拠採用され、しかも起訴できるのは検察のみという
のは日本だけである。
もちろん有罪率99%というのも日本が世界一だし、次が中国の98%。
まったく、どこが民主国家やら…







■こうした日本の検察のあり方の背景には、裁判官が検察と一体化している、
あるいは後追いをしているという実態がある。
検察の問題を考えるには、だから裁判所にもメスを入れなければならないのだ。
それとメディア。いわゆる記者クラブメディアのことだが、このメディアも検察に
コバンザメのようにくっついて、たまに与えられるリークという餌に飛びつき、
各社横並びの報道を垂れ流しているのである。

検察・裁判所・記者クラブメディアという、この悪の枢軸関係を分断しなければ、
冤罪の温床となっている取調べの可視化は進まない。
たとえ犯罪検挙率が落ちようと、ひとりの冤罪者も生んではならない。

今回の村木事件、そして小沢氏の一連の事件を教訓に、私たち国民一人ひとりも
これまで当たり前のように思っていたこの強大な「検察官の力」について再考し
国民の立場に立った司法を求めていかなければならない。




スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
最良証拠制
日本の検察制度が極めて検察に有利に造られていて幾らでも冤罪が生まれる構造になている最大のものは、仰られている起訴権の独占や検察官調書の絶対性も大きな要因ですが、それ以上に『最良証拠制』であろうと思います。
捜査段階で集められた膨大な証拠や証言の内で検察官が恣意的に有罪の為に必要であると考える『最良証拠』だけを裁判所に提出すれば良いのですね。
『真実は何か?』との視点ではなくて、検察官は被告の無罪を証明する証拠・証言は意識的に無視ないしは隠蔽して裁判での勝ち負けをゲームの如く扱うのですよ。
過去の冤罪事件では検察調書に不自然な欠番があり弁護側が追及して証拠を出させて無罪になった例や、松川事件の諏訪メモのように関係者が存在を知っている無罪の証拠を検察側が隠蔽し裁判所の開示命令で冤罪が明らかになった等の数々の不祥事がある。
村木厚子氏の裁判でも地検特捜部の検事の証拠の改竄は咎められて捜査した主任検察官が逮捕されたが、村木氏の無罪の証拠の存在を知っていた公判部の検事には何のお咎めもないのですよ。
しかし無実の証拠の存在を知っていながら裁判で有罪を論告した公判部検こそ裁かれるべきであると思いませんか。?
証拠を故意に弄って『有罪にしようとした』検事も悪質であるが、より以上に無罪の証拠や証言を意識的に隠して『有罪にしようとした』検事こそこの事件の主犯です。
ところが日本には検察・警察に証拠の全面開示の義務は無いのですからこの悪質検事は決して裁かれるlことはない。正義は検察・警察の匙加減一つで如何にでもなるのですから恐ろしいですね。
日本では検察官に『神』に匹敵する権限を与えているのです。
2010/10/26(火) 08:39:39 | URL | 宗純 #dvGEY5u2[ 編集]
戦前に人権尊重、認識を新たに
こんにちわ

今日は猫たちが載ってるかな?と楽しみにしています。仲むつまじい猫姉妹には癒されます。

驚くことに「戦前の日本」――大正時代には人権尊重の観点から、検察が作った調書をそのまま裁判で証拠に採用することはなかったというのだ。

これは知りませんでした。ビックリです。
帝国憲法も現憲法31条デュー・プロセスとほとんど同じ内容の条文があり、むしろ戦前のほうがそれが機能していたことになり意外です。なんだか特高のイメージが強すぎて誤った認識になっていました。

「第三者というだけで証言が信用できるとは限らない」という屁理屈が平然とまかり通ってる高松高裁(高知白バイ事件では隠されてる最重要証拠が2つ http://bit.ly/a58oQS )、ほか村木さん事件など謀略事件。そのほか冤罪事件が絶えないですが、どの事例も元凶が上のお方のコメントにあるように「最良証拠主義」、すなわち検察が隠すことだと私も考えています。

それを念頭にいれて刑訴法改正し、証拠開示をやろうとしていた小鳩政権が潰され、前途多難です。が、それに負けじと小沢氏を復権させようと吠えているところです。

長々とスイマセンでした。
2010/10/27(水) 06:47:58 | URL | hal #kI/0fU9Q[ 編集]
Re: 最良証拠制
宗純さま


的確なご指摘をありがとうございます。
とにかく「日本では検察官に『神』に匹敵する権限を与えている」
ということが諸悪の根源なのですね。
ここをまず質していくべきでしょうね。

2010/11/19(金) 22:53:18 | URL | ロキ #-[ 編集]
Re: 戦前に人権尊重、認識を新たに
halさま

お久しぶりです。
1ヶ月近くご返事が滞ってごめんなさい<(_ _)>

> 今日は猫たちが載ってるかな?と楽しみにしています。仲むつまじい猫姉妹には癒されます。

どうもありがとうございます(=^・^=)
何はなくとも猫の話題だけはアップしていきたいと思っています。

歴史もそうですが、一般的な常識というか、思い込みにとらわれていると
思わぬところで足もとの穴に落っこちることが少なくないですね。

ようやくコメントも返せるようになりましたので
どうかこれからも、懲りずによろしくご訪問くださいね。
2010/11/19(金) 23:00:02 | URL | ロキ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 「冤罪を語る高知集会」は,思いがけず?大きな集会となった.日本の警察や検察が権力を振り回している実情や,その手口が,具体的にいろいろと紹介された.  取り調べ過程の「透明化」の必要性が強調された.必要性については,その通りだと私も思う.しかし,そもそ...
2010/10/26(火) 13:52:17 | ブログ「浦戸湾」
マンタさんは相変わらず不機嫌なきょうこの頃のヤップの海ですが、ミル・チャネルの浅場で、ニセクラカオスズメダイとテングカワハギが、なにやら熱心にお話をしておりました。 ニセ:ねえねえ、ヤップはもうすぐ4年に1度の州知事・州議会議員選挙だよね。それなのに、今...
2010/10/27(水) 14:45:13 | ミクロネシアの小さな島・ヤップより
現在の日本共産党組織の問題点を簡潔に言うと党規約にある『民主集中制』の問題に集約されるのではないでしょうか。? 何故現在の日本共産党は民主集中制にこだわるのか。? なぜ民主主義だけではいけないのか。? 日本共産党機関紙赤旗では、『集団的に検討、その決定に?...
2010/10/30(土) 09:39:25 | 逝きし世の面影
 前3回に引き続き,You Tube のとある画像にあった日本語字幕の紹介です.画像は「Zone Interdite」というフランスのテレビ番組(写真)ですが,映像の登場人物がしゃべるフランス語と,この日本語字幕とは全く関係がありません.あくまで字幕のほうの紹介ですので,誤解...
2010/11/02(火) 03:18:41 | ブログ「浦戸湾」