FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 犯罪は増えているのか?
2006年06月07日 (水) | 編集 |
■毎朝毎晩、殺人だの死体遺棄だのの犯罪ニュースのシャワーを浴び続けていると、いい加減気分が沈んでくる。なんだか日本中が凶悪犯罪まみれのようではないか。日本人は一体どうしてしまったのだろうか。
ワイドショーのコメンテーターは言う。「昨今は少年による犯罪が増加している」「地域のコミュニティーが崩壊したせいだ。地域ぐるみで犯罪を防止していかなければならない」

■というわけで、「平成17年版犯罪白書」などのぞいてみた。いずれも概略を記す。

窃盗を除く一般刑法犯…殺人は、平成16年(以下同じ)は1,419件(前年比2.3%減)。強盗は、7,295件(前年比4.8%減)。強姦及び強制わいせつは、それぞれ,2,176件(前年比12.0%減)、9,184件(同8.4%減)。

詐欺の場合は、振り込め詐欺の急増があって、8万3,015件(前年比37.7%増)と昭和35年以降で最多を記録。
窃盗は15年以降減少に転じ、16年は98万1,574件(前年比11.4%減)だった。

   ふ~ん。予想に反してみんな減ってるけど。
   では諸外国と比較すると多いのかな?

諸外国の犯罪動向との対比…フランス、ドイツ、イギリス、アメリカと日本の主要な犯罪の動向を対比したところ、日本の犯罪の認知件数と発生率は他の4ヵ国を大きく下回っている。
殺人についても日本が最も少ない。

    おい(`へ´)


■この件に関しても、いかにマスコミの作り出した論調とかムードにわれわれが簡単に取り込まれているか一目瞭然である。
テレビの力はこわいね~。
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
そう、そうなんですよ?!
「少年犯罪の凶悪化」も「治安の悪化」・・・・全部ウソなんです。

それなりに、まとまった論考を書く準備は出来ているのですが、ていねいに書かないと、誤解を招いてしまうもので・・・。犯罪統計を捏造したり、「環境犯罪学」なるものを提唱したり、権力の太鼓持ち「学者」が暗躍しているもので、マスコミもすっかり、それにのってしまっているんですよ。

治安が悪化していると、人びとに思いこまされる装置・・・それがマズコミ・・・。本当に治安が悪化しているのではなく、「体感治安」を煽っているというのが、どうも真相みたいです。

斎藤貴男さんとは、知り合いなもので、さっそく岩波新書「安心のファシズム」の続編である「ルポ 改憲潮流」を読みました。彼はものすごいことを言っているわけではなく、ジャーナリストが本来果たすべき役割を怠っているがゆえに、彼のような論調が大変に「貴重である」というメディア状況の方が、ホント深刻なんですよ。
2006/06/08(木) 03:37:19 | URL | 谷口硝子 #-[ 編集]
谷口硝子 さま

コメントをありがとうございます。
少年犯罪が減少していることも書こうと思いつつ、書き漏らしてました。バカですね~(^^;;
「環境犯罪学」「体感治安」
マスコミを先導しているこうした御用学者の存在も暴いていく必要がありますね。

それにしても斎藤氏とお知り合いとは!
現在活躍中のジャーナリストの中でも、斎藤氏はピカイチだと私は思っています。『安心のファシズム』も持ってますよ。
たびたび斎藤氏の文章を引用して申し訳ないんですが…。

地道に現実に切り込んでいく姿勢の大切さを斎藤氏の著作から学んでいます。同時に、谷口硝子さまの論考の完成も心待ちにしています。
2006/06/08(木) 10:05:18 | URL | 管理人 #-[ 編集]
少年の凶悪犯罪は本当に増えているのか
初めまして。
NetSurfinをしながら、たどり着きました。
「少年犯罪の凶悪化」「治安の悪化」いずれも作られたものだなんて、全くいやなご時世になったものです。
「少年の凶悪犯罪」については、こんなサイトもあります。
http://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson2.html
まさに統計のトリックですね。
これは意図的なものとしか考えられない。
いつの世も、体制側は国民を縛って、扱いやすいようにと画策しているのでしょうね。
人類家畜化計画ですね・・・
猫はだまされないのかな。
2006/06/23(金) 22:46:24 | URL | pappert #7SMSw2C6[ 編集]
papperさま

素晴らしいサイトを教えていただきありがとうございます。
ずばりトリックだということがわかりますね。
猫は家畜化できない個人主義なので
だまそうとした相手を鋭い爪でひっかいて
さっさと逃げちゃうんじゃないでしょうか。
2006/06/24(土) 17:26:34 | URL | 管理人 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/14(日) 16:31:31 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック