FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 やっぱり日本のサーカシビリだった前原外相
2010年09月26日 (日) | 編集 |







■19日のブログで菅改造内閣の目玉は前原外相であり、彼は日本のサーカシビリ
(サーカシビリはグルジアの大統領)だと書いたばかりだが、米国+イスラエルの
威を借りて(そそのかされて)、勇ましくロシア軍に先制攻撃をかけグルジア戦争を
起こしたはいいが、たった5日で敗北し頼みの米国からもそっぽを向かれてしまった
サーカシビリと同じく、みごとに米中にしてやられて大恥かいたのが、この誠司さん^_^;

ま、本人は米国の意のままに動いたぼくちゃんは優秀なエージェント。
よくやったと褒められちゃったから、次はいよいよポスト菅だな…などと勘違いで
ニンマリしているかもしれないけど。


■誠司君が日本のサーカシビリなら、今回の尖閣諸島沖の衝突事件とその顛末も
グルジア戦争と似ている部分が多分にある。
あの2008年8月の、ちょうど北京オリンピックの開会式のさなかに、グルジア戦争
勃発の報告が開会式で手を振るロシアのプーチン首相にもたらされた。
プーさまはあわてずさわがず(たぶん(^^;)現地へ飛んで自ら陣頭指揮をしながら、最初は
優勢だったグルジア軍を撃退し、フランスのサルコジ大統領の仲介で六項目合意のもと
「五日間戦争」に勝利したのだった。


■ロシア軍が戦地に入るには険しいコーカサス山脈を貫くトンネル(ロキ・トンネルという。
ほんとよ=^_^=)を使うしかなく、兵器も旧式で、戦闘機もグルジア軍に撃墜された。
それでも勝利できた理由が、大野正美・著『グルジア戦争とは何だったのか』に記されている。
とても興味深い指摘なので、その部分を以下に転記する。


    

 しかし、地理的に有利な条件や、開戦当初の圧倒的な兵力の優位を活かすことなくグルジア軍は壊滅的な敗北を喫した。英BBC放送によると、その原因について2008年12月までに米軍の将校と、グルジアの軍事専門家の2つのグループが調査をし、驚くほど似た結論を出した。
 それによると、グルジア軍参謀本部の指導部は正確な情報交換システムの不在により、極限的な状況のなかで決定を下すことも、予備兵力を効果的に利用することもできなかった。グルジアの国防予算は2004年の1億1000万ドルが2008年には9億ドル以上にまで増えたものの、防空システムは1990年代初めのアブハジア紛争当時と同様に4セットしかなく、うち2セットが稼動できる状態になかった。ロシアがグルジアのあらゆる戦略的目標を空軍の攻撃で破壊しようとすることは、戦争前から十分に予想できたのに、グルジア軍の上層部が備えを怠っていたのは明らかだという。
 また、南オセチアで戦争が始まれば、ロシア軍部隊が応援の兵力や兵器を送り込んでくるロキ・トンネルの方向に攻撃を集中するのが当然だったのに、グルジア軍の中心部隊は侵攻したツヒンバリでの陣地構築などの防衛的行動に終始し、ツヒンバリ以外に展開した約2000人の部隊も、森林地帯や集落で南オセチア側の民兵らを掃討することに力を注ぎ過ぎてしまった。
 さらに、米国からの指導を受けて2004年から軍要員の試験選抜制度を導入したことで、1990年代初めの南オセチアやアブハジアとの軍事紛争に参加した経験を持つ古参の要員たちの多くが軍を離れてしまった。その結果、軍の上層部には若くて経験の浅い人々が、専門的な能力よりは人間的なコネで進出するようになった。すでに長期にわたってグルジアとロシアの間には、戦争へとつながりかねない緊張状態が続いていたのに、軍は敵から侵略を受けた場合に備えた軍事行動の統一的な国家計画すらつくっていなかったという。

    



■まったく耳が痛いというか、ことに赤字で強調したところなど、菅政権の弱点そのもので
笑ってしまうくらいだ。あまりに似すぎて怖い。
ようするに海千山千の中国やロシア、そして米国の指導者たちと対等に渡り合うためには、
頭でっかちで経験の浅いサーカシビリもどきの若造には無理だってことなのだ。
グルジアの経験を他山の石として今後の外交戦略に活かしていかなければ、さらに国益を
損なう事態に直面することになるだろう。





スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
弱点
『小沢抜きの民主党』と言う存在自体が<弱点>なのでは??
上記の全てを包含して居りまするゆえ。
2010/09/27(月) 01:16:33 | URL | 時々パリ(小言コウ兵衛) #-[ 編集]
はいはい、こんばんは!?
岩下様のブログに投稿していた方の意見で、
かって「民主党は政権能力が無いから自民と大連立を組むのだ」と小沢さんが言ったことに怒りまくったものだが、今はその慧眼を認めざるを得ない・・・・とかいてあったね。

あったり前だのクラ・・・・・・・。
2010/09/27(月) 02:39:54 | URL | kappa #.zfh79b6[ 編集]
尖閣諸島沖での漁船衝突事件に絡めて中国は旧日本軍が遺棄した化学兵器処理施設の新規建設の所要で訪中しているフジタの社員4名を逮捕しました。

しかし、このODAによる処理問題は麻生内閣により終結しています。


>祝『日中遺棄化学兵器処理問題終結』 (水間政憲)
2009-01-24 14:20:15

>最大60兆円の血税が、中国に毟り取られる可能性のあった
遺棄化学兵器問題が実質終結した。

>産経新聞が平成21年1月23日報道した
「遺棄化学兵器処理『ハルバ嶺』凍結」と、平成20年1月号『正論』に
掲載された私の論文「利権のカラクリをすべて暴露する」を読んで頂ければ
すべて理解して頂けることでしょう。http://blogs.yahoo.co.jp/nisekoannnuburi/15377162.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nisekoannnuburi/15377162.html

経営不振を報道されているフジタの社員は何の目的で訪中していたのでしょうか。
http://www.nikkeibp.co.jp/archives/170/170912.html


麻生氏が終結させていた遺棄化学兵器問題を鳩山・小沢は闇交渉で復活させていたのでしょうか。

「ヤクザの中共」が支配する中国の手口はキックバック・恐喝・ハニートラップ・・・と手段を選ばないので厄介です。

2010/09/27(月) 13:38:37 | URL | アニャプー #-[ 編集]
ハイハイ今晩は~
この時期、家業がお忙しそうでなによりです。


何故「温家宝」があれほど怒ったか?

事件後、鳩山は

「おかしいなぁ・・・、中国首脳とは(温家宝)ホットラインを作ってあるから現政権にも引き継いだのになぁ・・・?」

と語って、何故それが機能しなかったかを訝っていましたね。

確かに僅か3ヶ月ではあるが岡田外務大臣と温家宝さんは良好な関係だったらしい。ホットラインはこの二人にはあったという。

今回の事件はある時期に、温家宝が(中国首脳としては珍しく)キレテ、世界中が注視している中で「日本許すマジ!!」と報復行為をほのめかしてから、あっという間に最悪の方向に行ってしまった。その裏には、中国軍部の不満を抑えながら苦労する中国首脳部の悩みもあるわけで、温家宝はホットラインで岡田に注意をしたかったが、その電話に岡田が出なかったという。(ドイツに外遊中で、その電話がつながらなかった・・・それがドジだというんだよ、まったくさ)

これに温家宝は怒ったと言われています。ここから一挙に中国の報復行為が表面化してきた???

何故、外務官僚は動かなかったか?

これには、今回の中国大使に民間の「丹羽さん」が選ばれたことで、外務省内部の中国通たちがしらけてしまった・・・という一面を語っています。超エリート官僚たちの最終目標は、大使。まして「米国」「ロシア」「イギリス」「中国」「フランス」「ドイツ」大使・・・・は理想の到達点。それがさ、急に横から民間人採用では官僚ヤッテいられませ~ん!!ということか??勿論、まったくチャイナチャンネルが無いわけではないが、品質の劣化???も確かにあるそうです。そのうえ、今回の外務大臣があのマエハラチャンだもの・・・。

何故ビデオを公開しないか?

これを見た人たちから聞いた話では・当てられたとも言えるし、高速で併走しながら、領海から逃走する前に日本の警戒船が急旋回して中国船の進路を塞いだために中国船が進路妨害されてやむなく当たってしまった・・・というふうに見れば、そうとも取れるらしい。

当たったのか、どうか?といえば鮮明に映っているが、解釈はどうにでも取れるというのだ。

ようやく、少しだけ沈静化の兆しがある中で、敢えてこのビデオを国際社会に出して中国をこれ以上刺激したくないという思惑なのか??
まぁ、あのマエハラチャンが「明確な証拠がある!」と語ったこのビデオだから、世界に公開しなければ、反対に笑われちゃう可能性もあるわけで・・・・「言葉が軽い男」が権力持つとこういうことになるんですね。ビデオの存在はあるのかないのか・・・曖昧にしながら意味深に、腹の座ったコメントを出してくれれば、もう少し違った展開もあったかもね。直情型で、腹芸ができないというか子供っぽさがアメリカさんには受けるのか?偽メール事件そっくりなんですよ。だからハラハラするんですよね。

以上、世間の評判がいいのか悪いのか解らない「二木 啓孝」さんのお話の聞きかじりでした~。

↑・・なんか、遠い昔の忘れていた方の名前が出てきましたネェ~。
>麻生氏が終結させていた遺棄化学兵器問題を鳩山・小沢は闇交渉で復活させていたのでしょうか。
>「ヤクザの中共」が支配する中国の手口はキックバック・恐喝・ハニートラップ・・・と手段を選ばないので>厄介です。

何十年と問題を先送りしてきたツケは、累積1000兆円になろうとする国債ばかりではありません。どこかの党の時代に竹島は実質韓国に支配され、曖昧なままに放置されてきた尖閣がこのような話。もちろん今は国難のときであって、現在のバカ政府を責めるのも、過去のオオバカ政府を責めるのもオオバカ国民ではあっても慎むときかもしれないですね。

しかし・・・いまどき、アホーいや違った麻生礼賛とは・・・時計を戻すとしても、そりゃ、いろいろな意見はあって当然だけれども....実にユニークですネェ?

>「ヤクザの中共」が支配する中国の手口はキックバック・恐>喝・ハニートラップ・・・と手段を選ばないの>で厄介です。
「ヤクザの中共」だけじゃないですよ。すべて外交とはこんなもんでしょ?アメリカちゃんは恐喝も使う。中国も恐喝し始めましたがね。
困ったモンですよ。
日米貿易摩擦で日本製品を叩き壊したアメリカと、同じ恐喝のニーハオちゃん。アメリカの怒りには戦闘機100機くらい買えば何とか収まるが、ニーハオちゃんは何をお望み?

それにしてもさ、国難のときに、まだ言うかネェ?
小沢は嫌い!

何の意味があるのかネェ???
2010/09/30(木) 04:30:52 | URL | kappa #.zfh79b6[ 編集]
Re: 弱点
時々パリさま

いつもありがとうございます。
パソコンの不調のためご返事が遅くなってごめんなさい<(_ _)>

> 『小沢抜きの民主党』と言う存在自体が<弱点>なのでは??
> 上記の全てを包含して居りまするゆえ。

まったく当初から懸念されたことが、こんなに早くも現実となって
しまいましたね。
精神的にもアメリカナイズされたサーカシビリ大統領が少々狂気じみている
ように、前原氏も精神的に硬直化しているところが怖いですね。
これに原理主義のさらなる硬直人間・岡田氏が加わってことを起こしているわけで
その分、臨機応変で経験を積んだ小沢氏の力が必要になってきていると思います。

2010/09/30(木) 22:21:53 | URL | ロキ #.7BbZ8jQ[ 編集]
Re: タイトルなし
kappaさま

ようやく小沢さんの心を理解するようになった人が増えてきてますね。

> かって「民主党は政権能力が無いから自民と大連立を組むのだ」と
小沢さんが言ったことに怒りまくったものだが、今はその慧眼を認めざるを得ない
・・・・とかいてあったね。

私も当時、まったくその通りだと納得したんですが(^^;
ずいぶん遠回りをしてしまいましたね。

2010/09/30(木) 22:24:55 | URL | ロキ #.7BbZ8jQ[ 編集]
Re: タイトルなし
情報ありがとうございます。

処理が終結していたとは知りませんでした。
以前、まだ長い年月がかかるとテレビでも報じていましたので。
もし終結していたとしたら、なぜそこへ行ったのでしょうね。
2010/09/30(木) 22:28:45 | URL | ロキ #.7BbZ8jQ[ 編集]
Re: タイトルなし
kappa さま

いつもいつもありがとうございます(=^・^=)
途中忙しかったこともありますが、古いパソコンの重くてのろい操作に
疲れ果て、更新も返事もままならない状態に陥ってました(ーー;)
いやあ、消耗した。はあはあ。
やっと本日修理から戻ってきて一息ついたところです。

予想通り前原の兄さんがヘタ撃ちましたねえ。
しかしここまで無能とは…。他のメンバーも。

結局一番得をしたのはアメリカだったわけで。
だから最初からアメリカの罠だって書いておいたでしょ。
韓国の哨戒艦事件の日本版。
だけど国民の意識も外交も、韓国より日本の方が劣っていることが
今回の事件で世界中に知れ渡ってしまいましたね。

私が前々から望んでいたことは、外交に強い日本になることでした。
しかし、前途は暗いですねえ。

2010/09/30(木) 22:47:39 | URL | ロキ #.7BbZ8jQ[ 編集]
ボクちゃんの薄笑い…。
キモッ!!

2010/10/01(金) 02:28:33 | URL | takagi #-[ 編集]
翼賛状態の日本
この問題でマスコミはまたく同じ主張ですし、色々有る筈のブログ記事までが、ほとんどが同一歩調なのですよ。
此処まで一緒だと恐怖を感じますね。
其の点このブログ記事は視点が他とは全く違っており、真底ほっとしております。
貴ブログですが、韓国哨戒艦天安沈没事件での多くの人々が韓国軍発表を正しいとした前提でのマスコミ報道やブログ記事に対して、数少ないまともな客観的な姿勢の記事を読んで以来注目しているのですが、今回は他所のブログは天安沈没以上に愛国心バリバリの記事ばかりで客観的な多極的な観点からの記事はもっと少ないのですよ。
護憲左派系、共産党系でも矢張り極少ないのですから溜め息が出ますが、その意味でもこの記事は貴重です。

外交とは相互主義なのだとの視点が欠如しているのですよ。領海だから拿捕は当然など海の現状をまったく分かっていないのです。
韓国やロシアとの領土紛争地での危険な拿捕に日本は今まで厳重に抗議していたのですが、これからは非難出来なくなるのですよ。
我が家は元々は漁師筋で祖父の代まで代々続く網元だったので親戚には今でも船乗りとか漁師がいるので、今度の騒動は他人ごとだとは到底思えないのですよ。
しばらく顔を見ていない従兄弟が『いや~あ。ロスケに捕まってしまって』なんてこともありましたが、今まで強制拿捕を行っていない海保の巡視船は問題が有り過ぎで、前回は2年前のあの阿呆な標語『美しい国』の安晋慎三の時でこのときは相手の船が沈没しています。
強制接舷にはロシアや韓国のように小さな船しか基本的に使ってはいけないのですよ。
大きさが違うと潜水艦なだしおと衝突した富士山丸やイージス艦あたがごと衝突した清徳丸のように沈没して大勢が死ぬのですよ。そんな事も知らずに拿捕を命じた前原は大馬鹿です。
2010/10/01(金) 11:20:13 | URL | 宗純 #bYNys3XA[ 編集]
Re: ボクちゃんの薄笑い…。
> キモッ!!

ちょっと自己チューの度合いが高いですよね。
異様に顔面の汗も多いし。多汗症?
2010/10/01(金) 19:24:41 | URL | ロキ #.7BbZ8jQ[ 編集]
Re: 翼賛状態の日本
宗純さま


ご丁寧なコメントをありがとうございます<(_ _)>

> 其の点このブログ記事は視点が他とは全く違っており、真底ほっとしております。

過分な評価をいただき、ほんとに恐縮です。
宗純さまのおっしゃるとおり、目の前の事象にばかりとらわれることなく
常に世界の中に日本を位置づけて、賢明な政治を行ってほしいと思います。
勇ましいことを言うのは簡単でかっこいいものですが、それによって一番
苦労するのは、私たち現場の一般国民ですから。

これからもどうかよろしくお願いします。

2010/10/01(金) 19:32:56 | URL | ロキ #.7BbZ8jQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
尖閣諸島で中国の漁船と海上保安庁の巡視船が衝突した事件で中国外務省は25日、日本が検察庁が起訴保留で釈放された中国漁船の船長を逮捕、拘留したことについて、尖閣諸島は中国の固有の領土で、日本がいかなる司法手続きを取ることも違法で無効で、中国の主権を侵した...
2010/09/27(月) 09:38:33 | 逝きし世の面影
だれか教えてくれないか。ほんとのことを。今回アメリカ行けなかったので全て伝聞だが、前原誠司とクリントンとの会談で明らかなことは「尖閣は安保条約の範囲内」といったのは前原の間接話法であって、クリントン自らはおろか国務省筋からもそういう内容の言質はとれては...
2010/09/27(月) 16:39:41 | 岩下俊三のブログ
ポール・クレイグ・ロバーツ 2010年9月25日 Information Clearing House 9月24日、ジェイソン・ディッツは、Antiwar.comで、“今朝、FBIは‘テロ活動への物的支援にまつわる活動に関する証拠を探している’と主張し、イリノイ州、ミネアポリス州、ミシガン州とノースカロ?...
2010/09/27(月) 21:11:32 | マスコミに載らない海外記事
第一列島線と、第二列島線に関しての「時事ドットコム」記事 http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_int_america-chinaanpo20100817j-01-w360 この線引きは、中国海軍が太平洋に飛び出したいという、まず制海権を握りたいところ。東南アジア諸国とアメリカの連携もあり、中国海軍は
2010/09/28(火) 18:19:23 | f-kafkappaの日記
呆れてあいた口がふさがらない・・・ 日本国民と中国国民・・国中で相手国の非を責めて盛り上がる??中・・・今日のラジオで*「ふたつきひろたか」さんが裏話を語っていました。 *二木 啓孝(ふたつき ひろたか、1949年11月29日 - )は、日本のジャーナリスト、日本BS放
2010/09/30(木) 03:36:42 | f-kafkappaの日記
『日本のサーカシビリ、ネオコンの前原』 今度の尖閣での騒動ですが、マスコミの報道は近視眼的で歴史も現実もまったく考慮した形跡がありません。 前回の同じような衝突騒動を起こしたのは、救いがたい阿呆な標語『美しい国』の極右安倍晋三が主導して『強い日本』を印?...
2010/09/30(木) 10:13:20 | 逝きし世の面影
まずさ、マスコミは緊急世論調査をやれっていうのよ!! 日本もレンホーちゃんあたりにやらせれば??? 「仙石の一番のお気に入り。もう仙石ぞっこんの世間知らずの鼻っ柱の強い」レンホーちゃんなら、写真写りだけは負けないかもネェ??? そうそう、、検察とグルになって何かを
2010/09/30(木) 17:35:18 | f-kafkappaの日記