FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 バンクーバー・パラリンピックが閉幕
2010年03月22日 (月) | 編集 |



競技が終了し、閉会式で笑顔を見せるパラリンピックの日本選手団。
日本は今大会、前回トリノ大会より2個多いメダル11個(金3、銀3、銅5)を獲得。
メダル総数では国別で6位となった(21日、ウィスラー) 【時事通信社】




■オリンピックに比べて格段に放送量が少ないパラリンピックだが
その迫力ある試合内容に魅了された。
今回は日本の獲得メダル数がついに2桁になった。
素晴らしい成績だ。


■しかしその一方で、他国に比べて強化費用が少ないなどの課題も抱えている。
中でも最も問題なのが管轄省庁の違いである。
オリンピックは文部科学省が管轄し、パラリンピックの場合は厚生労働省だ。
幼稚園(文部科学省管轄)と保育園(厚生労働省管轄)の関係とよく似ている。
障害者スポーツはあくまでリハビリや福祉ととらえられているわけだ。
この違いによって、パラリンピックの選手は文科省の施設を使うことができない。


■このように万事において分断され、弱者が差別を受けているのが日本の現状だ。
政権交代を契機に、スポーツの分野での健常者と障害者の統合を実現し、社会に
おけるあらゆる差別撤廃に向けて手を差し伸べていってほしい。




スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック