FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 原口総務大臣「報道の5原則」
2010年01月30日 (土) | 編集 |



我が家の「どすこい」猫 その2
ハナでごわす
寒い日はエアコンの上が一番。
手前のお尻としっぽは、犬のダイ。
デブ猫デブ猫って言われるけどさ、こう見えても意外と身軽なのよ。
猫界のサモ・ハン・キンポーとは何を隠そう、私のこと。
腹筋だってすごいんだから。
ま、すぐヘタレちゃうけどね(-o-;





■昨日は鳩山首相が施政方針演説の中で引用した、ガンジーの「7つの社会的罪」に
ついて言及したが、今回は原口大臣がtwitterで書いている「報道の5原則」について。
これは海外メディアでは当たり前のことだけど、未だ国際スタンダードに達していない
日本の記者クラブメディアにも、ぜひとも取り入れてほしいものだ。


   報道の5原則

原則1「推定無罪の原則」…(最初から有罪であるよう印象づける報道はしないこと)
原則2「公正な報道」…… (検察の発表だけをたれ流すのでなく巻き込まれた人や
                 弁護人の考えを平等に報道すること)
原則3「人権を配慮した報道」…(他の先進国並みに捜査権の乱用を防ぐため、検察・
                 警察の逮捕権、家宅捜索権の行使には、正当な理由が
                 あるかを取材、報道すること)
原則4「真実の報道」……(自主取材は自主取材として、検察・警察の情報は、あくまでも
                 検察・警察の情報である旨を明記すること)
原則5「客観報道」…… (問題の歴史的経緯・背景、問題の全体構図、相関関係、別の視点
                 などをきちんと報道すること)




■さて夜中過ぎに「朝まで生テレビ」で小沢問題についてやっていたので、ほんのチラリと
一部分だけ見たが、元産経新聞記者の山際澄夫氏がまたしても登場して(撹乱のためか、
ピエロの役回りか?)鬱陶しいったらありゃしない。
よくこんな貧弱な知性で新聞記者が務まったものだ。
ただ大声でがなりたてる「人間街宣車」のあだ名を進呈しよう。
「小沢vs国民だ」とかぬかしていたが、正しくは「検察・自民党・メディアvs国民」である。
しかしこの人間街宣車にも増してひどかったのが、共産党の穀田恵二氏である。
小沢氏の金をあくまでゼネコンからの賄賂と決めつけ攻撃の一方。
山際氏から同じ意見だと同志扱いされていたのは、いかにもアイタタ…(*ε*) だった。
共産党は国会でも検察側に立って民主党批判を展開しているが、過去の過酷な弾圧の歴史を
忘れてしまったのか?

あまりにあきれてテレビを消した。

「朝生」は(他の番組でも結構だが)、三井環氏、佐藤優氏、鈴木宗男氏を呼んで、検察と
徹底討論する場を設けてほしい。






スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
●「知事抹殺シリーズ」は十回くらいで終わらせるつもりで始めたのですが、いつのまにか小沢一郎の虚偽記録疑惑騒ぎに巻き込まれて十回を越えてしまいました。話を佐藤栄佐久に絞りたい気持ちはあるのですが、小沢疑惑と佐藤疑惑とには同根の問題があるのでこのまま続けま...
2010/01/31(日) 03:50:58 | 木霊の宿る町
 昨年の12月末に民主党小沢氏の資金管理団体・陸山会が4億円未記載との記事が流れた。自分はその時から違和感を覚えていた。 なぜなら過去に、陸山会の4億円の記載の話を聞いた(見た)という記憶があったからである。確かに見た記憶はあるのだが、何処で見たものな?...
2010/01/31(日) 17:53:11 | 雑感