FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 鳩山内閣誕生から100日
2009年12月25日 (金) | 編集 |

■歴史的な政権交代で鳩山内閣が誕生してから昨日で100日が経った。
いわゆるハネムーンが過ぎたというわけだが、ここにきて鳩山首相の献金問題や
リーダーシップの欠如などが原因で支持率が下がり始めた…らしい。

■そりゃあ、そうだろう。
ハネムーンと言いながら、組閣直後から批判のしほうだい。
毎日毎日ネガティブ・キャンペーンを繰り返せば、ちょうど無実で逮捕された
人間が取調べで「おまえが犯人だろう」と責められ嘘の自白をしてしまうのと
同じ構造で、国民は日々のマスメディアの洗脳で鳩山内閣に失格の烙印を押す
ことになってしまうわけだ。

■しかしながら同時にこの100日で、誰が鳩山内閣を攻撃しているのか
そして党内での獅子身中の虫は誰なのかも次第に明らかになってきた。
「テレビタックル」とか「朝生」をはじめとした一連のテレビ番組で、自民党は
いうまでもないが、民主党の中で誰が多く出演し優遇される立場にあるのか。
いわゆる反鳩山、反小沢そして従米親米の民主党議員たちが、同じ路線の官僚や
メディア、評論家ゴロたちと結託して、政権内部から食い荒らそうと図っている。
いかに戦後の日本を支配してきた米CIAの影が今なお色濃く反映されているのか
戦慄を覚える。
これは日本の真の独立をめぐっての、国を二分した内戦ともいえるのではないだろうか。



スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック