FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 暑中お見舞い申し上げます
2009年08月01日 (土) | 編集 |






■以前このブログでも紹介した藤原肇氏の新刊、『さらば、暴政』が出版された。
私はまだ入手していないが、ぜひとも一読してみたいと思っている。


■総選挙まで1ヶ月を切った。
自公、財界、メディアそして霞ヶ関が一体になって、あらゆる手を駆使しながら
政権交代を阻止しようとあがいている。

私たち国民はそうした目くらましに惑わされないよう、しっかり目を見開き、自分の頭で
ことの本質を見抜きながら、本物の民主政治を手中にするため前進していこう。

今年は冷夏だそうだが、不順な天候を跳ね飛ばすように、熱い志を抱いて
共に未来を切り拓いていこうじゃないか。





スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
[副 題1][歴史の評価] 2009年春/チェコ・プラハの印象(3) [副 題2]「EU懐疑主義」と格闘する欧州/左派離れが喧伝される欧州議会選挙の深層(2) 【画像1】Alfons Maria Mucha(1860-1939)『Evening Contemplation』 1899. Color lithograph.  107.7 x 39 cm 二枚
2009/08/02(日) 13:09:58 | toxandoriaの日記、アートと社会
[副 題0] 2009年春/チェコ・プラハの印象(3) <注記> ・・・この内容は、[竹中式バカの作り方に扇動され偽装マニフェストとTVパフォーマンスに踊る日本、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20090802を改題し(副題と本題を反転させ)たものです。ただ、[プロローグの付
2009/08/05(水) 01:23:15 | toxandoriaの日記、アートと社会