FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 地方分権改革の正体
2009年07月11日 (土) | 編集 |

■テレビの報道番組やワイドショーは相変わらず橋下だの東国原だのの話題で盛り上げ
民主党に関しては鳩山代表の故人・個人献金問題を持ち出して牽制している。
もうまったくワンパターンで、ただうんざりするだけだ。
そんな中、全国知事会が各政党のマニフェストを採点して点数化するとのニュースが流れた。
なにそれ~(゜Д゜)

で、橋下知事がメンバーの知事6人の予備評価点を公表した。
100点満点で、自民45.8点、公明55.7点、民主61.3点だって。
なにそれ~(゜Д゜)
詳しい評価基準があいまいなまま数字だけ出されても、わけがわからん。
そして今月開かれる総会で、どの政党を支持するかも議論するそうだ。

   朝日新聞 7月8日
    http://www.asahi.com/politics/update/0708/TKY200907080324.html
     知事会が与野党マニフェスト採点し公表へ 橋下氏ら表明



■それにしても自民党はおろか民主党までもが全国知事会の言動に振り回されて
いるのは、どう見てもおかしい。
与野党マニフェストに点数をつけるというのなら、ひるがえって全国知事会の提言と
やらの中身はどうなっているのか。「地方分権」のキャッチフレーズだけが飛び交って
内容はよくわからないままだ。


■と憤慨していたら、次のようにようやく提言の内容が明らかにされた。

   毎日新聞 7月8日
     http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090708ddm002010116000c.html

        全国知事会:地方消費税の引き上げ提言

 全国知事会は7日、消費税5%のうち地方に配分される1%分の地方消費税について、景気回復を前提に国に引き上げを求める提言書をまとめた。消費税全体についても「引き上げが不可欠」としている。

 「地方財政の展望と地方消費税特別委員会」(委員長・加戸守行愛媛県知事)で意見集約した。大阪府の橋下徹知事が代理を通じ「国の行革が見えない段階で、国民に負担増のメッセージを発するのは順序が違う」と発言した以外、反対意見はなく、知事会として初めて「引き上げ」を表明した。提言書は、内閣府の試算を基に、地方全体で見込まれる3年後の財源不足を最大13・1兆円と推計。全額を地方消費税で賄う場合、地方消費税5・2%への引き上げが必要とした。【沢田石洋史】



   アメーバニュース 7月8日
     http://news.ameba.jp/weblog/2009/07/41287.html

        東国原知事 自民党に要請した全国知事会の提言を公開

 宮崎県の東国原英夫知事(51)が自身のブログで、自民党のパーティマニフェストに盛り込むように要請した全国知事会の提言の内容を公開している。

 6月23日に自民党の古賀誠選挙対策委員長が東国原知事に衆院選出馬を要請した際に、東国原知事は条件の1つとして全国知事会の地方分権に関する提言を自民党のパーティニフェストとして盛り込むことを挙げていた。

 東国原知事のブログによると主な内容として「4年間で実行する7つの具体策を明記し、地方分権を実現」することと、「新たな国民負担について議論を避けず、地方消費税の充実・引き上げを!」することをマニフェストとして盛り込むことを提案。

 7つの具体策としては

1、義務付け・枠付けの廃止、権限移譲の推進
2、国と地方の税源配分5:5の実現
3、国庫補助負担金の総件数半減
4、地方交付税の復元・増額、地方の共有財源の明確化
5、直轄事業負担金の抜本的改革
6、国の出先機関の廃止・縮小
7、国と地方の協議の場の法制化

を挙げており、地方自治体の安定的な税収を確保し、地方の自治立法権、自治行政権を確立することで地方分権を実現。国と地方の役割などを明確にすることで二重行政の解消を進めることなども具体策として列挙している。






「そのまんま日記」
http://ameblo.jp/higashi-blog/entry-10294435968.html



■な~んだ。
ようするに「国と地方の税源配分を5:5にする」ことと「地方消費税の引き上げ」が
メインってわけで、まさに正体見たりってかんじだ。
これじゃ、全国知事会は改革の外見を装ったミニ自民党ですって明かしているようなものだ。


■こちらの全国知事会のサイトでも確認できる。

    全国知事会  第二期地方分権改革の動向
      http://www.bunken.nga.gr.jp/trend/index.html 

    地方財政確立・分権改革推進に関する決議
      http://www.bunken.nga.gr.jp/data/teigen-roku/roku201125.pdf

    「大胆」で「逃げない」マニフェストを!
      http://www.nga.gr.jp/chijikai_link/haifushiryou090618.pdf

    地方分権改革の推進に関する決議 21年6月3日
      http://www.bunken.nga.gr.jp/data/nikikaikaku/210603.pdf

       1.都市自治体への権限委譲の推進
       2.義務付け・枠付けの廃止・縮小と条例制定権の拡大
       3.国の出先機関の見直し
       4.税財政改革の推進
       5.「(仮)地方行財政会議」の法律による設置
       6.「地方分権改革推進計画」の早期作成と「新分権一括法案(仮称)」の提出等





スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
麻生(国益派) vs 自民党(小泉清和会 親米派)、自民党(親中韓派 古賀 山拓)民主党(親中韓派 小沢鳩山)民主党(親米派 前原)

親米派  自由主義経済 派遣切り ピンハネ 企業買収 株主、経営者、役員を経済的に優遇 安い労働者を受け入れたい(移民)郵政民営化で郵便貯金会社を買収のっとり

親中韓派 友愛民族主義 ネット規制 差別用語で逮捕 地方分権 外国人地方参政権 大量移民 主権移住 日本分断
2009/07/11(土) 17:28:47 | URL | あ #-[ 編集]
ライターと旅館の女将兼業。すごいですね!忙しいのに。
ライターだけあって、文章もスラスラでてくるのですか?
社会におきていることを的確に書き批判しています。

この地方分権改革という美名はそういうことでしたか? 

2009/07/12(日) 17:32:58 | URL | 鈴木 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【参考画像1】「プラハ城」周辺の風景、ア・ラ・カルト 【参考画像2】1618年の第二次・プラハ窓外投擲事件・・・この画像はウイキメディアより (参考画像2の解説/“民主主義”以前の問題・・・対“ホニャララ&カルト”批判力の必要性) フェルディナント2世(Ferdinan
2009/07/18(土) 07:57:16 | toxandoriaの日記、アートと社会