FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 5月の失業率が過去最低に
2009年06月30日 (火) | 編集 |



朝日新聞より




■きょう6月30日で、今年のちょうど半分が過ぎたことになる。
新聞やテレビでは相変わらず麻生内閣の解散時期や東国原知事の野望に焦点が
当てられているが、多くの一般庶民は日々の暮らしに追われてあくせくする毎日だ。
国家公務員には平均57万円のボーナスが支給されたそうで、これでも昨年より
8.9%減だということだが、一般企業はこんな程度ですんでいるわけはなく、月給や
ボーナスの減額、またはボーナスなしで住宅ローンの支払いができなくなって家を
手放すケースも増えている。


■政府は景気は底を打ったとしているが、逆に深刻度は増しているようだ。
年越し派遣村でいったんは住宅を手に入れた人々の多くが未だに職を見つけられず
期限切れで再び路上に追いやられる危機に直面している。
そしてそんな状況を反映している数字が発表された。

    日テレNEWS24 6月30日
      http://www.ntv.co.jp/news/138634.html

        5月の有効求人倍率0.44倍 過去最低に

 厚労省が30日に発表した5月の有効求人倍率は0.44倍で、前月を0.02ポイント下回り、統計を取り始めた1963年以降、最低となった。
 業種別では、製造業での求人が引き続き大幅に減っているのに加え、比較的好調だった医療・福祉や教育の分野でも前年より約2割減った。地域別では、最高が香川県の0.71倍、最低は青森県の0.26倍だった。
 また、今年9月までに職を失う派遣労働者などの非正規労働者は約22万3000人に上ることがわかった。増加のペースは鈍っているが、総務省が30日に発表した完全失業率が5.2%に達するなど、雇用情勢はさらに厳しさを増している。



■日本の失業率は統計対象のトリックで低く抑えられているので、実際にはこんな
程度ではない。もっと大きいはずである。
政治の無策がここまで日本の所得格差と貧困化を増大させたかと思うと、毎日のように
繰り広げられている永田町のバカ騒ぎに深い憤りを感じざるを得ない。
より平等な富の配分が可能になる新しい社会の形態とその実現化の方法を、私自身も
真剣に考えていきたい。



スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
この表題は変じゃないですか。
有効求人倍率は0.44倍で過去最低。
完全失業率は5.2%で過去最高。
じゃないですか?

「5月の失業率が過去最低に」じゃ変でしょ。
最初、表題を見て「ん?」とビックリしました。
2009/07/01(水) 10:22:00 | URL | SOBA #XPXthLJ6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック