FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 日本郵政株主総会 株主は1人、20分で終了の茶番劇
2009年06月29日 (月) | 編集 |



日本郵政の株主総会に臨む西川善文社長(右端)ら。
左手前は株主の財務省担当者=29日午前、東京・霞が関
(共同通信)



■本日29日の午前10時、日本郵政の定時株主総会が開催された。

ん? 株主総会っていうけど、株主っていったい誰?
なんと100%株式を保有している国(政府)が株主なんだな、これが。
西川社長の進退をめぐってすったもんだ騒動が起きたとき
「民間企業の人事に国が口をはさむのはおかしい」とか麻生首相が言ってたけど
唯一の大株主なのに何も言えないなんて変な話だよね。
それに平成17年にはゆうちょ銀行とかんぽ生命が完全民営化される予定だが
国はこのときも3分の1以上の株を保有するつもりなんだって。
なんでこれでも完全民営化なのか、とっても不可解。


■そして上の写真のように、株主1人というおかしな総会の図に。

西川善文社長、高木祥吉副社長の2人、そして7人の社外取締役(牛尾治朗・ウシオ電機
会長、奥田碩・トヨタ自動車相談役、西岡喬・三菱重工業相談役、丹羽宇一郎・伊藤忠商事
会長、奥谷禮子・ザ・アール社長、高橋瞳・青南監査法人代表社員、下河邉和彦・弁護士)の
9人全員の再任と09年3月期決算報告が承認された。

総会にかかった時間は20分。
お手盛りを絵に描いたような茶番劇だ。

巨大利権とどろどろの陰謀劇が渦巻く郵政民営化。
こっちの方も政権交代で、腐りきった膿を徹底して出してもらいたい。




スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック