FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 新型フルー 国内感染アッという間に拡大
2009年05月17日 (日) | 編集 |



5月17日、厚生労働省によると新型インフルエンザに
国内で感染した人の数が21人に拡大。
写真は都内で、マスクをした高校生たち(2009年 ロイター/Toru Hanai)



■定額給付金に始まり高速道路1000円、エコポイント、1年限りの子育て支援金…と
麻生政権の打ち出す施策はことごとくその場の思いつきの不完全、穴だらけ。
新型インフルエンザ対策だって、最初から無理な水際作戦だけに集中して行った結果
みすみす国内に感染者を散らばらせる最悪の事態に至った。
日本の国内感染者急増で、警戒レベルがフェーズ6(パンデミック)に引き上げられるかも
しれないという。
水際作戦で封じ込めていると得意げに語っていた首相や厚労相のあまりに甘い
危機管理意識。いったいどう責任を取ってくれるのか。


   時事通信 5月17日
    http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009051700021
    

  数百人規模に拡大の可能性=新型インフル国内感染-国立感染研・田代氏

 【ジュネーブ16日時事】国立感染症研究所の田代眞人インフルエンザ研究センター長は16日、日本で初めて新型インフルエンザの国内感染が確認されたことについて、「(感染が)確認された数だけで判断すると、数百人くらいまで広がっている(可能性がある)」との見解を示した。インフルエンザに関する会合のため、訪問しているジュネーブの世界保健機関(WHO)本部で、記者団に語った。
 田代氏はまた、今回の日本での感染確認とWHOによる新型インフルエンザの警戒レベル引き上げに関して、「今後の推移によっては、一つの判断材料になる」と指摘。日本で広範囲な感染が確認されれば、WHOによる警戒レベルの引き上げにつながる可能性を示した。同氏は警戒レベルを議論するWHOの緊急委員会にも参加している。
 田代氏はこのほか、これまでところ、感染者の症状が軽い点に言及。重症になるリスクの高い糖尿病などの持病を抱えた人への対応で十分に注意する必要があるものの、「(過度に)心配することはない」との見解を示した。






スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
★ 「豚インフルエンザ」とか「新型インフルエンザ」とか長ったらしい名前を使っていると頭が疲れてくるから斧魔は「豚風邪」と呼ぶ。 風邪とインフルエンザとは別物だというのが通り相場になっているが症状や結果をみたら大した差はない。 1918年から翌年にかけ6?...
2009/05/19(火) 03:39:36 | 木霊の宿る町