FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 また小泉か!
2009年02月13日 (金) | 編集 |

写真は朝日新聞。自民党の郵政民営化推進派議員の会合で、麻生首相の発言を批判する小泉元首相(河合博司撮影)

■ここぞとばかりに潮目潮目を巧みに読んでしゃしゃりでる能力に長けた小泉元首相。弱った獲物をついばみに、旋回しながら機を見て舞い降りるコンドルのようだ。

■麻生首相の郵政民営化発言に業を煮やして、自らが呼びかけた「郵政民営化を堅持し推進する集い」でついに爆弾トークを炸裂させた。
朝日新聞によると、【小泉元首相は12日、郵政民営化見直しを巡る麻生首相発言を「怒るというより笑っちゃうくらい、ただただあきれている」と痛烈に批判した。定額給付金を盛り込んだ第2次補正予算の関連法案も「3分の2を使ってでも成立させなければならないとは思わない」と語った。


■で、待ってました大統領!とばかりに、今朝のワイドショーでは、
この「笑っちゃう」というインパクトあるセリフが繰り返し流れたのだった。
どこぞのコメンテーターも「やっぱり小泉さんはカリスマ性がある」だの、
「国民ももやもやした胸のうちがすっきりしたでしょう」とか、ついさっきまで
構造改革批判をしていた口で、小泉ちょい褒めをしてるのだから、あきれたもんだ


■記者に向かって「うるさい!」とか怒鳴っていた(いったいどこの組?)
森のクマさんだって、また下手な小芝居をしているかもしれないので、重々ご用心。

政界利権に取り込まれた大手メディアと腐臭に群がる政治マフィアやハゲタカたちに
再びだまされないように、われわれ国民はしっかと目を見開いて、かんぽの宿が象徴する
郵政民営化の罠をあばいていかなければならない。




スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 今期限りで引退予定であり、自らの次男坊を4代目として後継者指名した コイズミが稀代の扇動政治家 であって政局感に長けた男であるのは紛れもない事実である。  だがコイズミが竹中と組んで推し進めた「構造改革」の結果はどうなったのか?嘗て「一億総中流社会」と?...
2009/02/13(金) 21:08:28 | ステイメンの雑記帖 
<注記> 当内容は、下の二つの記事▼の姉妹編の位置づけです。併せて、ご参照ください。 ▼2009-02-11付toxandoriaの日記/“郵政改革”でヤヌス化した『麻生KY総理』を照らす「日蘭交流の四世紀、オランダの光、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20090211 ▼2009-02-07付t
2009/02/13(金) 23:19:59 | toxandoriaの日記、アートと社会
小泉元首相が麻生首相を痛烈に批判した、というニュースは、NHKがトップで伝えていたし、各新聞もトップ級の扱いである。 いまだ「人気が高い」とされる小泉元首相の発言は、おおざっぱにいえば郵政民営化に対する首相発言への批判と、定額給付金再可決への慎重姿勢で...
2009/02/15(日) 11:14:32 | 虎哲徒然日記
【画像】『2009.2.15時事放談 』かんぽの宿 1、2(鳩山総務大臣、野中広務) 中川昭一前財務・金融相の“伊G7・飲酒ヘロヘロ記者会見”による辞任騒動で麻生政権は断末魔の様相を呈してきたようです。しかし、このように混迷極めたときこそ、国家の主権者たる我われ一般国民
2009/02/19(木) 23:24:58 | toxandoriaの日記、アートと社会