FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 竹中平蔵ってヤツは!?
2009年02月05日 (木) | 編集 |

■昨夜のTBSテレビ『久米宏のテレビってヤツは!?』を観た。
竹中平蔵がメインゲストで出るからだ。
新聞のテレビ欄には、
「私がそんなに悪いのか…竹中平蔵」 格差社会の元凶?をスタジオ喚問
と記されていた。

私が久米のこの番組を観るのは初めてで、
だから久米と竹中の応酬がどう展開されるのか多少の興味もあった。


■結果は…期待はずれだった
狡猾な竹中に対するのは、純朴な荻原博子(経済ジャーナリスト)と室井佑月(作家)。
肝心な竹中の天敵、亀井静香や森永卓郎(経済評論家)はビデオ出演のみ。
これでは鼻から勝ち目はない。巧妙に仕組まれたテレビの罠だ。
せめて金子勝くらい対抗馬として出さなくちゃ。


■案の定、竹中へ~ちゃんは少しも悪びれた風もなく
テキ屋の口上みたいにペラペラペラと自論・詭弁をまくしたてて、荻原・室井を攻撃。
妖怪の前に置き去りにされた生贄のように、2人は翻弄され、
悔しさともどかしさに歯噛みするばかり。
で久米宏はといえば、薄笑いを浮かべてのらりくらりと身をかわすだけ。
な~にが喚問だよ 観ていて怒りがこみ上げてきた。


■へ~ちゃんのオバサン顔を眺めているうち、
ふいにあの「円天」L&G波会長のオバサン顔が重なった。
似てる
2人は同じ詐欺師顔だったのだ。


■さて番組は結論もあやふやなまま、あっけなく終わった。
久米がゲストに向かって、「皆さんにとってテレビってヤツは?」とかニコニコ聞いていた。
久米宏って、こんなに腰砕け男だったんだ(゜Д゜)


私にとって、テレビってヤツは…

    ずばり 「幻滅」ですね。








自分にとって一番居心地のいい場所を本能的に感知する。
義母の車椅子の上を占拠した、猫のギン。






スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
私も見ましたが・・・
こんにちは。
私はこの番組を何回か見ていますが、この番組の久米さんはMCに徹して出来る限り中立の立場でいようとしているように見受けられます。

例えば郵政選挙の時、報道ステーションの討論企画で司会者の立場でありながら古舘氏が与党擁護、野党攻撃という非常に不公正に番組を進行したことを考えると、ゲストと激しくやり合わない久米さんのあのスタンスはそれはそれでひとつの方法ではないでしょうか。経済の専門家でもないですし。

只、あれでは竹中氏に弁明の機会を与えただけの番組になってしまいましたね。私も思いましたが、室井氏はともかく、荻原氏は情けなかったですね。もう少し竹中氏に対抗出来る人を呼ぶべきだったでしょう。もっとも、テレビ局がわざとそういう人は呼ばなかった可能性もありますね。小泉・竹中改革?とやらを否定することになってしまいますから。
2009/02/06(金) 08:47:23 | URL | ask #-[ 編集]
>せめて金子勝くらい対抗馬として出さなくちゃ

ご存知かもしれませんが、竹中vs金子の直接対決は既にNHKとテレビ朝日で実現しています。
この動画はテレビ朝日。
部分的に、金子氏が竹中の過去の政策を評価・賛同していることで一部話題になりました

http://video.taggy.jp/detail/199130978
2009/02/08(日) 16:26:14 | URL | Gryphon #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ポール・クレイグ・ロバーツ 2009年1月8日、 Information Cle
2009/02/05(木) 20:25:58 | マスコミに載らない海外記事
★ 元旦の夜「NHKスペシャル・激論2009世界はどこへ そして日本は」という番組を見た。 コイズミカイカクの指南をした竹中平蔵やブッシュ戦争を支持させた岡本行夫に罵倒を浴びせながら見た。 詳しく書くだけのスタミナがない。ふたりのお粗末さにあきれて書く気?...
2009/02/09(月) 09:37:07 | 木霊の宿る町