FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スコット・ウォーカーの死を悼む
2019年03月30日 (土) | 編集 |

 大好きなスコットが死んでしまった
ショーケンこと萩原健一も急逝してしまったし、大切な時代の思い出がバブルのように
次々と弾けていくような、そんな淋しい思いにかられてしまう。







 rockinon.com 3月26日
   https://rockinon.com/news/detail/184998

          スコット・ウォーカーが逝去。享年76歳

元ウォーカー・ブラザーズのスコット・ウォーカーが、76歳で亡くなったことがわかった。

「The Guardian」によると、スコットのレーベルである4ADが訃報を発表したという。なお、死因は明らかになっていないそうだ。

1960年代からスコットが参加していたバンド、ザ・ウォーカー・ブラザーズはカリフォルニアで結成され、1965年にはマーキュリー・レコードと契約を締結。その後、イギリスへ移住しフランキー・ヴァリの“太陽はもう輝かない (The Sun Aint Gonna Shine Anymore)”やジェリー・バトラーの“Make It Easy On Yourself”など、カバー曲で自身の大ヒット作品を生み出している。一時期は、ファン・クラブの会員数がザ・ビートルズを上回るほどだったとのこと。

バンドが商業的に成功を収めると、スコットはバンドを辞め、多くのアーティストに影響を与えることとなるソロ・アルバム『Scott 1』、『Scott 2』、『Scott 3』、『Scott 4』をリリース。その後、1995年には『Tilt』、2006年には『The Drift』をリリースし、それまでの自身の音楽ジャンルの幅を広げるような作品も残している。




 ミステリアスで麗しく、気難しいスコット。張りがあり、艶やかで豊かな声量は
他のヴォーカリストたちを圧倒していた。
巨大と言えるくらい大きなスコットのポスターを、小学生の私は自分の部屋の壁に
貼って、日夜、彼の顔を眺めていた。

小学校から中学にかけて、私は3人の男たちに魅了されていた。
一人目が、このスコット・ウォーカー。
二人目が、マンガの『サイボーグ009』の島村ジョー。
そして三人目が、テレビシリーズ『0011 ナポレオン・ソロ』のイリヤ・クリヤキンだ。
イリヤを演じていたデヴィッド・マッカラムの写真が載った週刊誌を学校に持って行って
先生に怒られたこともあった
マッカラムは現在、『NCIS ネイビー犯罪捜査班』の検視医ダッキーとしても有名だ。
ソロとイリヤが所属する国際情報機関アンクル(U.N.C.L.E.)は犯罪組織「スラッシュ」
と闘うんだが、これが009における「ブラックゴースト」と類似していて面白い。
また009のギルモア博士は、ナポソロのウェーバリーに当たる。
今でもこの頃の延長で、スパイやロボット、忍者ものにそそられる私である。





島村ジョー






イリヤ・クリヤキン






スポンサーサイト