激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 ダボス会議に登場した「駄ボス」と「悪魔」
2018年02月04日 (日) | 編集 |

 今年の世界経済フォーラム年次総会、いわゆる「ダボス会議」に、この会議の
趣旨とは真逆の「反グローバリズム」を掲げるトランプ大統領が参加して話題に
なった。反対に日本は安倍首相はじめ閣僚が欠席したが、悲しいことにそれは話題
にすらならなかった

以下の写真は、1月28日のTBS「サンデーモーニング」より。
写りが鮮明でない点は、ごめんなさい。
PCもデジカメも人間も、ポンコツ化が加速してるでござるヨ。






はーい、よう来なさったな。
うむ、来てやったゾ。





保護主義は世界の問題の解決にならない。
EUの大黒柱・ドイツのメルケル首相。





グローバル化は危機に直面している。
グローバリズムの申し子
フランスのマクロン大統領。





出た\(◎o◎)/!
人間界を牛耳ってる悪魔の一人
ジョージ・ソロス。
ヒラリー、ネオコン軍産、シオニストといった
戦争屋・金融資本家陣営の人。
いくつもの国を破滅させ、あまたの人々を
不幸に陥れてきた悪魔だが
その背後にはさらなる悪の大王がいる。





ソロスの鼻に鼻パッチンして
鼻血ブーにしてやりたい。






スポンサーサイト