激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 沖縄・名護市長選 安倍政権の謀略の前に稲嶺氏の3選は潰えた
2018年02月05日 (月) | 編集 |

 昨日4日、沖縄・名護市長選が投開票され、安倍政権の推す渡具知武豊氏
が、辺野古移設に反対する稲嶺進氏の3選を阻んで初当選した。

ところがこんなに重大な選挙だというのに、テレビ(地上波)はといえば、去年に引き
続いて、「相撲」「相撲」「北朝鮮」……「相撲」「北朝鮮」「相撲」「相撲」の話題ばかり。
今朝のニュースショーなど、選挙は選挙でも、相撲の理事選挙の特集で、さすがに
呆れ果ててしまった。官邸が番組内容にまで口出しして情報統制しているのだろうが
(北朝鮮かっ)、名護市長選でも相撲の理事長選同様かなりの締めつけがあって、
ことに公明党本部の力で移設反対の現地の公明党員をねじ伏せた結果が、推進派の
勝利に結びついたという。あまりに汚い、なりふりかまわぬ手口ではないか。

以下に、今回の市長選について的確かつ冷静に分析した、「沖縄タイムス」の記事を
転載する。





写真:沖縄タイムス
護岸建設予定地で海側へ投下される石材
2017年11月6日、名護市辺野古の
米軍キャンプ・シュワブ(小型無人機から)



    沖縄タイムス 2月5日
      http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/204884

          【記者の視点】名護市長選 敗者は日本の民主主義   

 名護市長選の陰の勝者は、安倍政権だった。そして陰の敗者は、この国の民主主義だった。

 直前の世論調査でも、市民の3分の2が辺野古新基地建設に反対している。それでも稲嶺進氏が落選したのは、工事がじりじりと進んだことが大きい。市民は実際に止められるという希望が持てなかった。
 稲嶺氏自身は公約を守り、民意を体現して阻止に動いてきた。日本が民主主義国家であるなら、工事は当然止まるはずだった。
 安倍政権は、既成事実を積み重ねて市民の正当な要求を葬った。民主主義の理想から最も遠い「あきらめ」というキーワードを市民の間に拡散させた。

 稲嶺氏の2期目が始まった2014年に辺野古の工事に着手。抗議行動を鎮圧するため本土から機動隊を導入し、16年の東村高江では自衛隊まで使った。
 力を誇示する一方、辺野古周辺の久辺3区に極めて異例の直接補助金を投入した。今回の選挙直前には、渡具知武豊氏が当選すれば新基地容認を明言しなくても再編交付金を出すと言いだした。何でもありなら、財源を巡る政策論争は成り立たない。

 安倍政権は名護の選挙の構図自体を4年かけて変え、市民から選択の余地を奪った。大多数の国民がそれを黙認してきた。
 渡具知氏も「辺野古の『へ』の字も言わない」という戦略で、暮らしの向上と経済振興を語った。市民は反対しても工事が進むならせめて、と渡具知氏に希望を託した。基地問題からは、いったん降りることにした。それを責める資格が誰にあるだろう。

 民意を背負えば、小さな自治体でも強大な権力に対して異議申し立てができる。沖縄に辛うじて息づいていたこの国の民主主義と地方自治は、ついにへし折られた。(北部報道部・阿部岳)





スポンサーサイト

 ダボス会議に登場した「駄ボス」と「悪魔」
2018年02月04日 (日) | 編集 |

 今年の世界経済フォーラム年次総会、いわゆる「ダボス会議」に、この会議の
趣旨とは真逆の「反グローバリズム」を掲げるトランプ大統領が参加して話題に
なった。反対に日本は安倍首相はじめ閣僚が欠席したが、悲しいことにそれは話題
にすらならなかった

以下の写真は、1月28日のTBS「サンデーモーニング」より。
写りが鮮明でない点は、ごめんなさい。
PCもデジカメも人間も、ポンコツ化が加速してるでござるヨ。






はーい、よう来なさったな。
うむ、来てやったゾ。





保護主義は世界の問題の解決にならない。
EUの大黒柱・ドイツのメルケル首相。





グローバル化は危機に直面している。
グローバリズムの申し子
フランスのマクロン大統領。





出た\(◎o◎)/!
人間界を牛耳ってる悪魔の一人
ジョージ・ソロス。
ヒラリー、ネオコン軍産、シオニストといった
戦争屋・金融資本家陣営の人。
いくつもの国を破滅させ、あまたの人々を
不幸に陥れてきた悪魔だが
その背後にはさらなる悪の大王がいる。





ソロスの鼻に鼻パッチンして
鼻血ブーにしてやりたい。







 核核しかじか  核兵器を持っていれば、いずれは使いたいという欲望に勝てなくなる
2018年02月03日 (土) | 編集 |

 「ブラッドムーン」の皆既月食を見たばかりなのに、今度はトランプ政権が
北朝鮮への限定攻撃である「ブラッドノーズ(鼻血)作戦」を言い出した
ボクシングじゃあるまいし、いったん攻撃すれば鼻血だけですむはずがない。
いちばん割を食うのは日本だってこと、わかってんのかね?






そんなこと、知りましぇ~ん。



   日テレ24 1月31日
     http://www.news24.jp/articles/2018/01/31/10384468.html

         攻撃反対が原因?米駐韓大使内定も取り消し

 アメリカの次の駐韓大使に就任することが内定していた元政府高官が候補から外されたと、有力紙が1月30日に報じた。トランプ政権が検討している北朝鮮への限定攻撃に反対したことなどが要因とされている。
 これは「ワシントンポスト」が関係者の話として伝えたもので、次の駐韓大使に就任することが内定していたビクター・チャ氏が候補から外された。
 チャ氏は、ブッシュ政権時代の2004年以降、北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議で次席代表を務めた人物だが、去年12月、ホワイトハウスの関係者に対し、政権が検討している北朝鮮への限定攻撃、いわゆる「鼻血作戦」に同意しない姿勢を伝えていたという。
 ホワイトハウスは、現在、新たな候補者を探していて、オバマ前政権の元政府関係者は「このタイミングでの候補取り下げは異例だ」と話しているという。




 そのトランプ政権は北朝鮮ならびに中国・ロシア(こっちの二つがメイン)を
「現代の脅威」と位置づけ、小型核の開発と使用方針を打ち出した。
あきれたことに、河野太郎外相はこの新核戦略を高く評価すると表明。
あんたもそんなことじゃ、「鼻血ブー」にされちゃうかもね ヽ(`-´#)ノ
そもそもボスの安倍ぴょんが、ずいぶん昔に早大の講演会で、「小型核の使用なら
日本国憲法に抵触しない」などとトンデモ発言をしたくらいだから、米国どころか
日本の自民党も核開発と実際の運用をしたくて仕方がないのだろう。
そのためのターゲットとして北朝鮮があり、プルトニウム製造装置としての原発がある
のだから。



   日テレ24 2月3日
     http://www.news24.jp/articles/2018/02/03/10384727.html

        トランプ政権が新核戦略 核兵器の役割増大

 アメリカ・トランプ政権は2日、核兵器の役割を増大させることを打ち出した新たな核戦略を発表した。オバマ前政権による「核なき世界」の方針から大きく転換するもの。

 トランプ政権が2日に発表した新たな核戦略では、抑止力を高めるため核兵器の増強や近代化を打ち出している。さらに、核兵器の使用を「極限状況」に限定するとしながらも、アメリカや同盟国が核を使わない通常攻撃を受けた場合も、核で反撃する可能性を明記した。
 核兵器使用の可能性を高めるものだと懸念する声も出ているが、トランプ政権は反論している。
シャナハン国防副長官「我々は効果的な抑止力の維持を望んでいる。(この戦略は)核が使われる危険性を小さくするものだ」
 また、核による先制攻撃の可能性を排除しないとしたほか、核の近代化を進めるロシアと中国、そして核開発を続ける北朝鮮を「現代の脅威」と位置づけ、強くけん制している。







 いつまでも不可思議な、クッキー3兄妹
2018年02月02日 (金) | 編集 |

 母親は外猫のデブリン。外暮らしだが、毎日数回エサを食べに来て
(だんだんグルメになってきた困りもの)、半分飼い猫みたいな存在。
その子どもたち3匹をバラバラの時期に保護して家猫にしたのだが、
お互いの外見が似ていないこと甚だしい。
そして保護した時期が遅い程、人に慣れないこと、これまた甚だし(^^;





正面が兄のクッキー。
外見やご飯の食べ方は、母親のデブリンそっくり。
小さい頃は可愛かったのに、今ではオッサン顔に
運動神経が鈍く、高いところに飛び乗れずにズリ落ちることもしばしば。
後ろの、向かって左が妹のココア、右がやはり妹のシェル。






左からココア、クッキー、シェル。
2番目に保護したココアは、たいていクッキーと
イチャイチャ抱き合って過ごしている不可思議な関係。
最初の頃はシェルと一緒にコソコソ隠れて、トイレ以外に
おしっこしたりと本当に大変だった。
目の色がちょっと不気味。頭もあまりよくないかんじ。
サビ猫のシェルは微妙な色合いで、他の2匹とまったく違う。
目つきも一番キリっとして運動神経もよいのだが
人に対して異常なほど臆病で、触ることも困難だ。
獣医さんいわく「家庭内野良猫」といった存在である。
う~ん、3匹そろって「Xファイル」的、人知を超えた猫たちなのだ。







 スーパー・ブルー・ブラッドムーンの皆既月食
2018年02月01日 (木) | 編集 |

 昨夜は3年ぶりの皆既月食、しかも大きな満月の「スーパームーン」
+1ヵ月で2回目の満月である「ブルームーン」+血の色に近い赤銅色の「ブラッドムーン」 
すなわち「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」ということで、底冷えする寒さの中、
仕事の合間合間に、屋根の上にかかる月を観察してみた。




20時41分、皆既月食が始まる前の月。





20時50分。月に陰がかかってきた。





21時1分。お、少し欠けてきた。





21時18分。





21時26分。





21時34分。寒い{{ (>_<) }}





21時44分。細い三日月になった。





21時51分。ほとんど見えなくなる。
すでに1時間経過して、皆既月食も終わりか。





と思ったら、ほんとに「ブラッドムーン」になったΣ(゚д゚lll)
21時57分。