激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 17日の参院特別委でまたしても強行採決 まさに「自民党が死んだ日」だ
2015年09月18日 (金) | 編集 |

 安全保障関連法案が昨日17日、衆院に続いて再び参院特別委員会で
与党をはじめ次世代、元気、改革らの賛成多数で強行採決された。
この際、「生活の党と山本太郎となかまたち」の山本太郎参院議員が
「自民党が死んだ日」という紙を高く掲げて抗議した姿が印象的だった。
さすが左之助らしい、胸のすくような快挙だ (太郎くんは大河『新選組!』
で、十番隊組長の快男児・原田佐之助を好演したのだ)






写真:産経新聞





 さらに山本議員は一人牛歩戦術を行ったあと、喪服姿で安倍首相に向かって
手を合わせて拝むパフォーマンスをしたので、お茶目な左之助がほんとに現代に
蘇ったかのようで、思わず吹き出してしまった((^∀^*))
なんだかんだ批判するむきもあるようだが、太郎くんの勇気とユーモア精神は今の
日本の政治家に欠けているもので、私は大いにけっこうだと思うよ。






写真:日刊スポーツ



    日刊スポーツ 9月18日
      http://www.nikkansports.com/general/news/1539938.html

         山本太郎氏「自民党が完全に死んだ日」と喪服で臨む

 生活の党と山本太郎となかまたちの山本太郎参院議員は17日、安全保障関連法案が、参院特別委員会で与党などの賛成多数で強行採決される際、「自民党が死んだ日」という紙を掲げて抗議した。同日夜の参院本会議には、「自民党が完全に死んだ日だから」として、喪服で臨んだ。

 委員会後、控室でスーツから喪服に着替えた山本氏は、「数々の公約違反でもともと、死んでいるとは思っていたが、今回は決定的に、憲法を破壊した」と説明。「どうしてこういうことが行われるか。国民はすぐ忘れる、と思われているからだ」と、危機感を示した。





スポンサーサイト