激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 ネオナチが支配する混迷のウクライナ
2014年02月27日 (木) | 編集 |

ロシアがソチ冬季オリンピックに全精力を傾けているその時期を狙って、隣国ウクライナの
キエフで米国ネオコンと英・イスラエルの支援を受けたファシスト・グループがクーデターを
起こして、合法的に選挙で選ばれたヤヌコビッチ大統領を解任した。
日本をはじめとした「西側」メディアの報道では、強権的で汚職にまみれた親露のヤヌコビッチ
を自由と民主主義を求めて立ち上がった市民たちが命がけで追放し、革命に勝利したという
ことになっているが、過去のオレンジ革命の欺瞞とからくりを少しでも知っていれば、またあの
繰り返しかと嘆息するはずだ。
で、そのウクライナでは暫定首相候補が選出された。






2月26日、ヤヌコビッチ政権が崩壊したウクライナで、
新政権は政変の立役者の1人のアルセニー・ヤツェニュク氏(写真)を
挙国一致内閣の暫定首相候補に選出した。
(2014年 ロイター/Konstantin Chernichkin)



   ロイター通信 2月27日
     http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA1P09320140226

      ウクライナ暫定首相候補にヤツェニュク氏選出、新内閣発足へ

[キエフ 26日 ロイター] -ヤヌコビッチ政権が崩壊したウクライナで26日、新政権は政変の立役者の1人のアルセニー・ヤツェニュク氏を挙国一致内閣の暫定首相候補に選出した。
ヤツェニュク氏は経済相を務めた経験がある。財務相には、経済相や中銀副総裁などを歴任したオレクサンドル・シュラパク氏が候補に選ばれた。
新内閣は議会の承認を経て正式に発足する。






今回のクーデターの立役者らと、彼らを操る黒幕のネオコンたち。
日本も極右・安倍内閣の台頭できな臭くなってきたが、ウクライナでもネオナチが大手を
振っているとは…ね(ーー;)
ま、アルカイダも米国に育てられたのだから、ネオナチとネオコンがお友だちなのも当然
なのかもしれないが。




   

左:ネオナチ・スヴォボダ党の指導者オレフ・チャフニボク
中:暫定首相候補アルセニー・ヤツェニュク
右:元ボクサーでウダル党党首ヴィタリー・クリチコ







かつての東欧カラー革命(ウクライナはオレンジ革命)でのネオコンの黒幕
ジョン・マケイン米上院議員(真ん中)と一緒のスヴォボダ党チャフニボク(右)。
今回も黒幕として早々とウクライナ入りしたマケイン議員。







マケインと共に反ロシア勢力を操るビクトリア・ヌーランド米国務次官補(中央)。
後方左からチャフニボク、クリチコ、ヤツェニュク。



    ヴォイス・オブ・ロシア  2月7日
      http://japanese.ruvr.ru/2014_02_07/128416921/

       ヌーランド国務長官補とパイエト大使の会話 
                  ウクライナの綱引き EUから米国へ
  

 動画投稿サイト「ユーチューブ」には、米国のヴィクトリア・ヌーランド国務長官補とジェフ・パイエト駐ウクライナ大使の電話会話が投稿され、ロシアとウクライナには不満が、EUには混乱が巻き起こっている。

電話会話のなかでは、「バチキフシナ」のアルセーニー・ヤツェニュク代表や「ウダール」党のヴィターリー・クリチコ党首、「スヴァボーダ」党のオレグ・チャグニボク党首など、ウクライナの野党勢力で活動する政治家らを今後どうしていくかが議論されている。

ヴィクトリア・ヌーランド国務長官補と思われる声が、「クリチコは政府に入る必要はない。良い考えではない。」と話しているのに対して、男性の声は「彼には蚊帳の外にいて、自分の政治的活動をさせて置けば良い。」と答えている。

また彼らはヤツェニュクが将来の政府のトップとして最適だと話しており、クリチコとチャグニボクは「蚊帳の外にいるほうがよい」とも話している。

またパイエト大使はヌーランド長官補に対して、「もし彼らと直接話してもらえれば、三人の役割をはっきりさせることができるだろう。」と進言している。

ヌーランド長官補は、ウクライナ問題担当の国連特使であるロバート・セリ氏がパン・ギ・ムン国連事務総長に対して米国の立場を伝えるはずだ、と指摘しており、「国連がまとめ役であるのはよいことだ。EUは口出ししてくんな(fuck Eurounion)。」と話している。

ジェニファー・プサーキ国務省報道官は、これが本物の会話であることを認めており、AFP通信が伝えたところによれば、ヌーランド長官補はEUの外交官らに対して、失礼な言葉があったことについて謝ったという。

ロシアの政治学者セルゲイ・マルコフ氏は、すでに米国はEUに代わってウクライナの野党勢力を指導しており、ロシアに対する外国からの圧力を増してきていると指摘している。またウクライナのオレグ・ツァレフ上院議員は、米国からの現金輸送箱が外交郵便で届く様子を映したビデオを公開している。マルコフ氏は、「ロシアの隣国で米国の特務機関がクーデターを計画していることをオバマ大統領は知っているのだろうか?」と話している。

またウクライナでも今回の会話をきっかけに憤りがつのっており、ウクライナ人民解放運動のサイト上では、「米国はどの野党がどのような役割を果たすべきかを直接指図している。国務省と米国大使が、ウクライナ政府に入るべき人物を選び、どのような話し合いが行われるかまで決定しているのだ。」と指摘されている。

     




スポンサーサイト

 NHKに巣食うアレな人たち
2014年02月16日 (日) | 編集 |

ツイッターで見つけた、工場長@kohjohchoさんの秀逸なアイコン。
「NHKのアレな人たち」(^^;   pic.twitter.com/FdUTRsSpx4







澄んだ水を張った水槽にほんの少しの異物が混じれば、アッという間に
生態系が破壊されるように、「最高責任者は私」と豪語する「アレな首相」の
「アレなお友だち」が投入されたNHKも、アッという間に侵食されてしまった。
大雪被害もそっちのけで、ソチ五輪の放送ばかり。
これまでいち早く災害情報を知らせてくれたNHKも頼りにならなくなったら
もはや自己責任とやらで、個々人が自らの身を守らなければならない時代に
入ったのだとあきらめるしかないのだろうか。






 記録的な大雪に埋まる関東甲信地方
2014年02月15日 (土) | 編集 |

14日に降り出した雪は予想を超えて降り積もり、ことに関東甲信の内陸部では
記録的な大雪になって、各地で大きな被害を生んでいる。
甲府市内の積雪は1メートルを超え、群馬や埼玉でも60センチ以上という場所が
ある。富士山近くの河口湖のホテルや箱根・強羅のホテルでも宿泊客が雪に閉じ込め
られる事態になっている。

ただ積雪箇所にはバラつきがあるようで、ここ湯河原では雪ではなく雨が降ったので
先週の雪で溶け残った屋根の雪も全部落ちた。しかし箱根へと続く奥湯河原は雪の
ため、新聞や宅配便は休止。東名高速も大渋滞のままで、トラックが動けないので
スーパーやコンビニの食料品が欠品になっているという。
雪に埋まって孤立した地域も多いというので、一刻も早い救援が届くよう祈るばかりだ。







写真:朝日新聞
記録的な大雪の中、家の周囲の除雪をする住民
15日午前8時2分、山梨県甲州市勝沼町、河合博司撮影







2012年に訪れた時の勝沼町
甲州ぶどうの発祥地・大善寺から市街を眺める。







写真:産経新聞
記録的な大雪となった甲府市内=15日午前







去年訪れた旧・甲府城の天守閣から市街を眺めたところ。







 百田氏の右寄り発言を理由に、米大使館がNHKのケネディ氏取材に難色
2014年02月14日 (金) | 編集 |







いくら仕事の場であっても、ぜったい関わりたくないと思えるような類いの人間がいる。
私の場合も、もし義母が病気で倒れなかったら以前の職業を続けていただろうし
そうすれば旅館業で遭遇する中の、ごく一部のそうした人たちと関わることも
終生なかっただろう。
それはキャロライン・ケネディ氏にとっても同じような思いかもしれない。



    共同通信 2月14日
      http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014021401002679.html

         米大使館、NHK取材に難色 百田氏の発言理由に
  
 NHKがキャロライン・ケネディ駐日米大使のインタビュー取材を米国大使館(東京都港区)に申し込み、調整を進めていたところ、経営委員を務める作家百田尚樹氏の東京裁判や南京大虐殺をめぐる発言を理由に大使館側から難色を示されていたことが14日、複数の関係者の話で分かった。

 NHK広報部は「取材・制作の過程に関わることについては回答を差し控える」とコメント。米国大使館は「大使のスケジュールはお話ししないことになっている」としている。

 NHKの最高意思決定機関である経営委員会委員の発言の影響が、報道の現場に及んでいることが明らかになったのは初めて。




    

 在日米兵性犯罪のあまりに軽い処分が明るみに
2014年02月12日 (水) | 編集 |

本日の怒り(゚Д゚)ノのニュースはこれに決定!

在日米軍が犯した性犯罪のうち、告訴され有罪になったにもかかわらず
その3分の2が収監されずに除隊や罰金などの甘い処分で済まされていた
ことが、米軍資料の情報公開請求をしたAP通信の調査でわかった。
しかも1000件以上以上の性犯罪のうち、APが告訴を確認できたのは
597件にとどまったという。



    毎日新聞 2月11日
      http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20140211rky00m040003000c.html

       米兵性犯罪:軍事裁判率 在日米軍24%、全体68%

【ワシントン=島袋良太本紙特派員】AP通信は9日、性犯罪容疑の米軍人が軍法会議で裁かれる割合が、在日米軍では米軍全体を大きく下回る傾向にあるとした調査報道を発表した。AP報道によると、性的暴行で告発された米軍人が軍法会議で裁かれる割合は、米軍全体で見ると2009年の42%から12年には68%に増え、上昇傾向にある。一方、在日米軍の中で確定的な統計が得られた海兵隊、海軍の合計で24%(05年~13年平均)となり、低水準で推移している。

 軍法会議にかけられた事例でも「加害者のほとんどは懲役刑を受けなかった」とした。その上で記事は、在日米軍人の性犯罪に対する米軍側の処罰状況は「無秩序だ」と結論付けた。

 APが05年~13年初期に性犯罪を理由とする在日米軍人への告訴を確認できたのは、海兵隊で270例、海軍で203例、空軍で124例の計597例。うち加害者が懲役刑を受けたのは、海兵隊で53例、海軍が15例、空軍は17例の計85例だった。懲役率は14・2%。被疑者が無罪や懲役刑となった以外は、加害者に罰金や降格、外出禁止や除隊、文書注意などの処分があった。

 記事は11米会計年度に米軍に寄せられた性的暴行に関する告発で、被害者3604人のうち、米軍人が2949人だったことなどを挙げ、被害者のほとんどは米軍内にいると推定している。APは国防総省から約千の記録文書を入手し、これらの統計を算出した。(琉球新報)





1月3日にも東京新聞が、神奈川県で起きた米兵事件における処分について
一面で大きく報じていたので、以下のように切り抜いておいた。


 
 リード文はこうだ。
「在日米海軍横須賀、厚木基地があり、沖縄の次に米兵らの犯罪が多い神奈川県で、2008~12年5年間に一般刑法犯(自動車による過失致死傷を除く)として起訴された米軍人・軍属とその家族は、送検された122人のうち、わずか7人(5.7%)だったことが法務省への情報公開請求でわかった。強姦などの性犯罪では16人全員が不起訴だった。」 






上記記事の拡大図。





厚木基地へは昔、航空ショーを見に行ったことがあるし、横須賀は去年行って
軍港めぐりで日米の軍艦や潜水艦を見てきた。
軍事関係は好きだが、犯罪は(特に性犯罪は)ぜったい許せない。
米兵犯罪処分の甘さの背景には、記事にもあるように「日米地位協定」の不平等が
あるわけだが、米国というより日本側が不平等に甘んじて改訂を渋っているという
呆れた内情があり、どこまで植民地根性丸出しなんだか…<`~´>

近頃はまたぞろ安倍ぴょんグループが従軍慰安婦は捏造だと鼻息が荒いが、
米軍の性犯罪から日本女性を守るどころか見て見ぬふりをしている現状からは、
世界大戦時の戦場で、しかも敵国および植民地の女性に対し日本軍が常に紳士的
だったとはとうてい思えない。
東京裁判だの従軍慰安婦云々だの前に、まず目の前の不平等・不正義をしっかり
質し、なくしていくことの方がまず先決だろう。





 雪!雪!雪!
2014年02月08日 (土) | 編集 |

人為的CO2由来による地球温暖化のせいで(^^;; 世界規模で寒波が襲い、
ついに関東地方にも大雪が降り積もった
いつもは温暖な湯河原も一面の雪景色。10年前にここへ来て以来、一番の積雪だった。





朝9時。タクシーを頼まれたが、タクシー会社はなんと居留守
でもバスが普通に動いているので助かった。






近くの宿の看板キャラのタヌキも
顔に雪がくっついて、正体不明の置物に。






降る雪を見て大はしゃぎの猫のシマコ。
興奮して部屋の中を走り回る。






一方、犬のダイは寒いので散歩も拒否。
弱虫で寒がりで、甘いもの(ケーキ、プリン、焼き芋、カボチャ)好き。
芋侍ならぬこの芋犬には、ひどく手を焼く毎日なのだ。






午後3時近くには雪が止んで雨に変わった。
ところが今度はバスが運行を中止して、駅前は大混乱。
タクシー乗り場に長い列ができた。




雪がひどいときに走って、止んだら運行ストップのバス。
軒並み休みの飲食店や菓子処。お客様に出すお菓子も今朝は配達してくれないので
雪の中を歩いて取りに行くはめになった。
リネンサプライのクリーニング会社には無理やり来てもらったが、観光地がこぞって
こんな殿様商売でいいのって言いたくなるような部分が多い。
年末年始や連休に、一般人と一緒に休んでんでるんだから呆れてしまう。
地方が衰退する一因には、こうした時代の変化に対応できない体質が多々ある
からではないのか、と実感する次第である。






 都知事選、あなたの一票が東京から日本を変える
2014年02月06日 (木) | 編集 |

細川・宇都宮両陣営を脱原発で一本化できないまま、都知事選の9日が近づく。
メディアは相変わらず舛添優位を報じ、ひたすら小泉隠しを図っている。
おまけに投票前日の8日は東京周辺が大雪だとか。
う~ん、結果がどう出るのか心配だ。







左からソージ、イサミ先生、トシちゃん。
自由民権運動発祥の地、多摩出身の新選組も
脱原発のリベラル候補を応援してます(^^;

ちなみにトシちゃんは、明治元年12月に
箱館政府の選挙(入札)で第6位という高い得票を獲得し
「陸軍奉行並箱館市中取締裁判局頭取」という役職に就任。
後の明治中期には、近藤家及び試衛館の門弟たちや
土方家の子孫が自由党に入党し、自由民権運動を牽引するなど
元々政治に関係の深い人たちなんです。
イサミちゃん自身も、剣客というより有能な政治家だったしね。

みんな、政治に興味を持って選挙に行こう!
小さなその1票が、東京をそして日本を変える
大きなパワーを持っているのだから!






 屋根の雪
2014年02月05日 (水) | 編集 |

昨夜は久々の雪で、積もった雪が屋根から滑り落ちる大きな音が時おり聞こえていた。
午前中に日が差すとほとんどの雪は消えてしまったが、この塊だけ、午後になっても
しぶとく残っている。野良猫や野猿が歩いたり日向ぼっこをする場所だ。
テネシー・ウィリアムズの戯曲に『やけたトタン屋根の上の猫』というのがあるが
これでは『凍ったトタン屋根の上の猫』になってしまい、さすがに猫も登る気がしないだろう。
それによくよくみれば、トタン屋根ではなく銅張りみたいだし…(ーー;)









 ソチを詠める
2014年02月04日 (火) | 編集 |




やあ、みんな。
もうすぐソチ冬季五輪だね。
世界各国のニュースは五輪テロ警戒について
報じてるけど、日本は選手の話題ばかり。
ヘッ、のんきだね。

ところであの土方歳三が、『豊玉発句集』の中で
ソチについての句を詠んでたって、知ってる?
これこれ、これよ。



朝茶呑て そちこちすれば 霞なり










フン、ばーか。