激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 国連安保理で中韓が日本非難
2014年01月30日 (木) | 編集 |



大学時代の親友・まくずさんからもらった
「ここはオレたちがくいとめるネコ」。
とりあえずお茶販売ケースを守ってもらったら
5分で白猫の吸盤がはずれ、ずり落ちてしまった
うーん、日本の平和を守ってもらうのは
ちと無理か…(´・ω・`)




んなわけで、安倍首相の靖国参拝を発火点に、ついに国連安保理でも日本非難が
起きてしまった。


    毎日新聞 1月30日
      http://mainichi.jp/select/news/20140130k0000e030164000c.html

       安保理:中韓が首相靖国参拝などで日本批判 公開討論会

【ニューヨーク草野和彦】国連安全保障理事会で29日、戦争の教訓をテーマにした公開討論会が開かれ、中国と韓国の代表がそれぞれ、安倍晋三首相の靖国神社参拝などを取り上げ、歴史認識を批判した。昨年12月の靖国参拝後、中韓は国連を舞台に日本非難を展開しているが、安保理の会合でこの問題を取り上げ日本を批判したのは初めて。

 中国の劉結一国連大使は、靖国参拝を「侵略戦争に対する評決を覆す試み」と指摘。「日本の指導者は、近隣諸国を含む国際社会の信頼を得るため、行動によって誤りをただすべきだ」と求めた。

 韓国の呉俊(オ・ジュン)国連大使は、日本の指導者の歴史認識によって「北東アジアの緊張がこれまでになく高まっている」と主張。靖国参拝や慰安婦問題での日本の対応に加え、島根県・竹島(韓国名・独島)を「我が国の固有の領土」と明記した学習指導要領解説書の改訂も批判した。

 これに対し、梅本和義国連次席大使は、首相の靖国参拝は不戦を改めて誓ったものであり、中韓とは「未来志向で協調的な関係を築きたい」という日本政府の姿勢を説明した。

 中韓は、女性の地位向上を目指す国連機関「UNウィメン」の今月20日の執行理事会でも、靖国参拝や慰安問題を取り上げた。



日本の次席大使が「首相の靖国参拝は不戦を改めて誓ったもの」と釈明したそうだが
もともと靖国神社は不戦の誓いだの鎮魂だのとは無縁の神社で、死者の霊を呼び寄せて
敵殲滅!と戦いの勝利を祈念する招魂場である。幕末に長州藩が「会津藩を倒せ!」
「新選組を殺せ!」とガーガー拝んでいたわけで、時代劇ドラマでその様子を見て
うわっ、気持ちワルーイ。オカルト?などと思ったものだ。
香港や台湾映画でお馴染みのキョンシー(ゾンビ)を呼び出すようなものだ。
招魂など日本古来の宗教とはまったく相容れない大陸の風習であり、それなのになぜ
右翼保守派の人々が嬉々として参拝するのか、私には理解できかねるのである(ーー;)


そして米国からも、再三このように忠告を受けているのだが…。
それでも聞く耳を持たない安倍内閣。中国を非難しようとして、逆に日本の方が
世界から包囲網を巡らされてしまった。孤立化に耐え切れず国連脱退なんてことに
なったら、いつか来た道に再び迷い込んでしまう。
ま、それが安倍首相の望む道なのかもしれないが。


   朝日新聞 1月18日
     http://www.asahi.com/articles/ASG1L2RR9G1LUHBI009.html

      米、日韓関係の改善求める 訪米の谷内氏に靖国参拝言及

 米国のライス大統領補佐官(国家安全保障担当)は17日、米ホワイトハウスで谷内正太郎国家安全保障局長と会談し、安倍晋三首相の靖国神社参拝を取り上げ、特に日韓関係の改善のために日本側の取り組みを求めた。オバマ政権は安倍首相の参拝が東アジア情勢に与える影響を懸念しており、こうした立場を直接伝えたものだ。

 米政府当局者が朝日新聞の取材に明らかにした。ライス氏が安倍首相の靖国神社参拝を取り上げ、対話と外交によって相違を解決するよう求める、米政府の立場を改めて示したという。

 またライス氏は、北朝鮮を巡る日米韓協力の重要性などを説明したうえで、「日本が韓国との関係改善のため何らかの措置を取ることを望む」と話した。

 同行した日本政府関係者は記者団に会談内容を説明したが、ライス氏が靖国参拝問題を提起したことや、日韓関係の改善を求めたことは明らかにしなかった。(ワシントン=大島隆)




参照

    ダイヤモンド・オンライン
      「田岡俊次の戦略目からウロコ」
      http://diamond.jp/articles/-/46910

         中国包囲網どころか日本包囲網
               靖国参拝が示した国際情勢の大変化


 安倍総理は昨年12月26日、突如靖国神社に参拝した。これに対して中国、韓国ばかりか米国までが“disappointed”(失望)という言葉を使って批判。中国包囲網どころか逆に日本包囲網という様相を呈した。「資本主義vs社会主義」という冷戦時代の世界観から脱却できず、ソ連の後任に中国を擬し「日米同盟強化で中国に対抗」しようという認識は、もはや時代遅れである。(以下は、上記のサイトで)






スポンサーサイト

 選挙に行こう! ユニークなステッカーもいっぱい
2014年01月29日 (水) | 編集 |

twitterで知ったのだが、選挙用のステッカーの新作がいっぱいあるようで(^-^)
私もさっそくゲットしてみた。ここからダウンロードしてね。 


     選挙ステッカーどれがいい?2014      
       http://togetter.com/li/615047




 
    
 



    








 止まらない原発汚染水 そして溶け落ちた核燃料は地下深くにあるのか?
2014年01月28日 (火) | 編集 |

東京オリンピック誘致のため、安倍首相が原発汚染水に関して「アンダー・コントロール」
と誇らしげに宣言して以来、福島原発の報道は明らかに減ってきた。
ニュースにさえならない日も少なくない。かといって事故が収束に向かっている
わけでもなく、汚染水流出の原因すらわかっていないのが現状だ。
このまま海への流出が続けば、日本の漁業は立ち行かなくなってしまう。
少なくても各メディアは、この先も原発事故報道を途切れることなく報道してほしい。


   東京新聞 1月21日
     http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014012102000140.html

      福島第一3号機 床の汚染水どこから 東電は格納容器損傷説

 東京電力福島第一原発3号機の原子炉建屋一階の床を、大量の汚染水が流れているのが見つかった。建屋の床で大量の汚染水流出が確認されたのは、事故後初めて。東電は二十日、格納容器から漏れた水との見方を示したが、濃度からは使用済み核燃料プールなども疑われ、漏出元ははっきりしない。

 建屋の床には本来、水がないはずで、これまで判明していない何らかの異常があることの証しだ。作業用ロボットが撮影した動画で確認された汚染水は、三十センチ幅で床を流れ、排水口から地下に流れ込んでいた。大浴場に注がれるお湯のような勢いだった。放射性セシウムの濃度は一リットル当たり二四〇万ベクレル。海への放出が認められる基準の一万六千倍だった。

 原因として考えられるのは、冷却水が格納容器内の核燃料にまで届かず、途中で漏れていること。雨が建屋に流れ込むことも考えられる。しかし、どちらの水だとしても、床を流れる汚染水ほどの放射性物質を含んでいない。最近は、まとまった雨も降っていない。

 使用済み核燃料プールの水は、セシウム濃度がほぼ一致する。問題は位置が離れていること。汚染水が見つかった場所からみると、プールは格納容器の向こう側になる。プールの水位にも大きな異常はない。

 ほかに可能性があるのは、溶け落ちた核燃料を冷やした後の高濃度汚染水が、格納容器の損傷部分から漏れていること。東電はこの見方を取っている。しかし、容器からの汚染水なら、もっと高濃度の放射性物質を含んでいるとみられる。しかも、水は隣接するタービン建屋側から格納容器に向かって流れている。格納容器からの漏出なら、流れは逆のはずだ。

 エネルギー総合工学研究所の内藤正則部長は「漏出元が格納容器と確認できれば、中の冷却水の水位が分かる可能性があり、今後の廃炉作業に役立つ」と述べる。

 現場近くは放射線量が高く、人が近寄れない。今後の調査は難航しそうだ。 (清水祐樹)















 
実は福島原発の現状について、日本に置かれている(在日)スイス大使館が、こんな衝撃的なイラストを公開している。以下のENE NEWSサイトで見ることができる。
http://enenews.com/image-published-embassy-japan-shows-fukushima-melted-fuel-deep-underground-photo








 増え続ける日本のプルトニウム 米国が300キロのプルトニウムを返還要求
2014年01月27日 (月) | 編集 |

NHK新会長のじぇじぇじぇ!な就任記者会見内容にも驚いたが、その後の米国の
プルトニウム返還要求の報道にもレレレ?と驚いた。なぜ、このタイミングで記事に?





高速炉臨界実験装置の建屋=茨城県東海村
(日本原子力研究開発機構提供)



共同通信 1月26日
  http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012601001661.html

      米、日本にプルトニウム返還要求 300キロ、核兵器50発分

 核物質や原子力施設を防護・保全する「核セキュリティー」を重視するオバマ米政権が日本政府に対し、冷戦時代に米国などが研究用として日本に提供した核物質プルトニウムの返還を求めていることが26日、分かった。

 このプルトニウムは茨城県東海村の高速炉臨界実験装置(FCA)で使う核燃料用の約300キロ。高濃度で軍事利用に適した「兵器級プルトニウム」が大半を占め、単純計算で核兵器40~50発分程度に相当する。

 日本側ではこれまで「高速炉の研究に必要」と返還に反対する声も強かったが、米国の度重なる要求に折れて昨年から日米間で返還の可能性を探る協議が本格化している。














上の図は、「核情報」サイトより転載。
  http://kakujoho.net/ndata/pu_jp.html

それによると、

「日本政府は、1994年から日本が保有するプルトニウムの量を『我が国のプルトニウム管理状況』という文書によって公表してきています(1994年に発表されたのは1993年末の数値)。上のグラフは、この数値をまとめたものです。これを見ると必要な量以上のプルトニウムを持たないという原則が、まったく実効性を伴わない『原則』であることが分かります。」

日本は、2011年末現在、英仏に約35トン、国内に約9トン、合計約44トンのプルトニウムを保有しています。8kgで長崎型原爆一発分との国際原子力機関(IAEA)の基準を使えば、5500発分に達します。」

「鈴木委員長代理は、この状況を次のようにみています。

今の利用の考え方は・・・透明性向上という意味では大変国際的にも評価されていると私も思いますが、実際に在庫量がこれだけ増えてきますと、核セキュリティーや核拡散問題が深刻化している今ではですね、今後は在庫量の削減に繋がるような考え方に代えていく必要があると考えています。
ここで、米国のオバマ大統領が2012年3月に核セキュリティ・サミットでソウルを訪れた際に、韓国外国語大学校で行った演説にある次の言葉を忘れてはなりません。

“プルトニウムのようなわれわれがテロリストの手に渡らぬようにしようと努力している、まさにその物質を大量に増やし続けることは、絶対にしてはならない。”




過酷な原発事故を起こしてもなお原発推進を唱える安倍グループ(原発マフィア)にとって
まず「核燃料サイクル」「再処理」ありきで、そのためのプルトニウム保有なのだ。
そしてその先には核(原爆)の保有という野望が見え隠れする。

上のオバマの言葉にあるように、昨今の安倍内閣の言動―靖国参拝、ナチス発言、
尖閣問題―などでアジアの緊張が高まり、日本の核装備と中国との開戦ももはや絵空事
ではすまない現実化が迫っていることで、まずは東海村のプルトニウム返還を表に
出したのだろう。靖国ではなく千鳥ケ淵に参拝せよという、去年のあの警告のように。
しかし、もしまた安倍首相が警告を無視したら…?

ここは細川・小泉の「原発ゼロ」ムーブメントをよい機会に、完全に脱原発を実行し
(もちろん脱核燃料サイクル、脱再処理も)、国内外のすべてのプルトニウムを差し出し、
恒久戦争放棄を改めて世界に宣言すべきである。
そしてそれが、これからの世界の中で日本が誇りを持って生き続ける最善の選択だと
私は思う。






 籾井勝人NHK新会長のあきれた就任会見 即、辞任せよ
2014年01月26日 (日) | 編集 |

NHK新会長の就任会見。あまりのひどさにぶっ飛んだ(゚Д゚)
「類は友を呼ぶ」の典型で、まるっきり安倍首相のコピーである。
顔写真を見て2度びっくり。他人の顔のことを言うのもなんだが、この人の顔には
品格というものが微塵も感じられない。
品格は顔の造作の善し悪しとは無関係だ。内面からおのずとにじみ出るものである。
たとえば年末に東京ドームで開催されたザ・タイガースのライブ・コンサート。
リードヴォーカルのジュリーこと沢田研二には往年の外見の美しさこそ失われていたが
代わってどっしりしたライオンのような王者の風格が漂い、見る者を強く魅了した。
しかしながらこのNHKの新会長からは、経験を重ねた結果としての叡智や成熟さが
少しも見て取れない。元々、人の上に立つ資質を欠いているのだ。
そして人格を欠いた者の発言は、以下のように推して知るべしである。








東京新聞 1月26日
  http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014012602000107.html

        秘密保護法しょうがない・慰安婦どこもあった 
                  NHK新会長 問題発言


 NHKの籾井勝人(もみいかつと)会長は二十五日、東京・渋谷のNHK放送センターで就任会見を行い、「特定秘密保護法はしょうがない」「国際放送で政府の考えと真逆になることはない」などと安倍政権寄りの発言を連発、「従軍慰安婦は戦争地域ではどこでもあった」とも発言した。視聴者の受信料で成り立つ公共放送の在り方について論議を呼び、国際的にも波紋を広げそうだ。

 籾井会長は「放送法に沿った経営が重大な任務」と述べた上で、表現の自由を定めた憲法にも「従わなければならない」とした。

 その一方で特定秘密保護法が「NHKスペシャル」などで一度も取り上げられていないことを問われると「一応(国会を)通っちゃったんで、言ってもしょうがない。政府が必要だと言うのだから、様子を見るしかない。昔のようになるとは考えにくい」と述べた。

 また、政財界の一部から強い要請のある国際放送の強化を最重要課題とする考えを示した上で「尖閣諸島や竹島など領土問題について日本の立場を主張するのは当然。政府が右と言っていることを左と言うわけにもいかない」とした。

 これに関連して靖国神社や従軍慰安婦について問われ「コメントは差し控えたい」としたが、質問が相次いだことなどから、「昔の人は『死んで靖国に帰る』と言って心を慰めた。千鳥ケ淵(戦没者墓苑)ではだめだという人が大勢いる」「従軍慰安婦は今のモラルでは悪いが、現実としてあった。戦争地域ではどこにでもあったこと」などと持論を展開。その後、「発言を取り消したい」と弁解する一幕もあった。


◆会見の主なやりとり

 籾井勝人NHK会長の会見での主なやりとりは次の通り。

 【領土問題と国際放送】

 -国際放送の強化とは、政府見解を伝えることか。

 領土問題については明確に日本の立場を主張するのは当然。外交も絡むので、政府が右ということを左というわけにはいかない。

 【特定秘密保護法】

 -NHKスペシャルなどで取り上げられなかった。是非を幅広く伝えたほうがいいという指摘も。

 通っちゃったんで、言ってもしょうがないと思う。

 -議論を蒸し返さない方がいい?

 そういう意味ではない。必要ならやる。決まったことをしょうがないとは思わないが、世間が心配するようなことが政府の目的ということもないのではないか。
 あまりカッカする必要はないと思うし、変なことが起きるとは考えにくい。

 【靖国神社】

 -首相の参拝については。

 総理の信念で行かれた。それをいい悪いという立場に私はない。昔の人は戦争に行くときに「死んで靖国に帰る」と送り出した。こういう人が大勢いる。

 【慰安婦問題】

 -日韓間で取りざたされている。

 (慰安婦は)戦時だからどこの国にもあったことですよね?(個人の見解として)韓国がやっていることで不満なのは、日本だけが強制連行したみたいなことを言っている。補償は日韓条約ですべて解決されている。

 【放送と通信の融合】

 -東京五輪までに実現するのが目標か。

 いい悪いにかかわらずやらなければ、というのは変わらない。ただ、現実を聞くと一足飛びに行かない環境もあり、慎重にもう一度レビュー(見直し)したい。


 籾井勝人氏 福岡県出身。1965年、三井物産入社。鉄鋼関連の業務を担当し、2004年、副社長。その後、日本ユニシス社長や同社特別顧問を務めた。70歳。NHKの会長任期は25日から3年間。




靖国参拝はするな、慰安婦問題もどうにかしろと再三釘を刺してきたオバマ米国を
無視するように、安倍首相は靖国参拝を強行し、ダボス会議では下手なたとえで
英国メディアに揚げ足を取られ、お仲間の籾井新会長も慰安婦問題を蒸し返し、
というか更に拡大してしまった(;´Д`)
中でも最も驚き呆れた発言は、「政府が右ということを左というわけにはいかない」
「(特定秘密護法)は通っちゃったんで、言ってもしょうがないと思う」
これがテレビジャーナリズムの親玉が言う言葉かね、情けない(゚Д゚)ノ
当然、国内外からも批判が相次いだ。


 東京新聞 1月26日
   http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014012601001756.html?ref=rank

        NHKの籾井発言に内外から反応 「不適切で偏向」「妄言」

 NHKの籾井勝人会長が25日の就任会見で従軍慰安婦問題を「どこの国にもあった」などと発言したことに対し26日、国内外からさまざまな反応が上がった。

 民主党の大畠章宏幹事長は「不適切で偏向した発言だ。会長になった自覚がない。今後のNHKの在り方を非常に心配している」と述べ、通常国会で追及する姿勢を示した。社民党の又市征治幹事長も「とんでもない話だ。歴史認識がなっていない」と批判した。

 波紋は海外にも広がった。韓国メディアは「妄言で物議を醸している」などと批判的に報道し、籾井会長の就任に安倍晋三首相の意向が反映されたとみられると強調した。(共同)




では渦中にある当のNHKはどう報じたかというと…。


 NHK 1月25日
   http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140125/k10014768371000.html

         NHK 籾井新会長が記者会見

 25日、NHKの新しい会長に就任した籾井勝人会長が記者会見し、不偏不党や公平をうたった放送法の順守に努めるとともに、国際放送の充実に取り組む考えを示しました。

 籾井会長は70歳。三井物産の副社長などを経て、ITサービス会社の日本ユニシスで社長や特別顧問などを務めました。記者会見で、籾井会長は「私がまず第一に挙げているのは放送法の順守で、放送法に沿った経営をやっていくことが、われわれに課された重大な任務だ。職員一同が放送法をもう一度身近に考えるよう徹底していきたい」と述べ、不偏不党や公平をうたった放送法の順守に努める考えを示しました。
また、籾井会長は「国際放送の充実など、さまざまな課題をしっかり実行に移していきたい」と述べました。




と、あまりにアチャー(´△`)な、へたれ報道だったのである。
深夜番組のNEWS WEBでも見事にスルーだったし。
オイオイヾ(゚Д゚ ) これでいいの、NHK?
とにかく、籾井新会長は一刻も早く辞任すべし!






 安倍首相、ダボス会議でまた舌禍( ´Д`)=3
2014年01月25日 (土) | 編集 |

ダボス会議でまたまた余計なことを言ってしまった安倍ぴょん。
本人はカッコよく決めたつもりが、逆に揚げ足を取られて、アイタタ(>_<)なことに
なってしまったのだった。
安倍ぴょんは歴史認識自体が元々低いんだから、他国の歴史など比喩として
用いるんじゃない。いい加減、お口にチャック!


    共同通信 1月24日
      http://www.47news.jp/47topics/e/249685.php 

         第1次大戦前の英独を例示
              安倍首相、日中関係緊張で  中国は直ちに反発


【ダボス共同】スイスで世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席した安倍晋三首相が一部内外メディアとの会見で、日本と中国の緊張関係について、経済的依存が高かった英国とドイツが第1次大戦で対決したことを例に挙げて説明していたことが23日、分かった。
 首相は偶発的な衝突回避の必要性を強調したが、欧米有力メディアが、日中関係と第1次大戦前の英独関係の「類似性」を指摘したと報道したため波紋が広がり、中国が直ちに反発した。

 22日に行われた会見には共同通信記者も同席していた。

 安倍首相は、沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中の武力紛争の可能性について問われ、軍事的な衝突になれば両国、地域、世界にとり大変なダメージになることを「両国の指導者は理解している」と指摘。今年が第1次大戦開始から100年であることに言及し「英国、ドイツは経済的依存度が高く、最大の貿易相手国同士だったにもかかわらず、戦争が起きた」と述べた。その上で中国との「偶発的な事故、衝突」を回避するため双方の防衛当局同士が「コミュニケーションチャンネル」を持つ必要性を強調した。

 首相はまた「中国が毎年10%以上軍事費を増やしている」ことが「緊張を呼ぶ」とし「東シナ海だけでなく、南シナ海でも緊張が高まっている」と述べた。

 会見に出席した英紙フィナンシャル・タイムズ記者は、首相が日中戦争を否定する代わりに、自ら約100年前の英国とドイツの対立との類似性に言及したと報道。英BBC放送の記者も「評論家でなく、日本の指導者の発言なので重みがある」とコメント。これをロイター通信が転電して「安倍発言」が広がった。

 中国外務省の 秦剛 (しんごう) 報道局長は「英独関係を持ち出すなら、近現代史上、日本が中国にどんなことをしたかを直視した方がよい」と批判した。

■ 「侵略の歴史直視を」 首相発言に中国外務省 

 【北京共同】安倍晋三首相がスイスでの世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の場で、日中関係を第1次大戦前の英独関係に例えたことについて、中国外務省の 秦剛 (しんごう) 報道局長は23日の記者会見で「英独関係を持ち出すなら、近現代史上、日本が中国にどんなことをしたかを直視した方がよい」と述べ、首相に「侵略の歴史」を直視するよう求めた。

 秦氏は「記憶に刻むべきことは、日本がファシスト戦争で中国を含むアジア人民にもたらした深刻な災難だ」と強調。「歴史を直視してこそ、日本とアジア隣国との関係に未来は開ける」と述べた。


■安倍首相の発言詳報 

 日中関係をめぐり、安倍晋三首相が第1次大戦当時の英独関係などに触れた発言は次の通り。

(尖閣諸島をめぐる日中の武力紛争はあり得るかとの質問に)日中間で軍事的衝突になれば両国にとって大変なダメージ。地域や世界にとっても極めて大きい影響となることは日中の指導者はよく理解していると思う。
また中国の経済成長は、共産党政府にとって中国をコントロールする上で絶対的に必要な条件。日本と武力衝突が起こればその条件は吹っ飛んでしまうということは十分理解していると思う。
 そう理解していても偶発的に衝突が起こることがないようにしていくことが重要だ。
 今年は第1次世界大戦から100年であって、(当時)イギリスもドイツも経済的な依存度はお互い高かった。最大の貿易相手国同士だったにもかかわらず戦争が起こった。
 大切なことはコントロールすること。私は中国に対し、偶発的な事故あるいは衝突が起こらないよう、軍同士あるいは貿易当局同士のコミュニケーションチャンネルをつくるべきだと申し入れしている。
(中国との関係改善のロードマップはあるかと問われ)残念ながら今、ロードマップがあるわけではない。中国は毎年10%以上軍事費を増やし、既に日本の倍になっており、これ自体が緊張を呼ぶ。そこで軍事力拡張についてアジア全体で考えていく必要があるだろうと思う。
 東シナ海だけでなく南シナ海でも緊張が高まっているのは事実。力による現状変更は何ももたらさない。緊張と破滅しかもたらさない。
基本的に法の支配を尊ぶということを、相互理解として確立することが正しい。(共同)




先の大戦といえば日本人は第二次大戦を思い浮かべるが、ヨーロッパでは第一次大戦
のイメージが強い。しかもドイツ(ファシズム)との苦い戦いのことを日中の紛争に例えて
用いられたんじゃ、カチンとくるのが当たり前。しかも世界を牛耳るエスタブリッシュメントが
集まるダボス会議の席で、現代のファシスト安倍ぴょんに言われたんだもの、そりゃあ
ただではすまないよね。英国といえば情報戦で食ってるしたたかな国だし。

英メディアの質問に、日中のコミュニケーションチャンネルをつくるべきだと語った先で、
そのロードマップはないなどと言ってしまっては、もうじぇじぇじぇ!でしょ。
また中国の軍事費は日本の2倍だと非難しても、すでに中国のGDPは日本の2倍なんだから
軍事費だって当然2倍になるだろーが。たく、聞いてる方が恥ずかしいわ(/ω\)





 米国を襲う大寒波
2014年01月24日 (金) | 編集 |

このところ朝晩は氷点下まで冷え込む寒い日が続いていたが、今日は久々に暖かい
陽気になるということでホッとした気分になった。
ところがBSワールドモーニングの米国の天気予報を見たとたん、思わずゾクゾクっと
背筋が寒くなった{{ (>_<) }}





強風が吹くので、体感温度はこんなにも低くなるという。
シカゴ…-22度、ワシントン…-9度。




実は新年早々の6日、米国中部には北極圏から寒気が流れ込んで、過去20年で
最も低い気温になったそうで、その凄さの一端は下の写真からもわかるだろう。
そしてまた再び、寒冷前線が接近しつつあるのだ。





米イリノイ(Illinois)州シカゴ(Chicago)で、記録的な大寒波によって
凍り付いたミシガン湖(Lake Michigan)の湖畔(2014年1月6日撮影)。
(c)AFP/Getty Images/Scott Olson



まるでパニック映画の一場面のような雪景色だ。
日本でも例年にない寒さが襲い、私の友人が住む北海道旭川では、な、なんと-30度を
記録したのだ((((;゚Д゚))))
で、この寒さを相変わらず人為的な地球温暖化が原因だという声も未だに少なくなく
いい加減、もっと科学的な根拠で説明してほしいと思うところだが、一方で以下のような
見解を記す報道も増えてきている。





米航空宇宙局(NASA)の太陽観測衛星
「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー」が
10月25日に撮影した太陽の表面。
巨大なフレア(太陽面爆発)が現れている(ロイター)



   産経新聞 2013年11月18日
     http://sankei.jp.msn.com/science/news/131118/scn13111807310000-n1.htm

        太陽元気なし 寒冷化予兆 
              11年周期の磁場転換起きず、黒点も最少


 太陽に異変が起きている。今年は太陽の活動が強くなったり弱くなったりする11年周期の中で、活動がピークになる年(極大期)に当たり、通常なら、太陽の北極と南極の磁場が入れ替わる「極域磁場転換」が起きるはずなのだが、いまだに起きていない。さらに、活動ピーク年には増えるはずの“太陽の元気のバロメーター”とされる「黒点」も今年は異常に少ない。今後、太陽は活動の低調期に入り、併せて地球も寒冷化すると指摘する専門家もいる。

 「全く元気がなくパッとしない。明らかに異変が起きている」。米航空宇宙局(NASA)の研究者、ジョナサン・サーテイン氏は先週、今年の太陽の活動を評して米メディアにこう語った。

 観測史上、太陽は11年ごとに北極と南極の磁場が入れ替わることが分かっている。その詳しいメカニズムは不明だが、当該年は太陽の活動が最も活発になる年で、主に高緯度地帯に多数の黒点ができる。黒点は磁石のように強い磁場が起きている場所で、磁力によって太陽内部の熱が表面から放出されるのが抑えられているため、周囲より低温で黒く見える。黒点の地点は低温でも、その総面積は太陽のほんのごく一部であり、黒点が多発する時期は太陽全体のエネルギー放出量は増大する。

   かつてない弱さ

 太陽の活動ピーク年には、常時150~200の黒点が観測されるのが普通で、大量の電磁波や粒子が放出され、こうした太陽嵐によって地球上の電信施設が損傷を受けることがしばしば起きてきた。しかし、今年はこれまで、観測される黒点は概ね50~100ぐらいにとどまっており、ここ200年で最も少ないと言われている。

   観測史上例がない「磁極の4極化」という異常現象が

 また、NASAは今年8月5日、「黒点は少ないが、3~4カ月以内に極域磁場転換が起きるだろう」と予測したが、3カ月半が過ぎた今でも、明瞭な兆しは現れていない。2006年9月に打ち上げられた日本の太陽観測衛星「ひので」が集めたデータによると、太陽の北極はすでに昨年から磁場がS極(マイナス磁場)からN極(プラス磁場)に替わっているが、南極は依然としてN極のままの状態が続いている。その一方で低緯度地帯(赤道近辺)にS極が現れ、観測史上例がない「太陽の磁極の4極化」という異常現象さえ起きている。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターで太陽磁場周期について研究するアンドレス・ハラミージョ氏は「生存している科学者で、これほど弱い太陽周期(活動)を目にしたことがある人はいない」と指摘する。

   17世紀に類似現象

 かつて、今年と似た現象は17世紀にも起きている。その時は約70年間にわたって黒点がほとんど出現せず、地球は寒冷化した。記録によれば、当時、ロンドンのテムズ川では冬にスケートが楽しめたといい、日本でも京都のサクラの開花が極端に遅れていたことが文献によって分かっている。

 では、今後、地球は寒冷化に向かうのだろうか。太陽活動の低調化による波及効果は温室効果ガス排出量増加による温暖化現象を打ち消すには至らないとう見方がある一方で、「地球は間違いなく寒冷化に転じる」(大気海洋地球物理学者の中村元隆氏)と断言する専門家も決して少なくない。




参照

    太陽磁場の反転で地球は寒冷化に向かうのか  2012年04月20日
      http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-entry-2054.html





 都知事選の争点は、やっぱり「原発問題」で!
2014年01月23日 (木) | 編集 |

都知事選が告示された。
名護市長選で痛い敗北を喫した自民党は、またぞろ使い古しの「政治とカネ」で
細川氏攻撃を続けている上に、「原発」の争点隠しをしているが、東京新聞は
以下のように、ズバリ『「原発」問う都知事選』というタイトルを前面に出して
小気味よい。







で、うちの猫たちの下馬評といえば…(=^・^=)









 世界を覆う経済格差 ローマ法王もメッセージを発信
2014年01月22日 (水) | 編集 |

確か一昨日のスペインテレビが、こんなことを報じていた。

「世界の大富豪85人が、全世界の人口の約半分に当たる
36億人分と同じ額の富を独占している」
と。

それと連動しているのだろう、こんな記事が配信された。



   時事通信 1月22日
     http://www.jiji.com/jc/zc?k=201401/2014012200120&g=int

      貧困対策に責任果たせ=ダボス会議で「勝ち組」に訴え-ローマ法王

【ダボス時事】フランシスコ・ローマ法王(77)は21日、各国の大企業経営者らが出席する世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)開幕を控え、貧困撲滅へ参加者が一層責任を果たすようメッセージを出した。
 法王は、企業が貧困対策に一定の貢献を果たしたと評価する一方、「社会的に疎外された人を増やした」とも指摘。「負け組」は日々の食べ物に困るような深刻な貧困に直面していると語った。
 こうした問題に目を向けることで「全ての経済・金融活動が人間的な倫理観に基づくようになる」と強調。世界の「勝ち組」経営者らが集まるダボス会議で貧困問題に向き合うよう求めた。






 名護市長選 沖縄の民意は、移設反対の稲嶺氏を再選した
2014年01月20日 (月) | 編集 |






おいら、豆猫のクロベエ。
体長4センチのチビ猫だけど、心意気はでっかいんだ。
対米従属の自民党と官僚の脅しやカネ攻撃にも負けず
再び稲嶺氏を選んだ沖縄の皆さん。
これからも悪党どもの悪だくみと
仲井真知事の裏切りに屈せず
基地のない平和な沖縄を目指して
共にがんばりましょう!











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。