激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 ザ・タイガースのオリジナルメンバーがついに結集
2013年09月30日 (月) | 編集 |

久々にジュリーの記事があったので…(#^.^#)
ネックはトッポ(加橋かつみ)が折れて参加するかどうかだったが
これでオリジナルメンバーが本当に結集するというわけで、めでたいo(^▽^)o
それにしてもザ・タイガース人気が未だに衰えないというのはスゴイ。



   日刊ゲンダイ 9月30日
     http://gendai.net/articles/view/geino/144873

    “前期高齢者”になったザ・タイガース 44年ぶり復活と「和解」

     オリジナルメンバーが結集    <キーマンは瞳みのる>
  
 コンサート会場は年を忘れた中高年の黄色い声援が飛び交いそうだ。

 ザ・タイガースが44年ぶりに復活。12月3日の日本武道館を皮切りに、17日は京セラドーム大阪、27日は東京ドームと全8公演。9月28日からチケットの一般発売が始まったが、ドーム公演はすでに売り切れという、凄まじい人気ぶりだ。

「わたしたちGS世代にとってタイガースは象徴的な存在。待ちに待ってました。プラチナチケットになるのも仕方がありません。何といっても今回はオリジナルメンバーが結集。加橋かつみと瞳みのるが参加しているのがうれしい限りです」と、興奮気味に語るのは芸能リポーターの川内天子氏だ。

 1967年に結成されたザ・タイガースは、ボーカルの沢田研二(65)、ベースの岸部一徳(66)、ギターの森本太郎(66)、ドラムの瞳みのる(67)、ギター&ボーカルの加橋かつみ(65)の5人が初期メンバーだった。しかし、69年に加橋が脱退。代わりに岸部四郎が加入し、71年1月に解散。その後、オリジナルメンバーが集うことはなかった。

「キーマンは瞳みのるでした」というのはベテランの女性誌記者だ。
「解散後は芸能界から足を洗い、慶大に進学して慶応義塾高校の漢文の教師になった瞳は、ずっとメンバーと没交渉でした。ソロに転向した沢田との不仲説が取り沙汰されていましたが、08年に沢田が瞳に向けて『Long Good―by』という曲を発表。その後、長年のわだかまりが氷解し、一昨年の沢田のライブツアーに瞳が解散以来、初めて参加。そして今回の44年ぶりの再結成につながったのです」

 1960年代後半にグループサウンズに熱狂した世代は今、還暦前後の“アラ還”。ジュリーはステージで「65歳、前期高齢者です」と自身の年齢をネタにしているが、「ぜひ、この勢いのままNHK紅白に出てほしい」(前出の川内氏)という声が高まるのも当然だろう。

 海外では元ビートルズのポール・マッカートニー(71)もワールドツアーで11月に来日するなど意気軒高。まだ60代のザ・タイガース、お楽しみはこれからだ。





スポンサーサイト

 秋に詠める
2013年09月29日 (日) | 編集 |












 訪米中の安倍首相「私を右翼の軍国主義者と呼んでかまわない」
2013年09月28日 (土) | 編集 |

最近の安倍ぴょんの、「じぇじぇじぇ!発言」第2弾がこれ。






  NHK 9月26日 
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130926/t10014810571000.html

        首相 「積極的平和主義」で世界に貢献

 アメリカを訪れている安倍総理大臣は、日本時間の26日未明、保守系のシンクタンク「ハドソン研究所」が開いた会合で英語で演説し、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の見直しに理解を求めたうえで「積極的平和主義」の立場からアメリカと連携して世界の平和と安定に貢献していく決意を示しました。

 この中で安倍総理大臣は歴代の政府が憲法解釈上認められないとしてきた集団的自衛権について▽国連のPKO=平和維持活動でともに活動している別の国の軍隊が攻撃された場合や▽公海上でアメリカの艦船が攻撃された場合、自衛隊が防護できないことを例に挙げ、憲法解釈の見直しに向けた取り組みに理解を求めました。
そのうえで安倍総理大臣は「日本はアメリカが主たる役割を務める安全保障の枠組みにおいて鎖の強さを決定づけてしまう弱い環であってはならない。積極的平和主義のための旗の誇らしい担い手になる」と述べ、「積極的平和主義」の立場からアメリカと連携して世界の平和と安定に貢献していく決意を示しました。
また安倍総理大臣は「日本のすぐそばに軍事支出が少なくとも日本の2倍で毎年10%以上の伸びを20年以上続けている国がある。日本は11年ぶりに防衛費を増額したが、たった0.8%に過ぎない。私を右翼の軍国主義者と呼びたいのであれば、そう呼んでいただきたいものだ」と述べ、軍事費を増大させている中国を引き合いに日本が右傾化しているという見方は当たらないという考えを強調しました。



本来なら正規に会見しなければならないオバマ大統領には冷たくあしらわれ、
こんなジャパンハンドラーの巣窟でペラペラ喋りまくったところでどうにもならないのに。
おまけに中国に向けて、「私を右翼の軍国主義者と呼びたいのであれば、そう呼んで
いただきたいものだ」と自ら挑発してどーする。一国の宰相としての自覚すらない。
日本の軍事費だって、たしか世界第4位くらいのはずだ。
GDPが増えれば、その分軍事費も比例して伸びるわけで、こうした基本的な数字の
意味を踏まえずに感情論で突っ張っしってしまう点が恐ろしい。
それに当の米国は、東アジアの均衡を破りかねない安倍氏の嫌中・嫌韓感情や
集団的自衛権について懸念を抱いていることを忘れてはいけない。
米国にとって最も大切な国は、今では中国なのだから。






 秘密保護法案に対するパブコメ、8割が反対意見だった
2013年09月27日 (金) | 編集 |

報道の自由度ランキングで、なんと53位に転落した日本。
そして天下の悪法、「特定秘密の保護に関する法律案の概要」に対する
パブリックコメントが、今月の17日に、異例の早さで締め切られた。


そういえば、麻生のおっさんがこんなことをほざいていたな。

「憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、
 ナチス憲法に変わっていたんですよ。
 だれも気づかないで変わった。
 あの手口学んだらどうかね」








  東京新聞 9月27日
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013092702000140.html

        秘密保護法案 意見公募で8割反対

 政府は二十六日、自民党の特定秘密保護法案に関するプロジェクトチーム(PT)の会合で、機密を漏らした公務員らへの罰則強化を盛り込んだ同法案の概要に対するパブリックコメント(意見公募)の実施結果を明らかにした。今月三日から十七日の間に約九万件が寄せられ、反対が八割近くを占めた。

 意見公募は、政府が法案を閣議決定する前などに、国民の意見を聞く制度。意見が数件しか寄せられないケースも多く、九万件は異例だ。今回の募集期間が、一般的である三十日の半分しかない十五日だったことを考えれば、国民が強く懸念している実態を示したといえる。

 反対意見は「原発問題やTPP(環太平洋連携協定)交渉など重要な情報を知ることができなくなる」「取材行為を萎縮させる」など、国民の知る権利や報道の自由を懸念する内容がほとんどだった。

 「スパイを取り締まれる状況にしてほしい」など、賛成意見は約一割にとどまった。

 反対意見が圧倒的に多かったことについて、法案成立を推進するPT座長の町村信孝元外相は「組織的にコメントする人々がいたと推測しないと理解できない」と記者団に述べた。


◆政府原案「知る権利」盛らず

 政府は二十六日、特定秘密保護法案の原案を自民党に提示した。焦点の基本的人権に配慮する規定では、新たに「報道の自由」を明記する一方「知る権利」は盛り込まなかった。

 法案は、政府が秘匿の必要があると判断した情報を「特定秘密」に指定し、漏えいすれば最高懲役十年の罰則を科す内容。

 原案は「報道の自由」に関し「十分に配慮するとともに、これ(法律)を拡張して解釈し、国民の基本的人権を不当に侵害するようなことがあってはならない」とした。

 自民党PT座長の町村信孝元外相は「知る権利」が明記されなかった理由について記者団に「(知る権利が基本的人権に含まれるかは)裁判の判断、政府、党、国民の議論も分かれる」と指摘。政府が引き続き明記を検討していくことも明らかにした。

 政府が先に公表した概要では「知る権利」や「報道の自由」に関する規定で「基本的人権を不当に侵害することがあってはならない」と表記していたが、与党の公明党は具体的に表現するよう要求していた。

 ただ、規定は努力目標にすぎず、どんな表現が盛り込まれても「知る権利」が制限される懸念は消えない。




意見を寄せた中の8割に当たる9万人が反対を表明したのに対し、
冷血・座長の町村信孝元外相は組織的にコメントを書き込んだのだろう、だと。
そういう前近代的思考の持ち主には、知る権利だの報道の自由といった
民主政治の基本理念など、とうてい理解できないんだろうな。

かく言う私も、ぎりぎり16日に反対意見のパブコメを書いて送信しておいた。
もちろん、どの組織にも属さない、個人的な意見としてね(^-^)







 福島で「白虎隊ウォーク」が復活
2013年09月25日 (水) | 編集 |

昨日に引き続いて福島のニュースなど。
会津戦争や白虎隊とも、新選組の土方歳三や斎藤一らが深く関わっているので
こうしたイベントが再開されたことは感慨深い。



   福島民報 9月25日
     http://www.minpo.jp/news/detail/2013092511108

         3年ぶり白虎隊ウオーク 若松で隊士の足跡探る


 戊辰戦争で西軍に追われた白虎隊士が通った飯盛山の洞門を歩くイベント「我ら!白虎隊ウオーク」は24日、会津若松市の同所で行われた。
 飯盛山商店会(飯盛康子会長)の主催。東日本大震災以降、毎年秋に開催していたイベントを中止していたが、復活を望む声に応え、3年ぶりに再開した。地域住民ら約100人が参加した。
 近くの旧滝沢本陣で出陣式を行い、飯盛山裏手の洞門入り口に向けて出発。参加者は白虎隊士に思いをはせながら、懐中電灯を片手に約170メートルの洞門の中を歩いた。
    







 東電の技術者や原発作業員の人材流出が止まらない
2013年09月24日 (火) | 編集 |

原発関連の人員が不足するであろうことは前々から懸念されていたが
東京オリンピック招致が決定してから、なおさら作業員などの流出が増えている。
そりゃそうだろう。危険で手当も少ない原発事故収束作業より、オリンピック
関連の仕事の方がいいに決まっている。
フクイチの現場ではその分、非熟練作業員が増えて、作業ミスなども増大して
いるようで、この先どうなるのか、いずれ強制徴用の赤いハガキが各家庭に
届くようになるのかもしれない。



   福島民報 9月24日
     http://www.minpo.jp/news/detail/2013092411077

          東電人材流出続く 退職事故前の3倍

 東京電力福島第一原発事故に伴う東電の人材流出に歯止めがかからない。今年4~6月の3カ月間の依願退職は事故前の3倍相当の109人に上ることが東電への取材で分かった。若手技術者の離職が目立ち、長期間にわたる廃炉作業への影響が懸念される。実際に作業に当たっている協力企業でも人員確保が難しくなっている。廃炉作業に加え、汚染水対策などで人員増が迫られる中、「人材確保の面でも国が先頭に立つべき」と指摘する声が上がっている。


■危機感

 東電によると、同社の平成22年度の依願退職者は134人。福島第一原発事故発生後の23年度は465人、24年度は712人と急増した。25年度は4~6月までの3カ月間で109人が退職した。年間約400人のペースで、震災発生前の約3倍となっている。
 東電は退職者の部門別や退職理由は明らかにしていない。関係者によると、40歳以下が約7割を占める。会社の将来への不安や、管理職30%、一般職20%の給与削減などで生活設計の見直しを迫られていることなどが背景にあるとみられる。東電関係者は「このままでは、長期間にわたる廃炉作業に影響が出かねない」と危機感を募らせる。
 福島第一原発では、東電の社員が作業の内容を計画立案し、協力企業の社員が実際の作業に当たることが多い。長年、同原発に携わってきた双葉郡内の協力企業の役員は「原発に詳しい東電の社員が現場で減ってきている」と明かす。「作業員に対する東電の指揮機能が低下すれば、さまざまな作業で支障を来す恐れがある」と不安をのぞかせる。
 東電は経費削減のため、人員削減を打ち出している。しかし、中堅社員の相次ぐ退職などを踏まえ、3年ぶりに新規採用を再開し、必要な人員の確保を進める。
 ただ、原発事故後、各大学の原子力関係学科への志願者は減少しており、将来にわたり人材を確保できるかは未知数だ。


■見通し立たず

 福島第一原発で実際に廃炉作業に当たっている協力企業でも人員確保が難しくなっている。
 同原発では、1日約3千人の作業員が廃炉作業に当たっているが、浜通りのある協力企業は、社員を募集しても応募がほとんどない。原発内での作業に比べ、被ばくの危険性が少ない除染作業に人材が流れる傾向があるという。
 各協力企業は、社員の配置転換などで被ばく線量が法定限度を超えないようにやりくりしている。郡内の協力企業の幹部は「限度を超えれば、作業ができなくなる。社員にとっても会社にとっても死活問題になる」と現状を打ち明ける。
 さらに、東日本大震災の復興事業に加え、2020年の東京五輪に向けた交通網や選手村などの整備が始まれば、作業員は県外に流れ、確保が一層難しくなるとみている。
 東電と政府が6月に公表した廃炉に向けた工程表の改訂版では、必要な実人員を25年度は1万800人と見込んでいる。しかし、同原発では、改訂版公表後の8月に地上タンクで高濃度の放射性物質を含む汚染水漏れが確認された。パトロール強化やタンク交換のため、既に計画以上の人員が必要になっている。
 東電は今後の見通しについて「作業の量によるので、どの程度の人数が必要になるかは、何とも言えない」としている。


■国が先頭に

 政府は教育・研究機関と連携しながら廃炉に関する人材の育成を目指すとしている。
 だが、東電からの人材流出が続く現状に、郡内の協力企業の関係者は「技術者を中心とした人材確保にも国が先頭に立つ必要に迫られている。東電だけに任せていては本県の復興はますます遅れてしまう」と懸念する。
 別の協力企業の役員も「政府は、各省庁の技術者の福島第一原発への派遣に本腰を入れるべきだ」と訴える。
 経済産業省資源エネルギー庁は「現時点では、作業自体に支障があるとは聞いていない」とし、技術者の派遣については検討対象にしていない。







 安倍首相、実際の範囲を知らずに汚染水はコントロールできていると明言してた
2013年09月22日 (日) | 編集 |

これはホントに耳を疑った、安倍ぴょんの「じぇじぇじぇ!発言」(ーー;)
国際オリンピック委員会(IOC)総会での、あの自信に満ちた汚染水の
アンダーコントロール発言はいったい何だったんだろうか。
ガ━━━━ン!! .Σ(゚д゚lll)






  共同通信 9月21日
    http://www.47news.jp/47topics/e/245826.php

      安倍首相「0・3平方キロはどこ?」/
              現地視察の際、東電幹部に/範囲知らず発言か


 東京電力福島第1原発の汚染水問題をめぐり、安倍晋三首相が19日に現地を視察した際、放射性物質による海洋への影響が抑えられていると説明する東電幹部に、「0・3(平方キロ)は(どこか)」と尋ねていたことが20日、分かった。

 首相は東京五輪招致を決めた国際オリンピック委員会(IOC)総会で「汚染水の影響は港湾内0・3平方キロの範囲内で完全にブロックされている」と説明していたが、実際の範囲がどの程度か理解しないまま発言していた可能性がある。

 安倍首相は第1原発1、2号機東側の護岸を視察し、東電の小野明所長から放射性物質の海への流出や海中での拡散を防ぐ対策の説明を受けた。首相はこの際に「0・3は?」と質問。小野所長は港湾出口に灯台があることを示しながら広さを説明した。

 1~4号機東側の護岸では、地下を通じて海に流れ込む放射性物質が拡散しないように「シルトフェンス」という水中カーテンを設置している。水の流れを完全に遮断できるわけではなく、政府、東電とも放射性物質が港湾外に出ている可能性を否定していない。

 東電はこれまで、首相が「ブロックの範囲」をシルトフェンス内と誤解している可能性もあるとみて、首相発言への言及を極力避けてきた。今回の現地視察でようやく理解を得られた格好だ。

 ただ5、6号機では、港湾から放射性物質を含んだ海水をくみ上げて原子炉冷却に使った後、放水口から外洋(港湾外)に直接放出している。

 放出量は1日16万8千トンで、気象庁気象研究所の青山道夫主任研究官は1日600億ベクレルのセシウム137などが含まれていると分析しているが、東電は濃度が法定基準以下であることを根拠に「問題はない」としている。






 芹沢鴨暗殺に新事実
2013年09月21日 (土) | 編集 |

また一つ、幕末の新選組に関する新事実が発見された。
今回は芹沢鴨暗殺にまつわる謎を解き明かす、なるほどと思える文書記載だ。







京都の八木邸 芹沢暗殺の部屋。 2013年5月14日




   共同通信 9月16日
     http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013091601001753.html

     新選組・芹沢鴨暗殺に新説 会津藩、無断行動に怒り?

 酒乱で乱暴者だったことを理由に暗殺されたとの説が有力な新選組の初代局長芹沢鴨が、殺される直前、攘夷派だった有栖川宮家に奉公を申し出ていたことが、宮内庁が所蔵する「有栖川宮家日記」の記載で16日までに分かった。

 記載を確認した幕末維新期の人物史研究家、あさくらゆうさん(44)は暗殺の背景について「無断の申し出が、新選組を管理していた会津藩の怒りを買ったためではないか」と分析している。

 日記などによると、幕末の文久3(1863)年9月13日、芹沢は浪士15人を率いて事前連絡なしに有栖川宮家を訪れ、有栖川宮熾仁親王に仕えたいと申し出た。



芹沢は確かに酒乱であったが、教養が高く面倒見の良い人物でもあり、
これまで描かれてきた人物像はあまりに悪人ぶりがひどくて、にわかには賛同できない
部分が多々あった。
水戸天狗党の残党だった芹沢は尊攘激派であり、一時期近藤勇もその思想に共鳴し
同じ試衛館メンバーである井上源三郎や土方歳三も危惧を抱いたことがあった。

そもそも新選組を単なる無頼の徒だの、食い詰めた佐幕派の剣客集団だのといった
誤った先入観で見るからわけがわからなくなるのであって、彼らはれっきとした思想集団
であり、局長の近藤勇は剣客というより優れた政治家であった。
また会津藩預かりになってからは、近藤・土方によって、同志集団から近代的官僚組織へと
変貌していく。その証拠として、新選組は公印を用い、公文書を作成していたのだ。

したがって芹沢をはじめとする幾多の粛清や同志たちとの軋轢には、思想的な対立がからむ
事案が多かった。後の参謀・伊東甲子太郎一派(高台寺党)の分裂と暗殺も同様である。



  最初の屯所である八木邸については、こちらをどうぞ

      京都日帰り新選組めぐり  ~その2 壬生屯所・新徳寺・壬生寺~
         http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20130516.html






 小沢一郎氏が語る“陸山会事件”の真相 You Tube より
2013年09月20日 (金) | 編集 |

大手メディアが黙殺している小沢一郎氏の動向。
でも小沢氏は意気軒昂で、いつも正論を語ってくれる。



    激論!コロシアム~これでいいのか?ニッポン~








 地中海でイスラエルと米国がミサイル実験
2013年09月04日 (水) | 編集 |

たしか番組の途中でニュース速報が流れたと記憶しているが(仕事が忙しく
正確にはよく覚えていないが(ーー;))、これにはびっくりして度肝を抜かれたね。
なにしろこの微妙な時期に、イスラエルと米国が地中海でシリアに向けてミサイル
実験をして、それをロシアのレーダーが探知したっていうんだから。
これが北朝鮮のミサイル実験だったら非難轟々なのに、米国やイスラエルなら
同じことをしても許されるのか! ほんとに腹が立つ
一説によれば、ロシアのミサイル探査能力を調べるための実験だったともいわれ、
もし仮にロシアが反応して反撃したら、それを口実に戦端を開く腹積もりであったとも
いわれている。この腐りきった戦争屋どもがいるかぎり、世界に戦火の絶えることはない。






9月3日、イスラエルは、地中海で米国と合同でミサイル実験を実施したと発表した。
写真はイスラエルと米国の国旗。
エルサレムで3月撮影(2013年 ロイター/Baz Ratner)




    ロイター通信 9月3日     
      http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE98207O20130903

    ロシアが地中海で弾道「物体」発射を探知、シリアへの攻撃報告なし

[モスクワ 3日 ロイター] - ロシア国防省は、地中海で2つの弾道「物体」が発射されたことをレーダーが探知したと明らかにした。

 国営ロシア通信(RIA)など、複数のロシアの通信社が伝えた。シリアがミサイル攻撃を受けたとの報告はない。また、ロシアの通信社は、シリア政府当局者の話として、発射された物体は海上に落下し、シリアの首都ダマスカスでは爆発などの被害は出ていないと伝えている。

 これを受け、イスラエルが地中海で米国と合同でミサイル実験を実施したと発表。ミサイル迎撃システムのターゲットとして使われるミサイルの実験だったとしている。

 イスラエル国防省によると、実験は現地時間午前9時15分(日本時間午後3時15分)に実施された。地中海中部から地中海東部に向けて2つの弾道「物体」が発射されたことをレーダーが探知したとロシア通信が報じた時刻とほぼ一致する。

 ただその後、米海軍報道官は「地中海で米国の艦船からミサイルは一切発射されていない」と述べ、地中海上でのミサイル発射を否定するなど、情報は交錯している。

 ロシアのイタルタス通信は、在シリア・ロシア大使館員の話として、ダマスカスが攻撃される徴候は出ておらず、市内で爆発などの被害も出ていないと報じている。

 また、レバノンのアルマナール・テレビはシリアの保安当局の話として、シリアの早期警戒レーダーは、シリア領内のミサイル落下は探知していないと伝えている。

 インタファクス通信が国防省報道官の発言として報じたところによると、黒海近くのアルマビルにある早期警戒レーダーが0616GMT(日本時間午後3時16分)頃、物体の発射を探知した。同レーダーは欧州とイランからのミサイルを探知するために設置されている。

 インタファクス通信によると、同報道官は「物体の軌道は、地中海の中部から地中海の東部沿岸に向けて描かれている」と述べた。

 同報道官は、誰が物体を発射したのかや、物体発射の影響については語らなかった。RIA通信はシリアの消息筋の話として、2つの弾道物体は海に落下したと報じた。

 国防省はロイターへのコメントを拒否した。

 イタルタス通信によると、シリアのロシア大使館は、ダマスカスでは爆発やミサイル攻撃の兆候はみられない、と述べた。

 イスラエル軍の報道官は、地中海東部で弾道ミサイルが発射されたとは認識していないと述べた。同報道官は、「そうした出来事が起きたとは現時点では認識していない」と語った。

 ロシアのショイグ国防相は物体発射をプーチン大統領に報告した。プーチン大統領の反応は今のところ伝えられていない。

 シリアの友好国であるロシアは、これまでもシリアに対する軍事介入に反対する姿勢を示しており、ロシア国防省当局者は、米国がシリアに近い地中海に艦船を配備したと非難していた。

 ロシアが地中海で弾道「物体」の発射を探知したと報じたことを受け、北海ブレント先物は1ドル以上上昇、ドバイの株価が下落するなど金融市場にも影響が出た。

 シリア情勢の緊迫化を受け、米軍は地中海に駆逐艦5隻などを配備。これに加え米軍は2日、空母「ニミッツ」とその他4隻の艦船が紅海に向けて航行中であることを明らかにしている。