FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 麻生氏発言の真意は「ナチスの手口」ではなく、「だれも気づかないで変わった」の部分にある。
2013年08月01日 (木) | 編集 |

例の「ナチスの手口」発言は案の定国内外で大きな問題になり、米国からの
お叱りを受けて、「誤解を招く結果となったので、ナチス政権を例示としてあげた
ことは撤回したい」と、この人が取材陣に語ったとか







ツイッターで見つけた画像をシェア。



といっても謝罪をしたわけではなく、「ナチス云々」の部分を撤回しただけ。
それも、誤解を招くように間違って解釈したのはそっちだろ的な態度は崩さない。
何より麻生氏の歴史解釈はデタラメで、ワイマール憲法がいつの間にかナチス憲法に
変わっていたという史実はない。「全権委任法」の成立によってヒトラーは議会の承認
なしで法律を制定できる力を手中にし、ワイマール憲法を無力化させたのである。

この間にもユダヤ人や共産主義者への激しい弾圧が続いた。
ナチス政権は第一次大戦で疲弊し、戦勝国への恨みの感情が渦巻くドイツの人びとの
心の隙間に上手に入り込み、合法的な選挙によって大躍進を遂げたのであった。
こうした手法においては、まさしくナチスと自民党はぴったり重なり合う。
そしてナチス独裁への道を切り開いた「全権委任法」を真似て、自民党もこの後、現憲法
の無力化を図るつもりなのだろう。

麻生氏の撤回部分以外の発言はこうだ。
「憲法はある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。
だれも気づかないで変わった。あの手口に学んだらどうかね。わーわー騒がないで。本当に
みんないい憲法と、みんな納得してあの憲法変わっているからね。」

発言の真髄は、「だれも気づかないで変わった。わーわー騒がないで。」という部分だ。
ある日、日本人は知らない間に、現憲法が自民党作成の憲法に変わっていたのに気づいた。
個人の権利と自由は制限され、戦争に駆り出されて死ぬ自由だけがあった。
といった悪夢世界が、ついそこまでやってきているのだ。
これはナチスよりもさらに巧妙な仕掛けがされた、絶望的な未来かもしれない。




    朝日新聞 8月1日
      http://www.asahi.com/politics/update/0731/TKY201307310562.html?ref=reca

       麻生副総理の憲法改正めぐる発言要旨

 護憲と叫んでいれば平和が来ると思っているのは大間違いだし、改憲できても『世の中すべて円満に』と、全然違う。改憲は単なる手段だ。目的は国家の安全と安寧と国土、我々の生命、財産の保全、国家の誇り。狂騒、狂乱のなかで決めてほしくない。落ち着いて、我々を取り巻く環境は何なのか、この状況をよく見てください、という世論の上に憲法改正は成し遂げるべきだ。そうしないと間違ったものになりかねない。

 ヒトラーは民主主義によって、議会で多数を握って出てきた。いかにも軍事力で(政権を)とったように思われる。全然違う。ヒトラーは選挙で選ばれた。ドイツ国民はヒトラーを選んだ。ワイマール憲法という当時欧州で最も進んだ憲法下にヒトラーが出てきた。常に、憲法はよくてもそういうことはありうる。

 今回の憲法の話も狂騒のなかでやってほしくない。靖国神社も静かに参拝すべきだ。お国のために命を投げ出してくれた人に敬意と感謝の念を払わない方がおかしい。いつからか騒ぎになった。騒がれたら中国も騒がざるをえない。韓国も騒ぎますよ。だから静かにやろうや、と。憲法はある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口に学んだらどうかね。わーわー騒がないで。本当にみんないい憲法と、みんな納得してあの憲法変わっているからね。ぼくは民主主義を否定するつもりはまったくありませんが、私どもは重ねていいますが、喧噪(けんそう)のなかで決めてほしくない。



    琉球新報 8月1日
      http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-210369-storytopic-11.html

     社説 麻生氏「ナチス」発言 看過できない重大問題だ

失言・放言癖のある人だから、では済まされない重大発言だ。
 麻生太郎副総理兼財務相が講演で、憲法改正をめぐり戦前ドイツのナチス政権時代に言及する中で「ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた。誰も気がつかない間に変わった。
あの手口を学んだらどうか」と述べた。
 当時、世界で最も民主的で先進的といわれたワイマール憲法を現在の日本国憲法になぞらえて、改憲の必要性を説く中で出た言葉である。
 麻生発言の向こう側に、ワイマール憲法破壊後に戦争に突き進んだナチス政権と、憲法を改正して国防軍創設などを目指す自民党、安倍政権の姿勢が重なって見えると言ったら言い過ぎだろうか。
 1933年の政権奪取後、ナチス政権は「一家に1台フォルクスワーゲン」のスローガンの下でアウトバーン建設など公共工事を推し進めて景気を回復。一方で、反ユダヤ主義などでナショナリズムを刺激し、政権基盤を固めた。
 その「手口」に学び、アベノミクスによる景気回復を強調し、尖閣などの領土問題や歴史認識問題でナショナリズムを刺激する。こうした中で「改憲やむなし」の空気を醸成する。そういうことか。
 ナチス政権は国会議事堂放火事件を政治利用し「緊急事態」に対処するためとして、内閣に立法権を一時的に付与する「全権委任法」を成立させた。同法を根拠にナチス以外の政党の存在を認めずに、独裁と戦時体制を確立したのだ。
 自民党の憲法改正草案も98条と99条で「緊急事態」に関する規定を設けている。有事や大規模災害時に、法律と同等の政令を制定することができるなどの権限を内閣に付与するものだ。これもナチスの「手口」に学んだのか。
 自民党、安倍政権の改憲目的は、戦時体制を整えるためにあるのかと思われても仕方があるまい。しかし、緊急事態規定がいかに権力によって乱用され、悲劇的な結果を招くかはナチス政権を見ても明らかだ。
 昨年の衆院選での自民党同様、ナチス政権も民主的制度の下で合法的に政権を奪取した。しかしその後に、かつての日本と同様に戦争への道を歩んだということを、国民は肝に銘じる必要がある。
 首相の任命責任も重い。麻生氏は民主主義を否定するつもりはないとも述べたが、額面通り受け取る人がどれだけいるだろうか。





スポンサーサイト