激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 アルジェリア人質事件に思う
2013年01月19日 (土) | 編集 |

アルジェリアで起きた人質事件は、まだ全容がよくわからないが、政府はさっさと
政府専用機を出して邦人の救出に向かうべきだ。
それともかつての小泉政権下のように、「自己責任」として冷たく切って捨てるのだろうか。
以下、今朝の東京新聞のコラム「筆洗」と「こちら特報部」の記事が秀逸だったので
貼っておく。











まだアルジェリアでの事件が起きる前、フランスがマリを空爆した時点で、
私はツイッターに、リビアのカダフィー政権が倒されたあと、大量の武器がマリに
流出したと書き込んだ。独裁だのテロリスト国家だのという理由で他国の政権を
倒した結果が、かえってテロリズムの蔓延を招くことになってしまった。
愚かなことだ。「筆洗」の3段目の【広大なあの地で反政府活動をする人々を
「テロリスト」と一緒くたに呼び、ただ軍事攻撃の的とする限り、彼らの実像は
見えてこないはずだ
】という箇所に、深く賛同するものである。





    
 


上の記事は、同じく東京新聞1月19日の「こちら特捜部」。
欧米は「民主化」を旗印にアラブ諸国の反政府勢力を支援してきたが、皮肉なことに
民主化を求める「アラブの春」は、これまで弾圧を受けてきたイスラム急進派も
伸長させてしまった。
記事の最後の部分はこうだ。
【植民地支配の歴史や民主化の二重基準に加え、「アラブの春」を機に無警戒なまま
「パンドラの箱」を開け、その脅威にうろたえる欧米諸国。
そうした迷走への不信が、アルジェリア軍に強硬策をとらせた背景にはある。政権党の
アルジェリア民族解放戦線(FLN)には対仏独立戦争を導いた歴史がある。それも欧米諸国
に振り回されない判断を支えた一因といえるかもしれない。
今回の事件では、日本人が例外扱いされることはなかった。かつて、日本には欧米とは
一線を画した対イスラム圏友好外交の蓄積があった。だが、イラク戦争への事実上の参戦
など対米追随外交の結果、過去にあった友好の「貯金」はすでに使い果たされている。


日本独自の戦略もないまま、「日米同盟の深化」というお題目のもと集団的自衛権の
行使容認で米国の戦争に参加できるようになっていけば、日本は実質的にテロの目標
となるだろう。
そうした日常的な死と破壊の恐怖に、今後日本は耐えられるのだろうか。





スポンサーサイト

 原発を稼働していない日本原電が過去最大の純利益を上げていた
2013年01月11日 (金) | 編集 |

動いても動かなくても儲かる仕組みになっている原発。
腐りに腐っているこのシステムを壊さないかぎり、国民はいつまでも
高い料金を搾り取られ、危険と隣り合わせに暮らしていかなければならない。



   朝日新聞 1月11日

     日本原電、発電せず最高益 電力5社から760億円
 
 敦賀原発(福井県)などを持つ原発専業会社の日本原子力発電(本社・東京)が、原発を動かしていないにもかかわらず今年度上半期の純利益が過去最高の209億円になった。東京、関西など5電力が電気を買う契約を続け、電気が送られていないのに「基本料」として計760億円ほども払ったからだ。この費用は各電力の電気料金に含まれ、利用者が負担している。








上の記事の図を拡大。
【5電力は、日本原電に支払う費用を電気を送るためにかかる「原価」
として家庭向け電気料金に含めている。昨年9月に値上げした東電は
日本原電への支払い費用を原価に入れた。昨年11月に値上げ申請した
関電も原価に含めており、経産省の電気料金審査委員会が審査している。】







 BS時代劇『アテルイ伝』 アテルイら蝦夷(えみし)の中心は胆沢地方
2013年01月10日 (木) | 編集 |





明日11日から、NHK「BS時代劇」で『火怨・北の英雄 アテルイ伝』が始まる。
最初このタイトルを見たときは、アテルイって誰?と思ったが、そういえば東北古代史の
本を持っていたなと本棚を探すと、工藤雅樹・著『蝦夷(えみし)の古代史』が出てきた。
以前、幕末の蝦夷共和国について調べる際に参考文献として購入した1冊で、最初の
部分と後半のアイヌとの関連部分だけ読んで、肝心の真ん中は読み飛ばしたままだった。
でその真ん中部分を見ると、ちゃんと大墓君阿弖流為(おおばかのきみあてるい)や
盤具君母礼(いわぐのきみもれ)、坂上田村麻呂の名前があった。(;^_^A


番組の第1回目の説明は…
【奈良時代末期、東北には「蝦夷」と呼ばれた一族が暮らしていた。日本全土を支配下におさめようとする大和朝廷の手が、東北にも伸びてきた。胆沢(現在の岩手県奥州市)の族長の息子、阿弖流為(大沢たかお)は、ヤマトに連れ去られた妹・阿佐斗(高梨臨)を奪還すべく、元は蝦夷でありながら今はヤマト側についている呰麻呂(大杉漣)や母礼(北村一輝)とともに、ヤマトの拠点である多賀城を襲撃し、火をかける。】


『蝦夷の古代史』のカバーには、こうある。
【古代の東北北部、そこは蝦夷と呼ばれる人びとの天地だった。縄文人の子孫として独自の文化を培っていた彼らはどのような民族だったのか。大和、京都の政権に抵抗を続けた蝦夷たちの歴史を古墳時代から平安末期までたどり、その社会や文化、アイヌとの関わりなどに光を当てる。北の大地に生きた人びとの軌跡を通して、明らかになる日本史の真実。】

現在は蝦夷を「エゾ」と読むが、この本によると平安時代末期近くまでは「エミシ」と
読んだという。そして「エミシ」の古い漢字表記は「毛人」であり、「蝦夷」の字が
当てられたのは7世紀半ば頃だった。
【はじめに「エミシ」という古語があり、それに対してはじめのうちは「毛人」という漢字をあてたのであるが、次の段階になると「蝦夷」と記すようになり、最終的には「蝦夷」の読みが「エミシ」から「エゾ」に変わったということになる。】

【「エミシ」という語のもともとの厳密な意味はもはや知りえない。だが神武紀の歌謡の内容から推し量ると、「エミシ」という語には「強く、恐ろしく、かつ畏敬すべき人たち」というニュアンスがあったと考えられる。「エミシ」を毛人と記すようになった飛鳥時代や奈良時代の中央の有力者のなかにも、蘇我毛人(そがのえみし 蘇我馬子の子、大化の改新で倒された曽我入鹿の父で、舒明・皇極期の大臣)、小野毛人(おののえみし 遣隋使であった小野妹子の子)、佐伯今毛人(さえきのいまえみし 東大寺の造営に活躍)など、多くの「エミシ」という名前の人物が存在することからも、もともとは「エミシ」という語は蔑称ではなく、中央貴族の名前としてもふさわしい語義だったことが推測できる。】



その昔、山岸凉子のマンガ『日出処の天子』を読んで、登場人物の一人の蘇我蝦夷
(毛人)が貴人でありながら、なぜエミシという名前なのか長らく疑問に思っていたが、
ひょんなことから謎が解けた(^-^)

で時代が下って、天皇に対する異族の意味で「蝦夷」という表記が考え出された。
エミ=鰕(エビ、エミ)から、虫へんの「蝦」になったのだ。

話は長くなるが、藤原仲麻呂、道鏡の時代を経て(ここらへんも別のドラマで観たので
次の機会に紹介することにして)、いよいよ桓武天皇の時代に入り、政府軍と蝦夷側の
武力対決も大きなものになっていく。

上のドラマ紹介に「胆沢(現在の岩手県奥州市)の族長の息子、阿弖流為」とあるが、
『蝦夷の古代史』にも「次第に、政府に敵対する蝦夷の中心は胆沢地方であることが
はっきりしてくるのである。」との記述がある。


この胆沢とは、現在の岩手県奥州市水沢区付近のこと。
かつては水沢市といった。
水沢といえば、小沢一郎氏の本籍地でもある。
うーん、なかなかに因縁ぶかいなあ(~_~)
小沢一郎は現代の阿弖流為なのかもしれない。なんちゃって。







 米国防長官にヘーゲル氏を指名 日本に新たな外交戦略はあるのか?
2013年01月09日 (水) | 編集 |

欧米やアジア各国から右翼政権の誕生と警戒されている安倍内閣。
安保体制の強化を図るためには中国との戦争も辞さないと勇ましさを
強調しているが、頼みの綱の米国自身が日本を見る目は冷ややかだ。

米国のテレビで今年の予測を語っていたが、それによると懸念される
ヨーロッパ金融危機はそう拡大しない。逆に中国経済のかげりが世界に
大きな影を落とすだろうとのこと。
米中両国の相互依存関係は拡大する一方なので、日本が下手に中国
たたきをすれば米国に睨まれることになるだろう。
折しも、米国防長官に穏健なヘーゲル氏が指名された。
これまでの自民党が行ってきた古臭い外交戦略はもはや通用しないこと
を肝に銘じなければ、日本はこの先の進路を誤りかねないだろう。






7日、ホワイトハウスで、国防長官、中央情報局(CIA)長官にそれぞれ指名した
ヘーゲル元上院議員(左端)、ブレナン大統領補佐官(右端)
と共に会見するオバマ米大統領(AFP=時事)



時事通信 1月8日
  http://www.jiji.com/jc/zc?k=201301/2013010800028&g=int

     米国防長官にヘーゲル氏=超党派人事、承認で曲折も
                 -CIA長官はブレナン補佐官


【ワシントン時事】オバマ米大統領は7日、引退するパネッタ国防長官(74)の後任に、チャック・ヘーゲル元上院議員(66)を指名した。大統領はまた、不倫問題で2012年11月に中央情報局(CIA)長官を辞任したペトレアス氏(60)の後任として、国土安保・テロ対策担当のジョン・ブレナン大統領補佐官(57)を指名した。ヘーゲル、ブレナン両氏は上院の承認を経て就任する。
 ヘーゲル氏は共和党上院議員を2期12年務め、野党陣営にありながらオバマ大統領と親しい。大統領は記者会見で、ヘーゲル氏について「愛国者だ」と述べ、ベトナム戦争従軍歴を持つ初の国防長官になると紹介。さらに「われわれが必要とする超党派の伝統を象徴している」と強調した。
 大統領はすでに、次期国務長官として民主党のケリー上院外交委員長(69)を指名しており、外交・安保の要に政治経験豊富な人材を配し、アフガニスタンからの撤退や核開発を続けるイランへの対応といった2期目の課題に臨む。
 ヘーゲル氏は軍事力の行使に慎重な穏健派として知られ、議員時代に共和党のブッシュ前政権のイラク政策を批判した。08年の大統領選では、民主党候補のオバマ氏を支持。核廃絶論者で、「核なき世界」を目標に掲げるオバマ大統領と気脈を通じている。
 ただ、ヘーゲル氏は、イスラエルと敵対するイランとの話し合いに前向きで、共和党内から「反イスラエル」だとして指名に反対する声が上がっている。同性愛を理由に大使人事の承認に反対した過去の経歴から、民主党の一部にも起用に慎重な向きがあり、承認手続きは曲折も予想される。







 脱原発見直しの安倍政権は、六ヶ所村で東アジアの核ゴミを処理する腹づもり
2013年01月08日 (火) | 編集 |

東京新聞のこの記事を見てから、ひどく憂鬱な気分に陥っている。
収束の目処の立たない原発事故で国土の東半分を汚染されながら、
安倍新政権はなおも原発を推進し、その上青森の六ヶ所村の再処理
施設で東アジアの使用済み核燃料を受け入れるという。
まったくもって正気の沙汰ではない。
その目的は、またしても「日米同盟」強化のため。
この日米同盟利権屋+原発利権屋のタッグによって、国土も国民も
さらなる恐怖の中での暮らしを余儀なくされるだろう。
もし再び事故が起きれば、文字通り日本は終了してしまう。
自民党や官僚、財界はその時の覚悟と責任を負えるのだろうか。
それとも自分らだけさっさと日本を脱出して、あらかじめ確保して
おいた安全な土地で、何食わぬ顔で暮らしていくつもりなのだろうか。









   東京新聞 1月6日

    東アジア核のごみ→六ケ所村で再処理受託 
       政府、核燃の延命構想



 昨年末の発足後、脱原発路線の見直し発言が相次ぐ安倍晋三政権。内閣や官邸の顔ぶれを見ても原発維持派がずらりと並んだ。最大の焦点は、日本の原子力政策の中核を占めた核燃料サイクル事業の位置づけ。福島の原発事故で原子力施設の安全性が疑問視される中、韓国など東アジアの原発から出る使用済み核燃料を青森県六ケ所村の再処理施設で再処理することで延命を図る構想が浮上している。 (北島忠輔、谷悠己)


◆同盟を御旗に

「放棄する選択肢はない」。茂木敏充経済産業相は就任直後の会見で、使用済み核燃料からプルトニウムを取り出し再利用する核燃サイクル政策についてこう述べ、事業継続に意欲を示した。
 核燃サイクルは「原発ゼロ」を揚げる民主党政権でも継続する方針を示していた。ところが、安倍政権の下でならニュアンスは微妙に違ってくる。キーワードは「東アジアの安全保障」と「日米同盟の強化」だ。
 実は、民主党政権時代の昨年5月、当時の細野豪志・原発事故担当相の私的諮問機関が「核燃料サイクルの検証と改革」と題する報告書をまとめていた。そこにはこう提言してある。
「廃棄物処理の期待に応えることは、東アジアでのわが国の外交、安全保障、経済にまたがる国際戦略基盤の強化と核不拡散、原子力の平和利用の取り組みに貢献する」
 つまり、六ケ所村の再処理施設に韓国やベトナムなどアジアの原発保有国から使用済み核燃料を受け入れ、プルトニウムにして返還するという「アジア再処理構想」だ。

◆16年に韓国満杯

 核燃サイクルに投じた費用は既に少なくとも3兆円。ところが、主要施設の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)も六ケ所の再処理施設もトラブル続きで、計画から半世紀以上たっても実現していない。
「金食い虫」に加え、福島事故で安全性が疑問視されるなど世論の風当たりは厳しい。ところが「東アジアの安全保障を名目にすれば、六ケ所の存在意義が出てくる」(民主党の閣僚経験者)。
 報告書を取りまとめた元外務官僚の遠藤哲也氏も「核兵器の原料となるプルトニウムを持て余している日本がサイクル政策を続けるには、国際的な意義付けが必要。安倍政権も再処理施設の国際利用を検討すべきだ」と期待を寄せる。
 その試金石になりそうなのが来年期限切れを迎える米韓原子力協定(1973年発効)の改定交渉だ。
 23基の原発が稼働するお隣、韓国は、使用済み核燃料が3年後の2016年までに備蓄許容量の限界に達すると予測されている。このため韓国側は再処理施設やウラン濃縮工場の建設などを要求。ところが、米国側は北朝鮮を刺激することや「国際的な核不拡散政策に影響を及ぼしかねない」として難色を示し、議論が平行線をたどり続けている。
 そこで浮上するのが核保有国以外で唯一、再処理妹施設を持つ日本への再処理委託。仮に米国が朝鮮半島の安全保障を理由にその実現を強く求めてくれば「日米同盟強化」を掲げる安倍政権にとって難しい対応を迫られる可能性が出てくる。

◆官邸推進シフト

 ただ、安倍首相を支える官邸の顔ぶれを見れば推進姿勢は明らか。首相秘書官には原発などエネルギーを所管する経産省から異例の2人が起用された。
 柳瀬唯夫前審議官は資源エネルギー庁原子力政策課長だった06年に「原子力立国計画」を策定。将来の原発比率を40%以上に高める計画を取りまとめた。もう1人の今井尚哉・前資源エネルギー庁次長は海外への原発輸出を推進した。
 原子力資料情報室の伴英幸共同代表は「核燃サイクルは自民と経産省が練り上げた事業。このタッグが復活したことで事業は再び動きだすのは間違いない」と警戒している。







 お正月の時代劇ドラマ
2013年01月07日 (月) | 編集 |

  



年末に『薄桜記』が終わってしまい、忠臣蔵関連の番組も終了したので
なんだかな~(´З`)と気落ちしたが、明けてお正月の2日にはテレビ東京の
『白虎隊~敗れざる者たち』が、6日からはNHK大河の『八重の桜』と会津
関連の番組が目白押しなので、ちょっぴり機嫌が直ってきたりして…(・∀・)

東北復興へのエール番組という意味ではあるが、これまでマイナスのイメージで
描かれることが多かった旧幕府側が脚光を浴びるのは、とても喜ばしい。
『八重の桜』では会津藩主・松平容保と佐久間象山のキャラがこれまでで最も
実物に近いのに満足。その代わり、新選組関係が期待薄でがっくりだが。
『白虎隊』については、いおりさんからのクリスマスカードに岸谷五朗の土方歳三
は許せないと書いてあったので、どうなることかと心配だったが、想像していた
以上に土方のシーンが多く、しかもカッコよく描かれていたので、外見はぜんぜん
似てないし老けすぎだけど、ま、いいかと妥協した次第だ。
土方がメインになった分、近藤勇が割を食って目立たなくなったのは可哀そうだが。
7時間に及ぶこの長編ドラマは、『薄桜記』と同じジャームス三木の脚本で、ところ
どころ薄桜記的なセリフがあって思わずにやりとしてしまったが、白虎隊のタイトル
なのに主人公は北大路欣也(西郷頼母)だし、さらにその欣也の頑張りにもかかわらず
美味しい場面は岸谷・土方がさらっていくという想定外の展開になってしまった(^^;
というわけで、その土方のシーンなど(ただし「ジュテーム」の部分はカット(^Д^))。






白虎隊の少年たちに銃の手ほどきをする土方歳三。






白虎隊に米国などの国際情勢について講義する歳三。






奥州に新しい国を造る。それを担っていくのは若い君たちだ。
そのためにも広い視野を持て。






追っ手の新政府軍と戦う馬上の歳三。






歳三と共に蝦夷地へ向かう新選組隊士たち。







 日本国憲法の起草に携わったベアテ・シロタ・ゴードンさんが死去
2013年01月06日 (日) | 編集 |

年末年始の繁忙期がようやく終わった\(^ω^)/
長く困難な日々をよく乗り切ったと、たまには自分を褒めてもいいか。
これでやっと、周囲を見回す心の余裕も少しはできそうだ。

さてお正月からずっと気にかかっていたのが、日本国憲法の起草に
携わったベアテ・シロタ・ゴードンさんの死去のニュースだった。
おりしも安倍第2次改憲内閣の始動と入れ違いの死去に、大きな不安を
感じざるを得ない。



 共同通信 1月1日
   http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013010101001215.html

     ベアテ・ゴードンさん死去 日本国憲法の男女平等条項起草


【ニューヨーク共同】第2次大戦後、連合国軍総司令部(GHQ)民政局のスタッフとして日本国憲法の起草作業に携わり、男女平等に関する条項を書き上げた米国人女性ベアテ・シロタ・ゴードンさんが昨年12月30日、膵臓がんのためニューヨークの自宅で死去した。
89歳だった。娘のニコルさんが31日、共同通信に明らかにした。追悼式は後日行われる。

 ニコルさんは「母は生前、憲法の平和、男女同権の条項を守る必要性を訴えていた。改正に総じて反対だったが、この二つ(の変更や削除)を特に懸念していた」と語った。供物で弔意を示したい場合は護憲団体「九条の会」に寄付してほしいという。




日本国憲法についてはこれまで何度も記してきたし、ゴードンさん自身にも
以下のように触れたことがある。
2006年はちょうど安倍第1次内閣が始まった時期でもあって、現在と重なり合う。
また日本国憲法は決して押し付け憲法ではないことも明記してある。
06年当時よりもさらに危険な状況になってきた今こそ、改めて憲法について
各自が熟考しなくてはならない。


   日本国憲法は59歳になりました  06年5月3日  
     http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20060503.html

   憲法9条とパリ不戦条約  06年9月25日 
     http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20060925.html

   今こそ作ろう「私擬(しぎ)憲法」  07年5月3日 
     http://tekcat.blog21.fc2.com/blog-date-20070503.html      







 自民党が大勝した衆院選挙は不正の疑いが大
2013年01月05日 (土) | 編集 |

確かに12.16の衆院選での自民党の大勝と未来の党のボロ負けは
小選挙区マジックの結果とはいえ、あまりに解せないことがありすぎだが、
やはりここにきて、不正選挙だったのではという疑いの声が噴出し始めた。
思えば民主党の代表選で小沢氏が管直人に破れたときも、不正の疑いが
濃厚だった。こうなっては選挙ごとに国連監視団を呼ばなくてはならないかも
しれない。日本はなんという情けない国に転落してしまったのだろうか。



   「ジャーナリスト同盟」通信 1月5日
     http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52016237.html

     本澤二郎の「日本の風景」(1244)

<選挙屋「ムサシ」に重大疑惑>
 事情通から連絡が入った。「武蔵に重大疑惑。関係筋がメスを入れている」というのである。武蔵というと、2刀流の宮本武蔵や、日本海軍の戦艦武蔵を思い出してしまうが、目下、注目を集めているのは、これまで聞いたこともない株式会社「ムサシ」である。ネットで調べて見ると、確かに不可解な会社である。選挙の投開票すべてを牛耳っている独占企業である。そういえば、12・16総選挙について、各方面から不正選挙の指摘が噴出している。「まさか日本で」と軽く受け流してきたのだが、この民間独占の選挙屋の存在を知ると、理屈では不正選挙が成立するのである。不正選挙は、アメリカの大統領選挙でもあったという。事情通は、この不正可能な装置が日本に持ち込まれている、というのである。







 お正月の猫とスズメ
2013年01月04日 (金) | 編集 |



猫たちは、ぬくぬくと寝正月。
のんきなハナの大あくび。
下で寝ているのは姉妹のギン。






2度目の冬を迎えた療養中の猫のラッキー。
おととしの10月に保護したときは余命1ヶ月と言われたが
毎日の投薬と全身のブラッシング・マッサージ効果で
元気に延命記録を更新中。
犬のダイとおそろいの毛布にくるまり、窓辺で日向ぼっこ。






寒くなってしばらく姿を消していたスズメたちが
チュンチュンと庭の木に舞い降りた。
気配に敏感なので、居間の中から網戸とカーテン越しに写す。
ここに写っているのは7羽。
上の方の枝にも、同じくらいの数のスズメが止まっている。






 負けるな、オザワン
2013年01月03日 (木) | 編集 |

今年はカレンダーの並びがいいのか、年末年始休みが長い。
観光業にとってはありがたいのだが、体力的にきつくて大変( ´Д`)=3
パソコンを開ける暇がないくらいなので、しばらくは一言ブログでお茶を濁そう。
さて衆院選の惨敗ショックが癒えぬまま年越しし、相変わらずテレビや新聞の
小沢叩きが続行中だが、そんな逆風の中でもオザワンは元気いっぱい。
勝負は時の運ということで、私たちもめげずに、再び立ち上がらなくちゃ。
少数精鋭でリスタートだ!
下はTwitterより。もちろんリツイートしといたよ(^-^)