FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 疑問だらけのロンドン五輪 開会式で無関係のインド女性が行進したり、日本選手団が途中で消えたり、審判の判定は不公平だったり…(-"-;)
2012年07月30日 (月) | 編集 |



7月27日、ロンドン五輪が開会式を迎え、
4年に一度のスポーツの祭典が幕を開けた。
写真は点火された聖火台の周辺に集まった選手ら。
(2012年 ロイター/Max Rossi)



土曜の朝起きたら、ロンドン・オリンピックの開会式が始まっていた。
予定より時間が長引いているようで、NHK朝ドラ『梅ちゃん先生』の開始が
遅くなるとのテロップが出ていた(^^;
それにしてもアトラクションは長いし、病院のベッドやメリー・ポピンズだの
ミスター・ビーンだのテーマが散漫で、早く終わらないかなと飽きてしまった。

警備の人員が足りないと開会前から問題になっていたが、各国選手団の
行進の際に、インド選手団に混じって、まったく関係ない女性が一緒に行進していた
(あとで確かめたら、確かに選手団と違う赤い上着の女性がいた!)のには驚いた。
警備、いい加減すぎ。これじゃテロリストが紛れ込んでもわからないだろうな。

もっと驚いたのは、日本選手団(数少ないし、ユニフォームはいつも赤と白だし)が
途中で別の方向に曲って消えてしまったことだ。
会場の広さの関係で、中に入れる国と外で待機する国とに分けられてるのかな…などと
家人と話していたのだが、他の国の選手団は次々と中に入って並んでいるので
何か日本側に並ばない理由があるのかなと不思議に思った。
テレビでも何も言わないし…。でも、なんか変

疑問なのはこれだけじゃない。
柔道にしろ体操にしろ、審判の判定が日本選手に厳し過ぎるように感じるのだが。
もしかして、原発事故が原因の日本バッシングなのか?





スポンサーサイト