激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ただ今、病気で臥せっておりまする(ーдー) 
2012年05月31日 (木) | 編集 |





■一週間前から体調が悪かったが、ついに昨日の晩からダウン。
仕事の合い間に、ひたすら横になっていた。
寒かったり暑かったり、吐き気がしたり…。
最近はブログを書く気力もなく

■というわけで、下書きにいろいろ突っ込んだままなので
元気が出てきたら、またチビチビと修復するつもり。






スポンサーサイト

 現代社会の打開策を中世史から学ぶ
2012年05月29日 (火) | 編集 |

■仕事の関係で、リアルタイムにテレビ番組を見るのはなかなか難しいので、
あらかじめ見たい番組を録画して、深夜過ぎにまとめて視聴している。
といっても疲れて半分眠った状態で見ているので、ハッと気づいたらもう電源が
切れていたり、次の番組が始まっていたり…で、まともに最初から最後まできちんと
視聴できる方がまれである(^^;

■で、お気に入りの番組の1つがEテレの『さかのぼり日本史』。
現代から古代まで歴史を逆にたどっていくユニークな内容だ。
ちょうど大河ドラマで源平時代をやってるので、まだ再生していなかった室町・鎌倉時代を
眠気をこらえながら視聴してみた(/ 0 ̄)~゜












■で、室町・鎌倉時代のレクチャー担当が、本郷和人・
東京大学史料編纂所准教授。
オタクの本郷氏がAKB48新選組論を展開してるという
『肉食と草食の日本史』を買って読んだけど、このパートは
新選組よりもAKB48についての論考を長々としゃべくって
いるので、ちょっとムカつきましたわよ

■さて、上の室町・鎌倉シリーズ最後のまとめで本郷氏が
語っていた言葉に共感したので、メモっておくことにする。



■平安末期の社会を支配していたのは、朝廷を中心とした公家社会。
その頃の武士たちは、大河でも描かれているように身分の低い「朝廷の番犬」的な
存在だった。そんな中で平清盛は太政大臣にまでのし上がるが、逆に貴族社会に
絡め取られていって、ついには源頼朝に追討されてしまう。
頼朝は平氏の失敗を繰り返さないよう、朝廷の手が及ばない「鎌倉」という辺境の
地で、東国武士団の自立を目指して次第に力を蓄えていく。

■平氏を滅ぼした頼朝の働きを讃えて、朝廷は彼に「大納言」「右近衛大将(うこのえ
のたいしょう)」という2つの上位の官職を用意したが、頼朝は1ヵ月後にはこれらの
官職を返上。また「衛府(えふ)の太刀」という最高位の武官に与えられる太刀も
手放して、自らが建立した鶴岡八幡宮に奉納してしまった。
貴族の官位を手に入れたことで滅びの道をたどった平氏とは逆に、頼朝はあえて朝廷
と距離をとり、貴族社会の栄華を求めなかったのだ。
こうした頼朝によって、東国・鎌倉に自立した武士の集団による初めての政権が誕生し
以後700年に及ぶ武士の世が始まったのである。


本郷:今回の4回シリーズのテーマは「学び」。
それまでまったく政権とか権力とかに無関係にいた武士たちが、「学ぶ」ことを通じて
だんだん成長していく。戦うことだけではなく、武士が人を統治することを学び、最後は
武士の世の中を作ることになる。

いままで天皇や朝廷が秩序を作っていたが、まったくゼロから新しい秩序が生まれてきた。
だから日本という国が倍になった、そんなイメージすらある。


日本の畿内を中心とした小さな国から大きな国へというふうに国づくりが変わってゆく、
という意味がある。
現代に置き換えてみると、今の日本の現代社会をどう捉えるかというのには様々な議論が
あるが、やはり「東京一極集中」みたいなやりかた。そこには地方を疲弊させて、東京だけが
栄えるという仕組みがある。
翻って考えてみると、京都だけが栄えて関東が疲弊していた時代と裏返しの関係だ。

だから中世を学ぶことによって、一極集中ということに対して反省し、地域地域のいいところ
をもっと引き出して地域を活性化させることを考えれば、まだまだ日本は多種多様の力を
生み出すことができると思う。









 NHK大河『平清盛』 前半クライマックスの「保元の乱」で、とほほの視聴率今年ワーストを記録
2012年05月28日 (月) | 編集 |

■歴史もので人気があるのは、たいてい戦国時代か幕末だから、よほどの歴史好きで
ないと、平安末期なんてはるか昔の時代のドラマにはなかなか馴染めないよね。
いちおう元祖「歴女」の私も、源氏はともかく平氏についてはあまり興味が持てなかったし
藤原氏の系譜や室町時代周辺の歴史も、ちょっと苦手だった(^^;
「保元(ほうげん)の乱」だって、小学校のときに「ほげんの乱」と覚えてしまったくらいだ。

■人物名だって、清盛の家族は正盛、忠盛、家盛、知盛、重盛…と○盛シリーズで、
思わずマルマルモリモリかいなどと苦笑してしまう。
また平氏の侍大将が忠清で、源氏の家人親子が通清と正清で…。
ええい頭がこんがらがるわい。

■第一、主役にゃ悪いが松山ケンイチはどうも苦手で、大好きな『カムイ伝』が実写化
されたときも、カムイ役がマツケンとわかって一気に奈落の底につき落とされた気分に
なった
ま、今回は大きな役を担ってがんばっているのはわかるし、他の俳優陣もさすがに
豪華な人選だ。

■とはいえ、私が『清盛』を見ているお目当ては、ずばり藤原摂関家、藤原忠実の次男・
頼長さま。「悪左府」の異名を持つ、こんな魅力的な貴族がいたのかと興味は尽きない。
でも来週で出番が終わっちゃうのよね。残念。
保元の乱を引き起こし、その乱で散った頼長。視聴率なんてどーでもいいわ。
というか、視聴率は最低でもドラマ自体はストーリーも合戦場面も迫力と緊迫感が
あって十分面白かった。
だけどそれにも増して、負け戦でヘロヘロになった頼長とオウムの存在感があまりに
ありすぎて、見終わったあとで強烈に印象に残っていたのは、清盛や義朝の勇ましい
戦いぶりではなくて、頼長さまの白い生足と捨てられたオウムの姿だった。
にゃはは






上皇側の軍議で頼長が「夜討ち」は卑怯だと拒否した結果、
後白河天皇軍の急襲を受ける。
天皇側の策士・信西が清盛たちに「夜討ち」を命じたからだ。
目の前で展開される血なまぐさい戦の場面に、言葉もなく怯える頼長。





天皇側の源義朝と信西の計略で火をかけられ、逃げ惑う上皇側。
頼長もペットのオウムと書物を持って避難する。





おっと、あわてて転んだ頼長さまの白いおみ足がぺろん。
思わず目が





憔悴した姿で頼長に近づいた崇徳上皇は、冷たく言い放つ。
「そなたを信じた朕が愚かであった」
って、保元の乱の原因の半分を作ったのは
上皇さまの権力争いでしょーが。





もう心がズタボロになった頼長さま。
それに追い討ちをかけるように、カゴのオウムが
「頼長さまの才は、古今和漢に比類なきもの」と
今は敵になった信西のかつての口癖を繰り返したのだった。





腹の底からうめき声をあげながら、頼長はカゴを放り投げる。
戦の修羅場に取り残されたオウムさんの運命やいかに…?







 湯河原温泉「湯かけまつり2012年」
2012年05月26日 (土) | 編集 |

■去年は大震災後の自粛ということで、ここ湯河原温泉でも、ほとんどの
お祭りやイベントが中止になった。
で1年ぶりに湯かけまつりも復活というわけで、それも例年雨にたたられるのに
本日は珍しくよいお天気の元、楽しいお祭りが始まった。

■近くの万葉公園の中に、お湯の神様を祀った熊野神社がある。
元々はその神社のお祭りで、各旅館は源泉を入れた「献湯樽」を熊野神社に奉納する。
そして明日が湯権現熊野神社例大祭で、前日の土曜日に湯かけまつりパレードが
行われるのだ。万葉集にも歌が載っている湯河原温泉は、江戸時代にお湯を樽詰めにして
御用邸や大名家に献上していたという。
その「湯道中」の安全を祈願してお湯をかける儀式を再現したのが、湯かけまつりである。






昼間の温泉街。
温泉のお湯を入れるブルーのバケツが、道の両側に
ずらりと置かれている。





夜。もうすぐお祭りが始まる。
右側の橋の上にのH2Oと書いてあるタンク車は
各バケツに温泉を注いだ後、なおもここで待機している。





定刻よりだいぶ遅れて山車がやってきた。
1年お祭りを休むと、神輿の担ぎ手も他へ行ってしまうので
以前のように復活するには、その分時間がかかってしまう。
過剰な自粛のマイナス面は、結局自らにふりかかってくるのだ。





お囃子の山車がやってきて、沿道に歓声が広がる。













■写真だけだと雰囲気が伝わらないので、短い動画も追加する。
山車と神輿。
本当は沿道で見物している人々が神輿にお湯をかけるのだが
逆に神輿の方からもお湯が飛んでくるし、橋に待機していたタンク車は
頭上高く放水するから、もうお互いにびしょびしょになって
カメラを向けているどころではない(^^;
今回は特に飛びかうお湯の量が多くて、あわてて退散した。
途中で映像が途切れるが、その直後、私も頭からお湯をかけられてしまった













 河本騒動を生活保護の改悪に利用する人たち
2012年05月25日 (金) | 編集 |

■テレビをつけたら、「次長課長」の河本が涙の謝罪会見をしていた。
なんでも息子である河本が高いギャラをもらってる人気芸人なのに、その母親が
長い間生活保護をもらっていたのはけしからんと、片山さつきと世耕弘成が
問題視したのに火がついて、そーだそーだ、けしからんという声があっという間に
燃え広がったのだそうだ。


■希望のない息苦しい社会に暮らす多くの人々は、その不満のはけ口を渇望している。
そうした絶望的な社会をもたらしたのが片山・世耕らの所属する自民党の新自由主義者
たちであるにもかかわらず、彼らの扇動にいともたやすく飛びついて、新たなスケープ
ゴートを叩いては、ひと時の胸のつかえを癒すのだ。
ファシズムにおける、大衆を扇動する際の常套手法だ。
叩く対象は何でもいい。子ども手当、障がい者、ホームレス、生活保護…。
何であいつが自分よりいい目を見るのだ、ずるい、きたない…。
そうした自らの負の感情を転化して、溜飲をさげられるのなら。
だけど恐ろしいのは、叩く側と叩かれる側は容易に逆転してしまう可能性がある点だ。
きょうは不正受給だと散々非難する側でも、明日は転落して足蹴にされる側に回るかも
しれないのだ。


■そして、そうした弱者同士のいがみ合いを利用して、ほくそ笑む人間がいる。
そう、彼らは同じタイプの人間。最初からグルなのだ。
で、またしてもさらに彼らの背後に見え隠れする、官僚たちの高笑い(゜Д゜)






   時事通信 5月25日
     http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012052501045

      法改正も視野に検討=生活保護見直しで-小宮山厚労相
 
 小宮山洋子厚生労働相は25日、お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんの母親が生活保護を受給していたことに関連し「『扶養が困難』と回答した扶養義務者に説明責任を課すことを生活保護法の法改正も視野に入れて検討する」と述べた。都内で記者団の質問に答えた。
 また、自治体が家庭裁判所に申し立てて適正な扶養額を定める調停制度を積極的に活用するため、自治体向けに手続きマニュアルなどを作成する方針を明らかにした。生活保護水準の見直しについては「10%引き下げという自民党案も参考にして決めていく」と述べ、水準を引き下げる可能性を示唆した。






[READ MORE...]
 浄水場でのホルムアルデヒド検出は、やはり放射性物質と関係か?
2012年05月24日 (木) | 編集 |

■利根川水系の浄水場で基準超えのホルムアルデヒドが見つかった件で
もしかしたら放射能物質と関係があるのではないかと先日書いたが、それを
示唆するような内容の記事が日刊ゲンダイに掲載された。
「日々担々」さんの資料ブログに同記事がアップされていたので、以下に転載する。



「日々担々」資料ブログ
    http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5849.html

     日刊ゲンダイ 5月22日

       ホルムアルデヒド騒ぎは「セシウム隠し」の謀略か 

  雪解け水と一緒にドッと流入!?

 化学物質ホルムアルデヒドは、いったい、どこから紛れ込んだのか。環境省と厚労省はきのう(21日)、連絡会議を立ち上げて、利根川水系の浄水場を直撃した水質事故の究明に乗り出した。
 一部報道では工場からの排水が疑われているようだが、「放射性セシウムの検出を隠すための意図的な騒ぎではないか」と指摘するのは、理学博士の阿部宣男氏だ。板橋区の「ホタル生態環境館」で長年、水質に敏感なホタルの研究に携わってきた。ホタル研究の第一人者だから、水の汚染にも詳しい。

「数値から推測すると、流れ込んだホルムアルデヒドの量は、メッキ工場とか化学工場とかが爆発したぐらいのレベルになります。それほど大量のホルムアルデヒドが知らぬ間にどこからか流れ込んだとするのは、あまりに不自然。しかも、これだけの量が検出されながら、いまだに発生源が分からないという。浮いた魚が発見されただけで大騒ぎし、必死で原因を突き止めるはずの国や自治体の動きも、今回は鈍い。本気で原因に迫ろうとしているのか疑問です」(阿部氏)

 そこで考えられるのが「放射能隠し」という。放射性物質が大量に検出された事実を隠しながら給水を止めるため、別の汚染源を用意したという見立てだ。
「山林に蓄積されていた放射性物質が、雪解け水と一緒にドッと流れ込んだのでしょう。山から下流の浄水場まで、およそ1カ月ぐらいかかります。例年ならゴールデンウイークごろに検出されておかしくないのでしょうが、今年は雪が多かったから解けるのも遅かった。恐らく浄水場ではセシウム137やコバルト60、イットリウム、ジルコニウムなど、原発事故で飛散した物質が大量に検出されたはず。それを隠すため、塩素でも消えないホルムアルデヒドが検出されたとして断水に踏み切った。その後、放射性物質の数値が落ち着き、給水を再開したのだと思います。これが当たっていれば、7月ぐらいまで同様の騒ぎが繰り返されるでしょう」(阿部氏)

 いつまでも発生源が特定されなければ、政府発表は疑った方がいい。





■さらに東電が米国の核施設を訪問した後、セシウム除去にホルムアルデヒドを使用した
のではないかという疑惑も出てきた。
いずれにしてもホルムアルデヒド事件をうやむやにせずに、きっちり原因究明してほしい。


portirland  5月22日
    http://portirland.blogspot.jp/2012/05/srnl.html
    (重要)東京電力がサバンナリバー・サイト核施設(核廃棄処分など)とSRNLを訪問。
        SRNLはアメリカの超巨大軍事企業と提携、ホルムアルデヒドを用いて
        セシウムを除去するレポートもあり。







 裁判員制度の開始から3年
2012年05月23日 (水) | 編集 |

■新聞・テレビでは、なぜかあまり大きく報じていないが、裁判員制度が開始されて
から先日21日で丸3年目になって、制度の見直し時期に入った。
裁判員法では、施行3年後に検討を加えて、必要があれば見直すと定めているからだ。
この3年で2万人余りが裁判員を務めた。死刑判決も14名にのぼった。

■しかし、一般人である裁判員に死刑を含めた量刑を求めるのはおかしい。
有罪か無罪かで十分である。
また評議内容については厳しい守秘義務が課せられていて、私はこの点が最も納得いかない。
評議の過程が明らかにされなくては、裁判員を設けた意味が失われるからだ。
それに市民感覚を繁栄させたいと思うなら、刑事裁判ではなく、行政訴訟にこそ裁判員を
参加させる大きな意義があるのではないか。









   NHK 5月20日
     http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120520/t10015245531000.html

      裁判員“審理 理解しやすい”低下

 裁判員制度が始まって21日で3年になります。
最高裁判所が裁判員経験者を対象に行っているアンケートで、審理の内容について「理解しやすかった」と答えた人の割合が年々低下していることが分かりました。
最高裁は「市民が参加するという制度の原点に立ち返って審理を進める必要がある」としています。

 アンケート調査は、全国の裁判所が裁判員を務めた人たちを対象に行っているもので、去年、裁判員を経験した8400人余りの回答結果がまとまりました。
このうち、審理の内容について「理解しやすかった」と答えた人は、全体の59.9%で、制度が始まった3年前より11ポイント低くなりました。
裁判官、検察官、弁護士別に「説明がわかりやすかった」と答えた割合は、裁判官が86.9%、検察官が65.7%、弁護士が38.1%で、弁護士の評価が最も低くくなりました。
一方、3年前との比較では、検察官が14.6ポイントも低下し、評価の下がり方が最も大きくなりました。
この結果について、最高裁は「時間がたつにつれて、内容が複雑な事件が増えているほか、法廷で書面を長時間読むなどのケースが増えているのではないか。
市民が参加するという制度の原点に常に立ち返って審理を進める必要がある」として、法律家たちに一層の努力を促しています。







 雨の中、東京スカイツリーが開業
2012年05月22日 (火) | 編集 |





■先週の火曜日に続いて、肝心のこの開業日もみごとに雨 
スカイツリー関連のイベント時には必ず悪天候だそうで、もしやあの駅の名を
消されてしまった業平さんの怨霊とか…(f^^)
第一、開業初日といっても、これまでさんざんテレビ関係者やタレントがたくさん
登ってレポートしてきたから、お初といわれてもねえ


■それにしても、なぜ22日火曜という中途半端な日を開業日にしたのかずっと
疑問だったが、今を去る1958年に八丈島で金環日食が観測され、同年に
東京タワーが開業されたと知って、ああなるほどと納得がいった。

  八丈島(東京都)で金環日食→東京タワー開業
  東京都墨田区を含む首都圏及び全国の広範囲で金環日食→スカイツリー開業

という図式があったのね。金環日食のスケールとタワーの高さも比例してるし。


■墨田区の試算によると、スカイツリーの経済効果は、全国で年間1746億円に
なるってことだが、以前墨田区の両国に住んでいた私からみると、地元への恩恵は
わりと小さいんじゃないかと懸念されるんだが
そもそも墨田区って地味だし。観光ならお隣の浅草とか錦糸町の方へ行くと思う。
おっと両国には、国技館や江戸博物館もあったか。
ついでに吉良上野介の屋敷跡、ネズミ小僧次郎吉の墓…等々。
って、この程度じゃ無理かね(-"-;)
スカイツリーの足元にある商業施設「東京ソラマチ」はテナント料が高いから
地元商店ではなく大手のテナントが入ったというし。
結局地元はスカを引くって構図はいつものことなのだ。


■雨に降られ強風でエレベーターが停止した、初日のスカイツリー。
この先、台風や突風が襲ったらどうなっちゃうんだろう。
業平さんや吉良さん、ロキさんらの変なたたりに気をつけた方がいいかも






 金環日食の朝
2012年05月21日 (月) | 編集 |



写真:国立天文台
金環日食 日時:2012年5月21日午前7時34分
撮影場所:国立天文台三鷹キャンパス
http://naojcamp.mtk.nao.ac.jp/phenomena/20120521/gallery.html




■全国の広範囲にわたって、特に都内周辺でも見えるのは、平安時代以来
実に922年ぶりだというので、ことにテレビではずっとお祭り騒ぎだった。
宇宙好きの私はというと、あまり周囲が騒ぎすぎるので、かえってどーでもいいわい
って気分で(へそ曲がりだもんで)、おまけに今朝は疲れて体調が悪かったから
部屋の中にこもっていた。

■天気に恵まれないわりには全国各地で観察できたようで、その点はよかったね。
ま、先日スーパームーンを見たからいいわ ←単なる言い訳。








グーグルの記念アイコン。




■いまひとつ金環日食フィーバーに乗れなかったのは、利根川水系の浄水場で基準を
超えるホルムアルデヒドが検出された件で、未だに汚染源と原因物質が特定できない
そうだが、β線を発する放射性物質が塩素と結びつくとホルムアルデヒドを生成する
ということで、もしどの工場も原因ではない場合、福島原発由来の放射性物質を考える
必要があるということだ。
東京湾自体の汚染が拡大しているわけで、その東京湾に注ぐ川が当然放射性物質を運んで
いることを、もっと深刻に考えなければならない。


■2つ目の懸念は近年の太陽活動の異変で、この太陽の異変と地震などの自然災害発生の
関係については何度か書いたので繰り返さないが、美しい金環日食と並行してさらなる災害
が今後も引き起こされるのではないかと思うと、素直にこの天体ショーを楽しむことができない。








   NHK 5月17日
     http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120517/k10015174861000.html

         銀河系の星でスーパーフレア確認

 地球がある銀河系の中で、太陽とほぼ同じ大きさの星が「スーパーフレア」と呼ばれる巨大な爆発現象を起こしていることが分かり、観測を行った京都大学のグループでは、太陽でこの現象が起きる可能性について詳しい研究が必要だとしています。

 京都大学の研究グループは、人工衛星を使って銀河系の中にある太陽と温度や大きさがほぼ同じ8万個の星について、光の強さの変化を3か月間観測しました。
その結果、太陽フレアと呼ばれる太陽表面の爆発現象よりも100倍から1000倍、規模の大きな「スーパーフレア」という爆発現象が148個の星で合わせて365回観測されたということです。研究グループでは、もし太陽でスーパーフレアが起きれば、強いエネルギーのさまざまな粒子が地球に降り注ぎ、世界各地で停電や通信障害が起きるおそれがあるほか、飛行機に乗っていると深刻な放射線被ばくの危険もあるとしています。京都大学附属天文台台長の柴田一成教授は「これまで太陽ではスーパーフレアが起きないと考えられてきたが、今回の観測で起きる可能性があることが分かった。さらに詳しい研究が必要だ」と話しています。
研究成果はイギリスの科学雑誌「ネイチャー」に掲載されます。








 猫じゃ猫じゃ
2012年05月20日 (日) | 編集 |



春はアナグマが出没する季節。
「二代目メドちゃん」、ただいま地下室で子育て中。
暗い夜にお目々がぴかっ。
お星さまみたいでしょ☆彡






みんなの嫌われ者、「チャチャもどき」こと、猫の「モドキ」。
怪我が悪化して、もう長くはないなと思っていたら
少し元気になって、久しぶりに姿を現した。
アナグマのエサ(ドッグフード)を盗み食い。






こっちは病気持ちのモドキ用ごはん。
ラッキーの痛み止めを流用してふりかけてある。






いつもモドキにいじめられている「シマジロウ」。
こないだなんか、川の淵に追いつめられていた。
モドキの力が弱ったので、久々に戻ってきた。






恋多き女「チャチャ」。
シマジロウの行く手に寝そべり誘いかけるが…。






ところが満腹になったシマジロウったら
さっさと帰って行っちゃった(+。+)
チャチャ「アホじゃアホじゃ」















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。