FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 メア氏沖縄差別発言は許しがたいが、枝野官房長官の沖縄軽視・米国隷従の言動も輪をかけてひどい
2011年03月09日 (水) | 編集 |

■7日にこのメア発言を知って驚いたが、枝野官房長官の腰砕けの対応に
さらにあきれ、今さら沖縄をいけしゃあしゃあと擁護する大手新聞テレビの厚顔ぶりに
心底怒りがこみ上げてきた(;`O´)o







波紋を広げるケビン・メア氏(中央)発言。
左下から時計回りに米軍普天間飛行場、
その移設先として日米両政府が合意しているキャンプ・シュワブ、
2009年の米軍艦船石垣入港に抗議する市民のコラージュ。
(沖縄タイムズ 3月9日)




■前沖縄総領事(06~09年)だった米国務省のケビン・メア日本部長が、大学生
への講義の中で、
「日本政府は沖縄の知事に対して『もしお金が欲しいならサインしろ』と言う必要
がある。」「日本の文化は合意に基づく和の文化だが、日本人は合意文化をゆすりの
手段に使う。」「沖縄の人は日本政府に対するごまかしとゆすりの名人だ。」
などと沖縄県民ならびに日本人全体に対する差別発言をしたことがわかり、
大きな波紋を呼んでいる。


■メア氏は沖縄勤務の間も差別的な言動を繰り返し批判をあびていた、いわくつきの
人物でもある。
詳しい内容は、以下で沖縄タイムズが報じている。

   沖縄タイムズ 3月9日
     過去のメア氏発言にみる沖縄差別      
     http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-03-09_15212/


■メア氏をはじめ、いわゆる「知日派」と称するジャパンハンドラーたち
(アーミテージ、ナイ、グリーン、カーティス氏ら)が、日本をあいかわらず属国と
して差別的に見ている現実が、今回の発言によって多くの日本人の目に見える
ところに表出してしまった。
うがって考えれば中東革命の動きとある程度連動しているのかもしれないが、
結果的には日本人の政治覚醒にある程度影響を与えていくかもしれない。


■さてメア差別発言は当然許すことができないが、さらにひどかったのが菅内閣の
枝野官房長官の対応だった。2つの新聞記事を見てみよう。


 琉球新報 3月8日
   http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-174342-storytopic-1.html 

      日本政府は黙認 枝野氏「確認必要ない」

【東京】枝野幸男官房長官は7日午後の記者会見で、米国務省のメア日本部長が沖縄はゆすりの名人などと発言したことについて「日米は前自民党政権時代以来の長年の積み重ねのある関係だ。(事実関係を照会するのは)ある意味では問題ではないか」と述べ、発言について米側に照会するのは日米の「信頼関係」から不適切との認識を示した。
 発言自体については「事実と異なると思われる報道にどう対応するのかは米政府で、必要があれば適切に対応される」と述べた。
 記者から「事実と異なる」とする根拠を問われると、「私は別にそう認識していない。ただ事実でないと思われているだろうと想像して申し上げた。記事が事実か事実でないか自体コメントする立場でない」と釈明した。
 午前中の会見では、発言内容自体には「実際どう発言したか承知していない。コメントは控えたい」と述べるにとどめたが、午後の会見では県議会の抗議決議の動きなどを記者から指摘され「報道だけ見れば沖縄が怒るのは当然」とトーンを修正した。
 日米関係における不適切発言の確認については「日米間では、さまざまな問題で日ごろから不断の協議、連携を図っていて相互理解を深めている。報道のみをもって、一つ一つの発言を確認する必要はない」と述べた。



 沖縄タイムス 3月8日
   http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-03-08_15186/

      枝野長官がルース大使に遺憾の意

【東京】枝野幸男官房長官は8日、米国務省のメア日本部長(前沖縄総領事)が沖縄について「ゆすりの名人」などと発言したことを受け、ルース駐日米大使と電話会談し「発言が本当ならば極めて不適切で沖縄と日本人の心情を傷つけたことになり、容認できない」と遺憾の意を申し入れた。同日の定例会見で明らかにした。
 枝野氏によると、ルース氏は「発言は米政府の公の立場を反映していない。私も沖縄に深い敬意を抱いており、今回の状況を克服するべく努力したい」と述べたという。




■どれだけ菅政権が宗主国米国に平身低頭しているのか、沖縄を軽視しているのか
枝野氏の言動からよくわかる。
特にルース駐日米大使を呼びつけることなく電話で遺憾の意を申し入れるなど
前代未聞の腰抜け対応である。これでは相手国からなめられても仕方がない。
また大手の記者クラブメディアも、基地問題を何とかしようとあがいた鳩山政権を
つぶしておきながら、今さらながらに正義面をしてメア問題を報じている自分たちも
同じ差別体質だということを猛省してもらいたい。


■メア発言の日本語全文が掲載されていた。
呆れるほどの差別発言も含まれているが、中には新聞テレビが伝えない部分に
逆になるほどと考えさせられる箇所もあるので、そこを赤で強調しておいた。


   沖縄タイムス 3月8日
     http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-03-08_15192/

       メア日本部長発言録全文(日本語)

 アメリカン大の学生らが作成したメア日本部長発言録全文は次の通り。

   ×   ×   

 私は2009年まで駐沖縄総領事だった。在日米軍基地の半分が沖縄にあるといわれているが、この統計は米軍専用基地だけ勘定している。もし、米軍基地と米軍と自衛隊が共用している基地のすべてを考慮に入れれば、沖縄の基地の割合はもっと小さくなる。沖縄で問題になっている基地はもともと水田地帯にあったが、沖縄が米施設を囲むように都市化と人口増を許したために今は市街地の中にある。

 沖縄の米軍基地は地域の安全保障のために存在する。基地のために土地を提供するのが日米安保条約に基づく日本の責務だ。日米安全保障条約に基づく日米関係は非対称で、日本は米国の犠牲によって利益を得る。米国が攻撃されても日本は米国を守る責務はないが、米国は日本を守らなければならず、日本の人々と財産を保護する。

 集団的自衛権は憲法問題ではなく、政治問題だ。

 1万8千人の米海兵隊と航空部隊が沖縄に駐留している。米国が沖縄に基地を必要とする理由は二つある。既にそこに基地があることと、沖縄は地理的に重要な位置にあることだ。(東アジアの地図を見せながら)、在日米軍の本部は東京にあり、そこは危機において、補給と部隊を調整する兵たん上の中心に位置する。冷戦時に重要な基地だった三沢はロシアに最も近い米軍基地であり、岩国基地は朝鮮半島からわずか30分だ。さらに、沖縄の地理的位置は地域の安全保障にとって重要だ。

 沖縄は中国に朝貢していたが、独立した王国だった。中国の一部になったことはない。米国は1972年まで沖縄を占領した。

 沖縄の人々の怒りや失望は米国でなく日本に向けられている。日本の民主党政権は沖縄を理解していない。日本政府は沖縄とのコミュニケーションのパイプを持っていない。私が沖縄の人と接触しようと提案すると、民主党の関係者は「はい!はい、お願いします」という。自民党の方が現在の民主党政権よりも、沖縄と通じ合い、沖縄の関心を理解している。

 3分の1の人は軍隊がない方が世界はもっと平和になると思っているが、そんな人たちと話し合うのは不可能だ。

 09年の選挙が民主党に政権をもたらした。これは日本では初の政権交代だ。鳩山首相は左派の政治家だ。民主党政権下で、しかも鳩山首相だったにもかかわらず、米国と日本は2+2(外務、防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会)の声明を(昨年)5月に発表することができた。

 〈メア氏は部屋を退出し、彼の2人の同僚が日米の経済関係について講義。メア氏が戻ってきて講義を再開すると、2人の同僚は部屋を出た〉

 米国は普天間飛行場から海兵隊8千人をグアムに移し、米軍の存在感を減らすが、軍事的プレゼンス(存在)は維持し、地域の安全を保障、抑止力を提供する。

 (米軍再編の)ロードマップのもとで日本は移転費を払う。これは日本による実体的な努力のしるしだ。日本の民主党政権は実施を遅らせているが、私は現行案が実施されると確信している。日本政府は沖縄の知事に対して「もしお金が欲しいならサインしろ」と言う必要がある。ほかに海兵隊を持っていく場所はない。日本の民主党は日本本土への施設移設も言ってきているが、日本本土には米軍のための場所はない。

 日本の文化は合意に基づく和の文化だ。合意形成は日本文化において重要だ。

 しかし、彼らは合意と言うが、ここで言う合意とはゆすりで、日本人は合意文化をゆすりの手段に使う。合意を追い求めるふりをし、できるだけ多くの金を得ようとする。沖縄の人は日本政府に対するごまかしとゆすりの名人だ。

 沖縄の主産業は観光だ。農業もあるが、主産業は観光だ。沖縄ではゴーヤー(ニガウリ)も栽培しているが、他県の栽培量の方が多い。沖縄の人は怠惰で栽培できないからだ。

 沖縄は離婚率、出生率、特に婚外子の出生率、飲酒運転率が最も高い。飲酒運転はアルコール度の高い酒を飲む文化に由来する。

 日本に行ったら本音と建前について気を付けるように。言葉と本当の考えが違うということだ。私が沖縄にいたとき、「普天間飛行場は特別に危険ではない」と言ったところ、沖縄の人は私のオフィスの前で抗議をした。

 沖縄の人はいつも普天間飛行場は世界で最も危険な基地だと言うが、彼らは、それが本当でないと知っている。(住宅地に近い)福岡空港や伊丹空港だって同じように危険だ。

 日本の政治家はいつも本音と建前を使う。沖縄の政治家は日本政府との交渉では合意しても沖縄に帰ると合意していないと言う。日本文化はあまりにも本音と建前を重視するので、駐日米国大使や担当者は真実を言うことによって批判され続けている。

 米軍と日本の自衛隊は違った考え方を持っている。米軍はありうる実戦展開に備えて訓練しているが、自衛隊は実際の展開に備えることなく訓練をしている。

 日本人は米軍による夜間訓練に反対しているが、現代の戦争はしばしば夜間に行われるので夜間訓練は必要だ。夜間訓練は抑止力維持に欠くことができない。

 私は日本国憲法9条を変える必要はないと思っている。憲法9条が変わるとは思えない。日本の憲法が変わると日本は米軍を必要としなくなってしまうので、米国にとってはよくない。もし日本の憲法が変わると、米国は国益を増進するために日本の土地を使うことができなくなってしまう。日本政府が現在払っている高額の米軍駐留経費負担(おもいやり予算)は米国に利益をもたらしている。米国は日本で非常に得な取り引きをしている。(共同)








スポンサーサイト