FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 ウォルフレン氏:小沢氏を潰したいのは「国民ではなく、高級官僚や新聞」
2011年02月18日 (金) | 編集 |

■BS11で放送している「INsideOUT」。
その2月16日(水)の内容がYou Tube にアップされていた。

水曜日のキャスターは小西克哉氏(国際教養大学客員教授)と
金子秀敏氏(毎日新聞論説委員)。

毎日系の地上波TBSテレビは政治的偏向がひどいが、BSデジタルや
ラジオでは、ほんとに同じ系列?といぶかるくらいまともな(^^;解説をするので
面白い。



■で、16日はカレル・ヴァン・ウォルフレン氏の近著『アメリカとともに沈みゆく
自由世界』をそのままタイトルに、ウォルフレン氏へのインタビューを中心に構成。
ウォルフレン氏は、辛辣かつ的確に、日本の社会や官僚主導の政治システム、
日米関係の異常さについて論評を続けている。

  INsideOUT2/16(水)「アメリカとともに沈みゆく自由世界」1/3
    

■全体については直接録画を観ていただきたいが、ウォルフレン氏の話の中で
「日米安保」と「小沢バッシング」の部分を一部書き起こしてみた。
You Tubeでは真ん中2番目の部分である。
なお読みやすいように、私の方で文中に句読点を加えた。


小西:日米安保の変容をどう捉えていますか?

ウォルフレン:これは非常に重要な問題で、長年熟考してきただけに、
質問はありがたいです。
本来の同盟とは両国が対等な主張をし、それに合意したものです。
日米間で同盟が無理なのは、日本が事実上保護国同然で、
真の独立国とは言えないからです。
この点を徐々に理解し始めている日本人もいますが、
大半の日本人には馬耳東風です。
一例として、鳩山前首相がオバマ大統領に会談を申し入れました。
日米、東アジアの懸案を話し合うためでした。
大統領は興味を示さず、国防省OBの取り巻きも冷淡でした。
なぜでしょう?
日本は同盟国とは言えないからです。
日本は米国に基地を提供する属国に過ぎないからです。
日米安保条約の本質は基地提供にあります。
ここで日本に是非申し上げたいのは、米国が安保条約に違反している点です。
海兵隊など米軍が基地を使用できるのは日本を防衛するためという条件があります。
問題の多い沖縄の海兵隊は、日本の防衛について全く無関心でかつ無力です。
海兵隊はイラクやアフガンなどの攻撃に使われるのです。
日本の米軍基地は中国を包囲するためのものになっています。
これは日本の防衛とは言えないし、日本のためにならないのです。
日本人が理解すべき最も重要な点は、日本が真の独立主権国家になる
必要があるということです。
鳩山前首相が訪米しても、主権国家の首相あつかいにはされませんでした。
クリントン国務長官も、主権国家として対応しませんでした。
ゲイツ国防長官もそうです。みんな日本を部下あつかいです。
これを問題だと理解しているのは、小沢一郎氏だけです。
小沢氏はこの点を改める必要があると、再三言及しています。
対米従属的態度を変えない限り、中国は日本を真剣にあつかいません。
しかしその小沢氏が不人気で、彼の失脚を狙う動きがある理由は、
小沢氏が外務省や防衛省の官僚から恐れられているからです。
「日本を主権国家に」という小沢氏の主張の本質は、既得収益の仕組みを
変えるものだからです。


小西:常になんらかのかたちで小沢潰しの報道があります。
なぜ日本人は小沢氏を指導者として認めないのでしょう?

ウォルフレン:国民ではなく、高級官僚や新聞が彼を潰したいのです。
既得権が侵害されると恐れているのです。
世界中を見ても、一人の政治家に対してかくも長期にわたる中傷キャンペーンの
対象になるのは、極めて稀で異例です。
なぜでしょう?
政治資金に汚い? 
ちょっと待ってください。
詳細を見ると、あれくらいの嫌疑で、大新聞が一面で国家反逆罪が起きたごとく
報じるのは愚の骨頂です。
日本政府が下着で裸踊りをしている様な愚行です。
日本の政治やメディアはもっと誇りをもつべきです。
小沢氏のような政治家がいることを誇りにすべきです。






スポンサーサイト