FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 2013年以降にミニ氷河期が到来か? 日本の農業政策は大丈夫?
2010年11月10日 (水) | 編集 |

■昨夜、朝日ニュースターを見ていたら、下に流れるテロップに
「ミニ氷河期」の文字が。
あれれ…と思って調べたら、こんな記事があった。


   朝日新聞 11月9日
     http://www.asahi.com/science/update/1109/TKY201011080433.html

     太陽活動停滞で0.7度寒く 13年以降にミニ氷河期?


右の写真:宇宙線の解析に使われた奈良県の室生寺の杉。樹齢392年だったが、1998年の台風で倒れた=東京大宇宙線研究所提供

 太陽活動が停滞すると、北半球の平均気温が0.7度ほど下がることが東京大などの研究からわかった。地球に降り注ぐ宇宙線を遮る太陽の磁場活動が弱まるためだという。日本では梅雨の湿度が1~2割高まり、降水量が増えることもわかった。宇宙線の変化による地球の気候への影響が初めて確かめられた。今週の米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。
 太陽活動は2013年をピークに数十年の停滞期を迎えることが予想されており、地球がミニ氷河期に入る可能性もあるという。
 東京大大気海洋研究所と同大宇宙線研究所などが、奈良県の室生寺にあり、台風で倒れた樹齢392年の杉の年輪を解析。17~18世紀に太陽の活動が極めて弱まった時期の炭素の量などから、当時の宇宙線の量を調べた。
 この時期は平均して宇宙線の量が1~2割増え、北半球の気温は0.5度下がっていた。太陽活動が特に弱かった年は宇宙線が3~5割増え気温は0.7度下がっていた。
 宇宙線が地球の大気と反応して雲が生じやすくなったり、窒素酸化物ができたりするためと考えられるという。東大宇宙線研の宮原ひろ子特任助教は「解析を進め、気候予測に役立てたい」と語った。(東山正宜)




■まったく何をいまさら…ってかんじだが、そもそも地球は約10万年のサイクルで
氷河と間氷期を繰り返してきた。
いま私たちが暮らしているのは比較的温暖な間氷期(10万年のうち温暖な1万年の
最後の部分)であり、数百年あるいは数千年後にはまた気温が低い氷河期がやってくる。
そして次の氷河期のピークは500万年後で、1億年後には現在より気温が高い温暖化
に転じ、北極と南極の氷冠も溶けてなくなっていると推測される。

この地球の気候変動、寒冷化→温暖化→寒冷化→温暖化…のサイクルには太陽活動や
木星や土星の引力の影響による地球の地軸の傾き(ミランコビッチ・サイクル)のほかに、
大陸の集合(超大陸)と分裂が大きくかかわっている。


■人類が排出したCO2が温暖化を加速させているのは確かであるが、だからといって
このままずっと温暖化が続くという見方はあまりにも非科学的だ。
はるか昔の原生代には今の350倍ものCO2濃度があったし、地表温度が50度という
灼熱の時期や、反対にマイナス50度という全球凍結(スノーボール・アース)の時代も
あった。
ま、氷河期といっても凍りつくのは北米やヨーロッパ北部で、赤道周辺はまだ温暖だが、
その代わり豊かな密林は乾燥地帯に変わってしまう。


■地球温暖化キャンペーンによるCO2排出規制自体が英国が仕掛けた詐欺商法なわけで
それでも新たなビジネスチャンスが生まれればいいかなと思っていたが、どうやら日本
だけが割りを食うばかりなので、もうこの辺でいい加減目を覚まして、新たな作戦に
切り替えるべきである。
まず寒冷化で心配なのは農作物の生育だ。
菅内閣は党内の反対でTPP参加をいったんペンディングにはしたが、経団連など産業界
の圧力でいずれ参加せざるを得なくなるだろう。
そのためには農業への個別保障政策に加えて、今後世界の穀物庫である米国やロシア、
中国、ヨーロッパの不作に備えて、大至急適切な対策をとらなければならない。
いったん地球が寒冷化に入ったら、海外からの食糧輸入はできないものと考えるべきだ。
農業の軽視と失策で日本がまっさきに飢餓で苦しむことがないよう、今後の農業政策には
私たち国民ももっと関心を寄せなければならないと考える。




スポンサーサイト