FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 なんとも「菅害無聊(かんがいむりょう)」な改造内閣
2010年09月17日 (金) | 編集 |

■「感慨無量」→感慨にひたって何とも言えない状態の様子。

 無聊→「むりょう」または「ぶりょう」。
 何もすることがなくて時間を持て余す様子。
 「菅害無聊内閣」→菅氏が首相に再選されたが、官僚依存の害ばかり多く
 政策の成果が期待できない内閣のこと。「官害」とも書く。
 






菅改造内閣の18人の顔ぶれ。
初閣議を終え、記念撮影する菅直人首相(前列中央)ら改造内閣の閣僚たち。
首相は主要閣僚に小沢一郎元幹事長と距離を置く実力者を据える一方、
小沢氏の議員グループからは一人も起用しなかった(17日、首相官邸)
 【時事通信社】




■1年前の歴史的な政権交代の、あの燃え上がるような情熱と歓喜の声は
いったいどこへ消えてしまったのだろうか
今は疲れきったあきらめの色と、深い怨嗟のため息しか聞こえない。


■菅改造内閣を歓迎しているのは米国と官僚、メディア、そして財界である。
米倉弘昌・日本経団連会長や岡村正・日本商工会議所会頭らは、早々と
菅改造内閣歓迎の声明を出している。
この事実からも菅内閣の立ち位置が明らかだろう。


■その一方で菅続投を強力に援護したメディアは、こんな書き方もしている。


  毎日新聞 9月17日
    http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100918k0000m040089000c.html

     菅改造内閣:国民の視線厳しく 「課題」漂流続け1年

 民主党内が真っ二つに割れた代表選から3日。菅改造内閣が17日、「有言実行」を掲げて船出した。大勢の報道陣に囲まれた新閣僚は抱負を述べたが、民主党を中心とした政権が国民に解決を約束した課題は漂流を続けて1年が過ぎる。米軍普天間飛行場移設や八ッ場(やんば)ダムなどを巡って政治に翻弄(ほんろう)されてきた人たちが新内閣を見つめる視線は厳しい。(以下略)



「視線は厳しい」って言うけど、菅氏を大々的に応援したのはあなたがた
メディアでしょ? 「民意」は圧倒的に菅氏を支持してるって。
そして新内閣の支持率は70~80%もあるわけでしょ?
これだけ多くの国民が支持しているのに、なぜ視線が厳しいのか
私にはわかりましぇ~ん(?.?)







スポンサーサイト