FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 菅首相の街頭演説、ここがヘン
2010年06月25日 (金) | 編集 |

菅首相街頭演説

街頭演説で、聴衆に手を振って応える菅直人首相(時事通信)





■間近に迫った参院選へ向けて菅首相が街頭演説でしゃべった内容とは…

「私も増税、増税なんて言いたくないんです。でも、ギリシャみたいになったとき、
 だれが一番被害を被るでしょうか。
 (ギリシャで)最初に行われたのは、年金と給料のカットなんですよ」

「これ以上借金に頼って、福祉や景気対策に充てていたら、ギリシャのように
  財政が破綻します」

「これ以上借金頼りで景気対策に充てていたら、ギリシャのように財政が破綻して
 予算、税率を決める権限もすべて外国任せになってしまいます」



■ギリシアみたいに財政破綻、財政破綻…と、演説のたびに引き合いに出される
ギリシアもいい迷惑だ。

しかしながらどういう基準で菅首相はギリシアを引き合いに出しているのだろう。
そもそもギリシアの借金の先は外国であるのに対して、日本の国債のほとんどは
国内保有で、実質的な借金の額も300兆円ほどにすぎない。
したがって菅首相の「予算、税率を決める権限もすべて外国任せになる」という言は
まったくもってトンチンカンな詭弁でしかない。

それにギリシアでは国民の20%強が公務員で(日本は5%と少ない)、仕事はしない
高額の年金は保証される、賄賂が横行、税金を払わない…などといった公務員による
原因で財政破綻が起こったのであって、そうしたギリシアと日本を同一視して考える
のはあまりに短絡的すぎる。


■菅首相は上のように「最初に行われたのは、年金と給料のカット」と、あたかも
日本の国民全員の年金と給料がカットされるかのように脅しをかけている。
しかしギリシア政府が取った措置は「公務員の賞与・給与支払いの30%削減と
年金の凍結
」である。
このギリシアの公務員の年金・給料カットを日本国民の年金・給与カットにすりかえている
わけで、あまりにも姑息な脅しではないか。

またあくまでギリシアと日本を同一視するのなら、菅政権もギリシア政府と同じように、
まず日本の公務員給与も削減するのがスジではないだろうか。

「ギリシャみたいになったとき、だれが一番被害を被るでしょうか」って、それは年金・給与
を真っ先にカットされる公務員でしょうーが(^^;


■デフレなのに国民に増税をする、その税収で企業減税をする、公務員の給与カットは
しない、行政の無駄も深く追求しない。
財務相の甘言に乗った、こんな菅言にはだまされないぞ!

経済オンチの菅首相に、猫パンチだっ!  ☆(゜o゜(○=(-_-○ ポカッ!







スポンサーサイト