FC2ブログ
激動する社会の波におぼれずに、自分の頭で考え 行動しようじゃないの。 命令されるのなんか 大嫌い。「群れない、媚びない、とんでもない」の猫の精神でがんばっていきまっしょい。
 猫のギンちゃん順調に回復中
2010年06月23日 (水) | 編集 |

猫のギン順調に回復 外が見えるコーナーへ移動


虫歯による腫れが原因で、右頬の肉がごっそり剥離してしまった猫のギン。
傷跡は順調に回復中で、豆粒大になった傷がふさがれば
包帯を取って、新しくできた皮膚を乾かす段階に進めるそうだ。
抜歯した奥歯4本の傷はすっかり治ったので、ドライフードを食べる許可も出た。
苦労してずっと飲ませていた2種類の薬もようやく終わり、ホッと安堵。
というわけで、ケージから出して外が少し見えるキッチンの隅に移動した。
手前の柵は、犬のダイの進入禁止用。







猫のギン順調に回復 手足のびのび


上とこの2枚は、昨日病院から戻ってケージから出した直後のもの。
他の猫に比べてあまり喜怒哀楽を表に出さないギンだが
リラックスして手足を伸ばしている。
柵をすり抜けて器用にタンスの上に飛び乗ったりしていたので
この後、紙オムツをはずしてみた。
ギンもつらいだろうが、ペットのシモの世話は想像以上に大変だった
特にギンは毛が長いので、ウンチがべっとりくっついて
お湯で拭いてもなかなかうまく取りきれない。
私の手にも臭いがしみついて、これにはひどく悩まされた。
石鹸で何度洗っても臭いが残っているので、
最後は香りの強いブルガリの香水を手にかけてごまかした。






猫のギン順調に回復 お風呂でさっぱり


体が臭いままではかわいそうなので(他の猫たちも気にしてクンクン嗅いでいる)
病人用の大判ウエットティッシュで下半身を拭いてブラッシング。
気持ちがいいのかゴロゴロ喉を鳴らしている。
そしてきょうのお昼、思い切ってお風呂に入れた。
首から下を猫のシャンプーできれいに洗い、浴槽へ。
お風呂好きのギンはじっとお湯につかっている。
いつもより念入りに毛を拭いて、しばらくしてから見に行ったら
ちゃっかり私の布団の上に乗っていた。
おとなしくて一見ボーっとしたかんじの猫だが
けっこうたくましく生き抜いているギンなのであった(=^・^=)







スポンサーサイト